富士山の見える浴場

天然温泉に洞窟風呂!江の島で絶景お風呂に浸かろう
藤沢(神奈川県)

2017/02/02 更新

気に入った記事はシェアしてください!

江の島でお風呂に入りませんか?

これまで江の島のデートスポット新江ノ島水族館をご紹介してきましたが、実は江の島は、“お風呂”が人気の場所でもあります。

今回は、日常を忘れてゆっくりとできる、“江の島ならでは”のお風呂をご紹介したいと思います!

オーシャンビューの絶景!「江の島アイランドスパ」

はじめにご紹介するのは、弁天橋を渡ってすぐ右手にある、江の島アイランドスパ(通称えのすぱ)。

江の島アイランドスパ外観

海沿いに佇む、洋風の建物がえのすぱです

こちらは、国内最大級の温浴施設です。お風呂だけでなく、男女一緒に利用できるプールもありますので、デートにもおすすめですよ。

館内は、リゾート感が漂う落ち着いた雰囲気。フロントもキレイで、まるでホテルのようです。

えのすぱフロント

最初にフロントでチェックインします

なお、入館料にタオル・バスタオル・館内着が付いているので、手ぶらでもOK!チェックイン時に、受け取りましょう。※料金やプランは時期によって変わりますので、最新の情報は公式ホームページでご確認ください

おしゃれな館内着

館内着。ガウンのようなリラックスできるタイプです

富士山が見える絶景温泉!“富士海湯”

えのすぱに来たらぜひ入っていただきたいのが、3Fにある“富士海湯”。こちらは、江の島で唯一の天然温泉なんです!

広い富士海湯

男湯。右には高濃度炭酸泉、正面奥には源泉を使用した高温湯があります

泉質は、海に近い土地ならではの“ナトリウム塩化物強塩泉”。地下1,500mから汲みあげているそうです。保温と保湿にすぐれているので、温まりやすく、冷めにくい!温泉に入ったあとは洗い流さないのがおすすめです!

そして、温泉に入ったら注目していただきたいのが、窓から見える景色!

浴場の窓から見える富士山

富士山とオーシャンビューの絶景が広がります!

天候によっては、こんな素敵な景色を見ることができるんです!温泉に浸かりながら絶景を眺める…最高のひと時ですね。

富士山は男湯だけでなく、女湯からも見ることができますので、チェックしてみてくださいね。


水着で楽しめる“スパエリア”

温泉は男女別ですが、スパエリアにあるプールは水着で男女一緒に楽しむことができます。

“水着を持ってきていないけどどうしよう”…という心配はご無用!えのすぱには、水着のレンタルもあります。

レンタル水着の一例

女性の水着はビキニとワンピースタイプがあります。レンタル料は540円~

レンタルできるので、計画をしていなくてもその場の気分で行けるのがうれしいですね!

プールは温水になっていますので、一年中常夏気分で寒くなることはありません。プール内にある浮具でプカプカと浮いたり、リラックス気分で楽しみましょう!

円状の屋内プール

自然の光が差し込む、大きなプール。水深は1.2mです

そして、こちらに来たらぜひ、耳を水につけてみてください。なんと、水の中でヒーリングミュージックが流れているんです!リラクゼーション効果があり、日頃の疲れが癒されますよ。

また、プールでは毎日、夜だけのアトラクション“ウォーターパールショー”が開催されています。※季節により上演時間が異なります

ライトアップされた屋内プール

音と光と水による神秘的かつダイナミックなショーです

光によって水のさまざまな表情が浮かびあがり、見入ってしまいました!ショーの最中でも水の中に入れますので、間近で見てみてくださいね!


海と一体化したような絶景が臨める“露天スパプール”

スパエリアの屋外には、大露天スパプールもあります。こちらのプールは海に面していて、抜群の眺望なんです!

富士山の見える露天プール

シンガポールのプールみたいですね!

