九十九里ハーブガーデンにいちご狩り!春の房総おすすめの観光スポット
九十九里(千葉県)

2017/03/02 更新

気に入った記事はシェアしてください!

九十九里に行ってきました

マザー牧場鴨川シーワールドなど、私が営業を担当する千葉県にはおすすめのお出かけスポットがたくさんあるんです!

今回は、ちょっと東の方に足をのばして九十九里エリアに出かけてきました!これからの季節のお出かけにピッタリの場所ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

絶品ケーキにモノづくり体験!「九十九里ハーブガーデン」

千葉東金道路の東金ICをおりて約25分~30分ほど走り、まずは九十九里にあるハーブガーデンへ。

ハーブガーデン入り口。50台とめられる専用の無料駐車場もあります

こちらは、約3,000坪の広い敷地に四季折々のハーブが栽培されている、九十九里屈指のハーブ園です。自然を感じながら、リラックスした時間を過ごせますよ!

気になる入園料は…なんと、オールシーズン無料なんです!特に入園券などは必要ありませんので、そのまま園内に入りましょう!

中に進むと、広々としたハーブガーデンとハーブ畑が広がっています。

園内はハーブの良い香りが漂っています。天然のアロマですね!

この時は少し淋しい感じでしたが、園内にはラベンダーやセージ、ベルガモットやエキナセアなど150~200種のハーブがあり、春~秋にかけてたくさんのハーブを見ることができますよ!

特にゴールデンウィーク頃には青々とした緑と色とりどりの花で埋めつくされて、雰囲気がグッとアップします。

ゴールデンウィーク頃の様子。まるでプロヴァンス地方みたいです!

素敵ですね!ただ、園内にはハーブガーデン以外にも色々とありますので、ハイシーズン以外でも充分楽しめると思います!

実は園内にはラ・パニエというレストランがあり、ここのケーキがすごくおいしいと評判なんです!園内を散策して小腹が空いたので、さっそくそのケーキを食べに行きたいと思います!

専属パティシエがつくる絶品ケーキを食べよう!

レストランは、ハーブガーデンの入口近くにあります。この日は平日でしたが、女性のお客様を中心に賑わっていました!

“ラ・パニエ”。自然光が入る開放的なレストランです(テラス席もあり)

ケーキは季節のものから常時用意しているものまで、約10種類ほどショーケースに並んでいます。

見ためも華やかでおいしそうなケーキがたくさん!

ケーキはすべて、専属のパティシエさんが朝から手づくりしているそう。どれもおいしそうで、何にするかしばらく悩みました(笑)。

ちなみにテイクアウトもできますので、悩んだ場合はひとつイートインしてほかをテイクアウト…という手もありますよ!結局、私は一番人気のブルーベリーチーズパイをオーダーしました。

ブルーベリーチーズパイ464円

ゼリーでコーティングされた大粒のブルーベリーが、溢れんばかりにのっています…!食べてみると、爽やかな甘みがあり、とてもフレッシュ!

下の層はマスカルポーネのチーズになっていて、ブルーベリーとよくマッチしていました。

チーズの層もおいしいです!その下がサクサクのパイになっています

全体的に甘さがおさえてあり、フルーツやチーズのおいしさが堪能できました!ブルーベリーがふんだんに使われていて、このボリュームでこの価格はかなりおトクだと思います。

そしてせっかくハーブガーデンにきたので、ハーブティーも頼んでみました。ハーブティーは“いきいき”“すっきり”“美肌ブレンド”など、自家製のオリジナルブレンドが数種類あります。

ハーブティー378円。私はビタミンCを豊富に含むハーブがブレンドされた“いきいき”にしました

“いきいき”はローズヒップ・ハイビスカスなどが配合されていて、少し酸味がありさっぱりしていました!

ハーブはクセがある…と思われる方もいるかもしれませんが、飲みやすくブレンドしてありますよ。色々な味や効能がありますので、お好みで選んでくださいね。

今回、ケーキとハーブティーをいただきましたが、レストランにはほかにもおいしそうなものがたくさんありました。

食事メニューもあります

房総ハーブ鶏や九十九里町のイワシなど地元も食材を使用したお料理も味わえますので、ぜひ、こちらも食べてみてくださいね!

体験工房でおしゃれ小物を手づくりしよう!

九十九里ハーブガーデンでは、ハーブを使用したリースやハンドクリーム、オードトワレなどのモノづくり体験も行われています。私は今回、“アロマワックスバー”づくりに参加させていただきました!

ちなみにアロマワックスバーは何かというと…ふわっと良い香りが漂う、火を灯さないアロマキャンドルです。街中の雑貨屋さんなどで見かけることも多いのではないでしょうか?

こちらが見本の完成品です

はじめにスタッフさんからやり方などの説明があり、体験がスタートします。アロマワックスバーづくりは、まずは蜜蝋(ミツバチから採れる天然のワックス)を湯煎で溶かしていきます。

1カップが1個分。ときどき竹串でかき混ぜます

それと同時に、飾りつけるドライフラワーやハーブを12種類の中から選び、レイアウトを決めていきます。

どれにするか迷うのも楽しみのひとつ♪

お手本もありますので、なかなか決まらない場合はそちらも参考にすると良いと思います。私は、大好きなピンク系の色で揃えてみました!

イメージが固まりました!レイアウトを決めたら一旦取り出して近くに置いておきます

蜜蝋がしっかりと溶けたら、クレパスのかけらを入れて色をつけていきます。クレパスの入れる量で色の濃淡も調整できますよ。

キレイな色になりました!

色をつけたら型に蜜蝋を流し込み、アロマオイルを15滴ほど入れます。その後、選んだお花をのせていき…固まったら完成です!

