テーブルいっぱいの料理

ランチにもピッタリ!日比谷シャンテのおすすめレストラン&カフェ5選
日比谷(東京都)

2018/05/10 更新

気に入った記事はシェアしてください!

タイムズクラブお得なポイントがたまる・つかえる。入会金年会費無料

グルメを楽しむなら、「日比谷シャンテ」へ!

映画館や劇場が多く集まり、“映画・演劇の街”と言われている日比谷。ビジネス街でもあり、連日多くの人で賑わっています。

そんな日比谷にある「日比谷シャンテ」はお買い物にピッタリなスポットなのですが、人気のレストラン&カフェが集まるグルメスポットでもあります。

日比谷シャンテ外観

日比谷シャンテ。2018年春にリニューアルが完了し、ますます魅力がアップしました

今回は、日比谷シャンテの中にあるレストラン&カフェの中から、日比谷によく行く私が個人的にお気に入りのお店を5店、ご紹介したいと思います。

日比谷シャンテの場所を確認する

【1】世界一安いミシュランレストラン!?「添好運(ティム・ホー・ワン)」

まずご紹介するのは、日比谷シャンテ別館の1階にある、「添好運(ティム・ホー・ワン)」。

こちらは、香港の本店がミシュラン一つ星を獲得した、人気の点心レストランです。

全面ガラス張りの店内

2018年の4月にオープンしました。日本初上陸ということでも話題に

点心は、すべて店舗厨房での手づくり。香港と同様のレシピで、生地からひとつひとつ丁寧につくられています。

大量の蒸器が並ぶ厨房

厨房では多くの点心職人さんが腕をふるっています

“よりカジュアルに、日常的に本物の味を”という考えのもと、メニューの価格はいずれもリーズナブル。気兼ねなく食事を楽しむことができますよ。

写真付きのメニュー表

点心は、一皿410円~734円!ランチもディナーもメニューは共通です

名物メニューは、こちらの「ベイクド チャーシューバオ」。香港では現地の方から観光の方まで大人気の点心です。

白いお皿に乗った3つの点心

ベイクド チャーシューバオ626円(3個入り)

手のひらくらいの大きさで、メロンパンのような見た目。皮のなかには、角切りのチャーシューがぎっしりと詰まっています。

2つに割った中から溢れる餡

とろみのある餡です

皮はクッキーのようなサクッとした食感で、餡はジューシーに仕上げたポークがごろり。甘じょっぱいテイストが絶妙です。

「ティム・ホー・ワン」には、ほかにも海老と黄ニラのチョンファン(米粉の皮で具を巻いたもの)、蒸し餃子や焼売など、おいしい点心がたくさんあります。

色々な点心4種

どれも香港のお店を踏襲した、本格的な味です!

点心はほとんどのメニューが3~4個入りですので、数人で色々と頼んでシェアするのがおすすめです。※マーライコウは1個

ぜひ、本場のさまざまな点心を味わってみてくださいね!

【営業時間】
11:00~23:00(L.O.22:00)

【平均客単価】
ランチ2,000円、ディナー2,200円

※その他詳細はホームページをご覧ください

日比谷シャンテの場所を確認する

【2】パン通も唸らすフレンチスタイルの大人気ベーカリー!「ル・プチメック」

続いてご紹介するのは、日比谷シャンテ本館1階にある、「ル・プチメック」。

こちらは、京都発のフレンチスタイルのベーカリーです。フランスで主流の“対面販売式”なので、気になることがあれば気軽にスタッフさんに聞くことができますよ。

黒を基調にしたお洒落な店舗

セルフではなく、スタッフさんがパンをとってくれます

店頭には、常時約40~50種類ものできたてパンが並んでいます。

パン好きの間でファンが多い、長時間発酵させた正統派バゲットやハード系のパンをはじめ、デザート系の甘いパンなど品揃え豊富です。

陳列棚に並ぶ多種多様なパン

クロワッサンにバゲット、タルトにデニッシュ…どれもおいしそうで、いつも迷ってしまいます

「ル・プチメック」では、ビストロ料理のようなサンドイッチも販売しています。“フランス料理を手軽に食べてもらいたい”という想いから、こちらのサンドイッチがつくられたそう。

たっぷりの具が見えるサンドイッチ

約20種類のサンドイッチが並んでいます(パンはハード系もソフト系もあります)

テイクアウトだけでなく、店内にはカフェスペースも併設されていますので、購入したパンやサンドイッチをその場で食べることもできます。

黒い椅子に木の長テーブル

カフェスペース。全部で42席あります

私のおすすめは、こちらのローストビーフのサンドイッチ。バゲットに厚めのローストビーフがサンドされています。

トレイに乗ったサンドイッチとコーヒー

バゲットローストビーフ453円。コーヒーは京都「ウニール」のスペシャリティコーヒー410円

バゲットは小麦が活きたシンプルな味わいなので、具の味を引き立ててくれます。ボリュームのあるサンドイッチですが、バルサミコとルッコラがアクセントになっていて、さっぱりといただけますよ。

おいしいサンドイッチを片手に窓から見える景色を眺めれば…気分はパリジェンヌです!