空気が澄んでいれば、富士山と相模湾のパノラマビューが堪能できますよ!写真の撮影は禁止ですが、思い出に残ること間違いなしです!※露天エリアは冬季期間(12月~2月)クローズになります


アロマサウナとカフェが楽しめる“洞窟エリア”

1Fの洞窟エリアには、アロマの香りが楽しめる低温のドライサウナがあります。

広くてキレイなドライサウナ

中でも“アウフグース”という熱風アトラクションは、体験の価値あり。心地良く発汗することで大人気!

一日に数回、アロマオイルを溶かした水をサウナストーンにかけるイベントが行われています。華やかな香りとともに蒸気が発生し、体感温度が上がりますので、血行促進や新陳代謝にも繋がりますよ!

洞窟エリアには、期間限定の“洞窟バル”も…!

プールと洞窟があるバル

湘南らしいムーディな雰囲気の中、ドリンクとお料理を楽しむことができます。夜はライトアップされてさらに幻想的な雰囲気になりますので、カップルにもおすすめですよ!※洞窟バル終了後はムーンライトカフェとして営業しています


えのすぱはゆっくりと楽しめるスポットです

えのすぱにはほかにも海が見えるレストランや、整体が受けられるリラックスエリアなどがあり、一日ゆっくりと楽しめる施設になっています。ぜひ、江の島に行った際には訪れてみてくださいね!

江の島カフェの様子

ちなみに、1Fの江の島カフェでは子どもから大人まで大人気の“江の島珈琲ソフト”も味わえますよ!

利用料が割引になる裏ワザ!

タイムズクラブ会員の皆様に、うれしいお知らせです!

フロントでタイムズクラブカードを提示すると、利用料が割引になるんです!ぜひご利用くださいね。※季節により特別料金設定日あり

江の島アイランドスパ

えのすぱ屋上

岩本楼ローマ風呂に弁天洞窟風呂!個性的なお風呂がある「岩本楼」

続いてご紹介するのは、50代(!)続く老舗中の老舗旅館、岩本楼。場所は、観光客で多く賑わう弁財天仲見世通り沿いにあります。

賑わう弁財天仲見世通り入口

弁財天仲見世通り。さまざまなお店が軒をつらねています

通りから岩本楼の敷地に一歩入ると、空気が一変し、落ち着いた雰囲気に。建物は、老舗旅館の品格を感じさせる佇まいです。

味のある岩本楼外観

自然に囲まれた、大人の隠れ家的存在の由緒ある旅館です

なお、クルマの乗り入れはできませんので、周辺の駐車場にとめて、そこから歩きましょう!

館内は、どこかノスタルジックさが漂う、和の空間。時間を忘れて、ゆっくりと過ごすのにピッタリです。

岩本楼のロビー

1Fにある広いロビー。赤じゅうたんが良い味を出しています

ロビーに飾られた球状のガラス

ロビーのショーケースには、藤沢でつくられたキレイなガラス工芸の展示も

岩本楼の起源は、なんと鎌倉時代から。元は将軍や大名などが泊まる宿坊だったそう。想像できないくらい、歴史が深い場所なんです。

旅館内にあるお風呂も、岩本楼の歴史を感じる、ちょっと変わった珍しいお風呂。2種類あるのですが、まずは“岩本楼ローマ風呂”から行ってみたいと思います!


古代ローマにタイムスリップ!?豪華絢爛な“岩本楼ローマ風呂”

のれんをくぐり、岩本楼ローマ風呂の脱衣所に入ると…。

鮮やかなステンドグラス

浴場に続くドアです

クジャクが描かれた色鮮やかなステンドグラスが目に飛び込んできました。こちらのステンドグラスは、イタリア製の最高級品だそう。割ってしまったらもう代替品はない、貴重なものなんだとか!