アロマワックスバーができました!

簡単にできますので、はじめての方やお子さまにもおすすめです。老若男女問わず楽しめると思いますので、ぜひ、男性の方も参加してみてくださいね!
※体験の参加は要事前予約

ハーブガーデンならではのお土産がいっぱい!

園内には、ハーブの苗や花などを販売しているハーブショップもあります。

ハーブショップ。こちらもハーブの良い香りに包まれています

ショップ内ではさまざまな花が咲いていて、もう春が訪れていました…!

すべて購入することができます

食卓にちょっと飾るのにピッタリな、こんな可愛いドライフラワーもありましたよ!

千日紅(せんにちこう)という花のドライフラワー。なんと100円!

また、こちらのショップ以外にレストランの横にもハーブショップがあり、アロマオイルやアロマのボディクリーム、ハーブおかきやハーブの焼き菓子など、お土産にピッタリなものがたくさんありますよ!

レストラン横のハーブショップ。花粉症に効くハーブなどハーブの種類がかなり豊富!

私はハーブおかきを自分用に購入しましたが、塩味にハーブの味がアクセントになっていて、とてもおいしかったです!

子どもが喜ぶエリアも!

ほかにも、ハーブガーデンには子ども向けの遊具があったり、うさぎがいたりと見どころが!

こんな可愛いうさぎの親子もいました!

オートキャンプ場もありますので、夏は九十九里浜の海水浴と合わせて利用するのもおすすめです。

ハーブガーデンはハーブ好きにはもちろんのこと、そうでない方も充分に楽しめるスポットだと思います。ケーキを食べるためだけにでも行く価値があると思いますので、ぜひ、訪れてみてくださいね!

7種類ものいちごが食べ比べできる!「藤代いちご園」

九十九里ハーブガーデンのあとは、近くにある藤代いちご園を訪れました。

ハーブガーデンからはクルマで5分ほど

こちらは、いちご狩りが楽しめる、九十九里で人気のスポットです!

入園料は大人1,500円(4~5月初旬までは1,100円)。
※3月の料金です。時期によって変更があります

まずは受付で入園料を払い、上着とバッグを預けた後にいちごがあるハウスに入ります。※ハウス内は20℃を超えるのでとても暖かいです。

いちごが栽培されているハウスに入ってみると…。3棟繋がっていて、とても広いです!

驚いたのが、なんとこちらのいちご園では7~8種類もの品種を栽培しており、食べ比べを楽しむことができるんです!これだけの品種があるのは珍しいのではないでしょうか!?30分食べ放題ですので、全種類食べることも可能ですよ。※時期により食べられる品種と品種の数は変動あり

列にはそれぞれ品種名が書いてある看板が立っていますので、どの列に何があるのかとても分かりやすいです。

看板を目印にしてくださいね!

中には、こんなレアな白いいちごも…!

“白い妖精”といういちごです

私はこちらで初めて見ました!食べてみると、いちごですが少しスモモに似た味でした。※個人的な感想です。ぜひどんな味か食べてみてください!

そして、こちらの藤代いちご園では、千葉県農林総合研究センターが開発した新品種、“チーバベリー”を味わうこともできます!

千葉県オリジナルの新品種、チーバベリー。2017年デビューの旬ないちごです!

大粒で果汁がたっぷり、甘味と程よい酸味があり、おいしいです!チーバベリーは、色々な品種の交配や選抜を繰り返し、長い歳月をかけてつくられたそうです。なんだかひと粒の重みを感じました…!

どのいちごもそれぞれ特長があるのですが、私のお気に入りは、こちらの桜香(おうか)!

白ではなく、ピンクの花が咲いているのが目印です

味もさることながら、香りがとても華やかなんです!じっくり、味わって食べていただきたいいちごです。

なお、練乳ももらえますが、せっかくですのでまずは何もつけずにいちご本来の美味しさを味わい、食べ比べてみてくださいね!

新鮮ないちごがおトクに買える直売所もあります!

色々な種類のいちごを食べましたが、30分間あっという間でした!

“もっと食べたい!”“家にもおいしいいちごを持って帰りたい!”という方は、藤代いちご園の直売所に寄ってみてはいかがでしょうか?

直売所。ハウスから離れているので、クルマで移動しましょう!

生育状況によって販売されている品種が違いますが、みずみずしい獲れたてのいちごをリーズナブルな価格で購入することができますよ。

いちごサンプル。実際には箱いっぱいにいちごを詰めてくれます!

宅配便で送ることも可能ですので、直売所の方に聞いてみてくださいね。

いちご狩りができる期間は2月~5月初旬まで。なお、いちごの生育状況などによっては、いちご狩りができない場合もありますので、事前に問い合わせてから足を運んでくださいね!

藤代いちご園(ビニールハウス)

【関連情報】
▼その他いちご狩りのレポートはこちら▼

子連れでもデートでも!関東のおすすめいちご狩りスポットまとめ

さいごに

ハーブガーデンにいちご狩りと、九十九里を満喫してきました!ほかにも近辺には海の駅九十九里や磯料理が楽しめるお店などもありますので、合わせて寄るのもおすすめです!

ぜひ、ドライブがてら九十九里にお出かけしてみてくださいね!

九十九里アクセス

東京方面からは京葉道路又は湾岸道路⇒千葉東金道路の利用が便利です。(今回、私は千葉駅からカーシェアをしました)

電車+バスでも行けますが、色々とまわりたい場合はクルマの利用をおすすめします!

帰りに立ち寄った海の駅には珍しいポストもありました!

※この記事は2017/03/02時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

九十九里エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

千葉県の記事一覧へ

都道府県で探す