朝の8時から20時まで営業していますので、出社前や仕事帰りにも足を運んでみてくださいね。

【営業時間】
8:00~20:00(L.O.19:30)

【平均客単価】
モーニング500円~1,000円、ランチ1,000円~1,500円、ディナー1,000円~1,500円

※その他詳細はホームページをご覧ください

日比谷シャンテの場所を確認する

【3】栗原はるみ氏のオリジナルレシピが楽しめる!「ゆとりの空間」

日比谷シャンテ本館の2階には、あの人気料理家・栗原はるみ氏がプロデュースするカフェ&レストラン「ゆとりの空間」があります。

ゆとりの空間入口

白を基調にした、ナチュラルな雰囲気のお店です

店内はガラス張りになっていて、自然の光が降り注ぐリラックスムードの中、ゆっくりと食事ができます。

白と木目で優しい印象の店内

私は窓から日比谷公園の緑が見える、カウンター席がお気に入り!

メニューは、栗原はるみ氏のオリジナルレシピによる家庭料理を中心に、月ごとに内容が替わる人気レシピのランチやディナーなどが楽しめます。

バランスよく盛り付けられた料理

栗原さんちのごちそうお昼ごはん1,890円※毎月メインのおかず2品が変わります

お料理はおしゃれながらも、どこかほっとする家庭的で優しい味。お腹だけでなく、なんだか心も満たされるような気がします。

「ゆとりの空間」にはケーキやパフェなどデザートメニューもあり、甘いものでひと息つくことも。

1つのプレートに贅沢4種!

季節のデザートプレート(ドリンク付き)1,296円。焼菓子・冷菓子など、おすすめの4品盛り合せ、ドリンク付き

パフェは季節により、さまざまな味に変わります。旬の果物とオリジナルのプリンやゼリーを組み合わせたもので、見た目も華やか。食べるのがもったいないパフェです。

色とりどりのパフェ5種

季節のパフェ レギュラーサイズ756円(ハーフサイズは540円)

なお、16時からはディナーメニューになりますが、夜もアラカルトのほかおトクなセットメニューがありますよ。

栗原はるみ氏のオリジナルレシピでつくられたお料理が堪能できる、「ゆとりの空間」。とても癒されるお店ですので、ちょっと疲れた時などにも訪れてみてはいかがでしょうか?

また、お隣には店内で使用している食器・キッチンツール・エプロン・ウェアなどの一部が購入できる生活雑貨ショップも併設されています。ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね。

【営業時間】
11:00~20:00
ランチ11:00~14:30、ディナー16:00~20:00(L.O.19:30)

【平均客単価】
ランチ1,000円~1,999円、ディナー1,000円~1,999円

※その他詳細はホームページをご覧ください

日比谷シャンテの場所を確認する

【4】サラダバーで30種類以上の野菜が食べ放題!「やさいの王様」

日比谷シャンテ本館の地下はレストラン街になっていて、さまざまな飲食店が並んでいます。

その中で今回おすすめするのは、東側エスカレーターの近くにある「やさいの王様」。こちらのお店は、女性を中心に人気の野菜専門レストランです。

やさいの王様店内

店内は緑であふれていて、癒されます

「やさいの王様」に来たらぜひ注文していただきたいのが、こちらのサラダバー!通常のメニューに+453円~利用ができます。(1回利用453円、2回利用637円、60分食べ放題734円)

木のショーケースに並んだ野菜

常時、旬の野菜が約30~40種類、ドレッシングが10種類以上並んでいます

きゅうり、ミニトマトなど定番野菜のほか、オレンジパプリカやアイスプラントなど、あまり見かけない珍しい野菜もありますよ。※野菜は旬のものが並ぶので、日によって内容が変わります

色鮮やかな様々な野菜

POPには野菜の説明が書かれていますので、そちらもチェック!