30センチ角で約15万円、現在ではもう製造されていない…とも聞き、おそるおそるステンドグラスのドアを開けました。すると…。

タイルづくりの円状の風呂

映画に出てきそうな岩本楼ローマ風呂が!思わず江の島にいることを忘れてしまう、優雅な空間になっていました。

こちらの岩本楼ローマ風呂は1930年(昭和5年)に造られたもので、2001年(平成13年)には、国の有形文化財にも登録されたそう。改修は行われているものの、現在から87年前に造られたものが残っているというのは感慨深いですね。

浴場はドーム型の天井にもステンドグラスがあしらわれており、エキゾチックな雰囲気が醸し出されています。

UFOみたいなステンドグラス

7色の光が差し込みます

圧巻ですね!なお、壁のタイルやテラコッタは有名なタイル職人・小森忍氏が手掛けたものだそうですので、そちらにも注目してみてくださいね!


江の島の弁天洞窟を再現した“弁天洞窟風呂”

続いて、“弁天洞窟風呂”へ。

脱衣所から中庭の道を通り、浴場のドアを開けると…。縦長の洞窟に洗い場と湯船が広がっていました!

薄暗い洞窟風呂

洞窟のお風呂って珍しいですよね

どこかに冒険に来たようで、ドキドキします。中は照明をおさえてあり、雰囲気抜群!

洞窟風呂の浴場

奥行20メートルの神秘的な絶景風呂です!

こちらの洞窟風呂は、江戸時代は悪戯をした稚児を閉じ込めていた場所だそう。その後、野菜置き場や自然の冷蔵庫を経て、電気が普及してからこちらの洞窟風呂を造られたんだとか。

お湯に浸かりながら、歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

洗い場の奥には鳥居があり、八臂弁財天(はっぴべんざいてん)が祀られています。

洞窟に並ぶ赤い鳥居

鳥居の先に光輝く弁財天が鎮座しています

ちなみに、八臂弁財天はロビーに本物も祀られていますので、見てみてくださいね!

なお、お風呂は時間帯によって男女入れ替わります。ですので、時間を変えて、岩本楼ローマ風呂と弁天洞窟風呂、両方入浴されることをおすすめします!
※どちらも温泉ではなく沸かし湯になります


江の島と岩本楼の歴史に触れられる資料室

古くからある岩本楼。お風呂に入り、その歴史に興味が湧いてきた方は、1Fにある資料室に足を運んでみてはいかがでしょうか?

資料室では、寺院時代の部屋に施されていた弁財天の襖絵など、約85種類の秘蔵品が展示されています。

仏像や豪華なふすま絵

昔の建物の一部や貴重な写真など、なかなか目にすることができないお宝が!

襖・屏風に描かれた絵や鎌倉彫など目で見て伝統美を感じるものから、古文書などじっくり見たい書物もあり、とても興味深かったです。ぜひ、ご覧になってくださいね!


落ち着いた雰囲気漂うお部屋

岩本楼のお部屋は、全部で28室。いずれも、老舗旅館の情緒漂う和室になっています。

畳敷きの和室

浴衣でゆっくりしたい、落ち着いたお部屋です

お部屋は、全室オーシャンビュー!天気が良ければ、富士山も見えます。

部屋から見える富士山

駿河湾と富士山の雄大な姿が

窓から湘南の景色を眺めながら、寛いでみてはいかがでしょうか?


お風呂の利用は宿泊者のみになります

岩本楼のお風呂は、日帰り入浴は行っておらず、基本的に宿泊者のみの利用になります。

宿泊料金は一泊二食付きで15,120円~(人数・曜日やシーズンにより変動。その他、別途プランあり)。宿泊してのんびりとお風呂に浸かり、歴史のロマンを感じてみてくださいね!

さいごに

江の島アイランドスパも岩本楼のお風呂も趣向は違いますが、どちらもおすすめのお風呂です。

江の島はぶらぶらと散策だけして帰られる方も多いと思いますが、たまにはお湯に浸かってゆっくりしてみてはいかがでしょうか?

都内からも気軽に行ける場所ですので、私もまた、足を運びたいと思います!

砂浜と青い海

江の島の海にも立ち寄ってみてくださいね!

※この記事は2017/02/02時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

藤沢エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

神奈川県の記事一覧へ

都道府県で探す