野菜はお皿ではなく、グラスに盛りつけます。店長さんによると、野菜を縦に入れていくのがキレイに盛りつけるコツなのだそう。

グラスに盛り付けられた野菜

彩りなどを考えながら盛りつけるのも、いつもの楽しみのひとつです

通常、サラダバーは別料金なのですが、実はサラダバーとデザートが付き、お肉もお魚も楽しめるおトクなセットもあります。

それがこちらの、「やさいの王様定食」。

野菜や魚、汁物と盛りだくさん

やさいの王様定食(サラダバー1回利用付き1,922円、60分食べ放題付き2,138円)※ドリンク別

内容は日によって変わりますが、麹を使用したお魚・お肉料理、ヒアルロン酸入りのお惣菜小鉢、十穀米などカラダが喜ぶものが揃っています。

ちょっと疲れたな…という時にもおすすめしたい、元気がもらえる定食です。

なお、ディナータイムもサラダバーは実施していますので、野菜をたくさん食べたい方、野菜不足が気になっている方は訪れてみてくださいね。

【営業時間】
11:00~23:00
ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)
※日・月は22:00まで(L.O.21:00)

【平均客単価】
ランチ1,300円~1,999円、ディナー1,300円~1,999円

※その他詳細はホームページをご覧ください

日比谷シャンテの場所を確認する

【5】無添加・無農薬のお料理が味わえる!「She(シー)」

さいごにご紹介するのは、こちらも日比谷シャンテ本館の地下にある、「She」というお店。

店名は“彼女の手料理、彼女が食べたい料理、彼女を連れて行きたい場所、彼女が楽しむ場所”というコンセプトからつけられたものだそう。

She外観

壁の大きなSheという文字が目印。以前ご紹介したファーム トゥー パーク ラシーヌの系列です

木を基調にした店内はオシャレながらも、誰かの家に遊びに来たようなカジュアルな雰囲気。気負いせず、くつろげますよ。

広々とした店内

全70席。大人数のパーティにも対応しています

「She」は、無添加・無農薬のお料理が楽しめるオーガニックレストラン。農薬不使用の野菜など、安全・安心な素材が厳選して使われています。

食材を準備する店員さん

毎日、新鮮な食材がお店に届きます

私はヘルシーなものが食べたいな…という気分になった時、よくこちらを訪れます。

メニューはお肉やパスタ、グラタンなどがありますが、ぜひ食べていただきたいのが、こちらのサラダランチ!

目玉焼き付のおすすめランチ

サラダランチ平日1,600円、土日1,800円。スープ・自家製フォカッチャ付き

お肉も野菜もしっかりと採れる、おすすめのメニューです。野菜は15種類も入っていて、色々や食感や味が楽しめますよ。自家製フォカッチャも、とてもおいしいです。

ヘルシーなお料理はときどき“物足りない…”と思うものもありますが、こちらはボリュームがあるので、満足感も高いです。

ちなみに、平日限定でテイクアウト用にサラダボウルやお弁当もあります。

テイクアウトを準備する店員さん

テイクアウトは各700円です

天気の良い日はテイクアウトして、近くの広場や日比谷公園などで食べるのもおすすめです。

なお、ディナータイムはアラカルトのほか、コースメニューも充実していますので、夜に行かれる方は利用してみてはいかがでしょうか?

【営業時間】
11:00~23:00
ランチ11:00~14:00、ブランチ14:00~17:30、ディナー17:30~23:00(L.O.22:00)
※日・月は22:00まで(L.O.21:00)

【平均客単価】
ランチ1,000円~1,999円、ブランチ1,000円~1,999円、ディナー3,500円~5,000円

※その他詳細はホームページをご覧ください

日比谷シャンテの場所を確認する

さいごに

以上、日比谷シャンテのおすすめレストラン&カフェ5店をご紹介しました。

お昼どきには行列するお店もありますので、時間には余裕を持って行くようにしてくださいね。

空を仰ぐゴジラ像

日比谷シャンテの広場には2018年春に新しくなったゴジラ像もあるので、見てみてください!

アクセス&駐車場情報

【クルマでお越しの方】
首都高速・霞ヶ関ICより約5分で到着します。なお、日比谷シャンテ館内で1,000円(税込)以上利用した場合、日比谷駐車場で、1時間無料サービスを受けられます。※詳しくは公式ホームページをご確認ください

【電車でお越しの方】
都営地下鉄三田線・日比谷駅より徒歩6分。日比谷線・千代田線の日比谷駅からは直結しています。

JR山手線・有楽町駅より徒歩5分、東京メトロ有楽町線・有楽町駅より徒歩6分です。

気に入った記事はシェアしてください!

タイムズクラブお得なポイントがたまる・つかえる。入会金年会費無料

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

日比谷エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す