ジャンボ明太おにぎりも!入場無料「めんたいパーク大洗」の魅力に迫る
大洗(茨城県)

2018/03/01 更新

気に入った記事はシェアしてください!

明太子のテーマパーク!?「めんたいパーク」の人気の秘密を調査!

みなさんは明太子、お好きですか?
私は…大大大大好きです!!!
(明太子があれば、ご飯3杯は軽くいけます)

そんな私の大好物・明太子のテーマパーク「めんたいパーク大洗」をご紹介したいと思います!

大きな明太子の看板・明太子のオブジェが目印です!

めんたいパークは、辛子明太子の製造販売をおこなう老舗企業「かねふく」が運営する明太子のテーマパークです。

とこなめ・神戸三田・大阪にもありますが、ここ大洗は関東唯一&最初にオープンしためんたいパーク。近郊からバスツアーが組まれるほどの人気ぶりで、年間約100万人もの方が訪れています!

めんたいパークのイメージキャラクター(左から)「タラピヨ」と「タラコン博士」がお出迎え!

めんたいパーク大洗は、なぜ、これだけ多くの人を惹きつけるのか…その魅力を調査してきました!

【めんたいパークの魅力(1)】予約無しでOK!「工場見学」

めんたいパーク大洗には、明太子工場が併設されていて、その製造風景を見学することができます。

見学は窓越しに。上のパネルには、その日の生産量や作業人数が書かれています

なになに、この日の生産量は…5トン!?

大洗の工場はめんたいパークの中でもかなり大きく、日々たくさんの明太子が製造されているんだそうです。

たくさんの従業員さんが、慣れた手付きで作業しています

明太子は原卵の洗浄・塩漬け・調味などの工程を経てできあがりますが、こちらでは原料の下ごしらえから漬け込み・熟成・包装までを見学することができます。

ぷりぷりの明太子が目の前に…!あ~、おいしそう~!!

もうたまりません…!!

明太子に異物が入っていないか、マシンでチェックする場面にも遭遇。

一部の工程でこのようなマシンを使用していますが、基本的には手作業でつくられているんだそうです!

丁寧な仕事ぶりに感服!

なおこちらの工場見学は事前予約の必要は無いので、気軽に参加できるのが魅力。

製造風景を見れば、明太子がよりおいしく感じられること間違いなし!めんたいパーク大洗に来たら、ぜひ見学してみてくださいね!

【めんたいパーク・プチ情報】工場見学におすすめの時間帯は?

日曜祝日はお昼休憩で製造が一時ストップします。そのため、工場見学をするなら開館すぐもしくは13時以降がおすすめです!
(※工場稼働時間は9:00~16:30)

【めんたいパークの魅力(2)】子どもも大人も夢中に!「明太子ギャラリー」

お子さま連れに大人気なのが、「明太子ギャラリー」!明太子の原料となるスケソウダラの生態や漁の様子を、楽しみながら学ぶことができます。

全長約100mにもわたるエリアです

約90種あるタラの中でも明太子に使われるのはスケソウダラだけ、スケソウダラは求愛や威嚇時に低い声を出すなど…知らなかった情報がたくさん!

スケソウダラを身近に感じることができるコーナーです。

求愛・威嚇の鳴き声を聞けるブースも(写真左下)

こちらの明太子ギャラリーは“学ぶ”だけではなく、“遊び要素”も強いのが特長。

神経衰弱・ジグソーパズル、脱出ゲームなど…全6種類のゲームをプレイできるコーナーがあるんです!

立って楽しむほか、座りながらのプレイも可能(写真右側)。ちなみにソファは明太子の形に!

クイズのようなものはなく、すべて“遊べるゲーム”が揃っています。

ゲームによっては難易度を選べ、“いい大人”の私も夢中で遊んでしまいました!(笑)

神経衰弱はお友だち同士で対戦することもできますよ!

こんなカラダを動かして楽しむゲームも。

足元を泳ぐスケソウダラのイラストを踏むと、タラピヨにある変化が…!どんな変化が起こるかは、実際に行って試してみてくださいね。

これは小さいお子さまが喜びそう!

子どもから大人まで楽しく学べて、楽しく遊べる「明太子ギャラリー」。ご家族で訪れてみてはいかがでしょうか?

【めんたいパークの魅力(3)】できたて明太子の試食も!「工場直売店」

工場と言えば、欠かせないのが直売店。もちろん、めんたいパーク大洗にも直売店があります。

明るく広々とした店内

めんたいマヨネーズ(540円)や明太もつ鍋セット(3~4人分3,240円)など、お土産にピッタリな明太子商品がずらりと並んでいます!

いか明太子しゅうまいなど“ありそうで無かった”アイディア商品も(写真右下)

この明太子商品の品揃えもすごいのですが、注目いただきたいのは…工場でできたばかりの明太子です!

閉店前に売り切れてしまうこともある数量限定・人気商品です!

通常冷凍して出荷される明太子を、できたての生の状態で販売。みずみずしくプチプチとした食感が特長です!

「そうは言っても、食べてみないとわからない」という方には、試食コーナーもあります。できたての明太子の味を、ぜひ一度お試しください!

試食があるのは、うれしいですよね!

めんたいパークならではの、こんな“明太子保存の裏ワザ”も発見。「ついつい明太子をたくさん買ってしまった!」という方は、参考にしてみてくださいね。

明太子って冷凍できるんですね~!

【めんたいパーク・プチ情報】保冷バッグを持参すると節約に!

明太子などの冷蔵食品を購入する場合、気になるのは保冷方法。

めんたいパーク大洗では持ち歩きが2時間以上の場合、保冷をおすすめしています。保冷バッグ・保冷剤セットを、アルミ袋(小)は190円・アルミ袋(大)は250円で販売、保冷剤単品の場合は1つ30円で販売しています。

自宅に保冷バッグがあるという方は、持参して保冷剤だけを現地で購入するというのも一つの手です!

明太子プチギフトがもらえる!

ここで、ちょっぴりうれしい情報!

めんたいパーク大洗の直売所でお会計時にタイムズクラブカードを提示すると、明太子プチギフトがもらえます。何がもらえるかは、当日のお楽しみ♪

この日は、明太子ふりかけ4袋セットでした!お弁当に使おうっと!

会員の方は、カードを忘れずに持参してくださいね。

【関連情報】
▼そのほかの工場見学レポートはこちら▼

関東版 子どもも大人も楽しめる! 人気工場見学まとめ

【めんたいパークの魅力(4)】ゆるくてかわいい!オリジナルキャラクター「タラピヨ」&「タラコン博士」

館内のいたるところで目にする、めんたいパークオリジナルキャラクター「タラピヨ」と「タラコン博士」。館内を巡るにつれ、不思議と愛着が湧いてくる魅力的なキャラクターです…(笑)

タラピヨとタラコン博士のグッズも販売していました。

直売所レジ付近にコーナーがありました

ふわふわもちもち感がたまらないぬいぐるみ(小1,000円/ジャンボ3,240円)、ストラップ(325円)やシール(215円)など、さまざまなアイテムが。

私もついシールを購入してしまいました!…か、かわいい。

どれもめんたいパークでしか販売していない限定品です

実はめんたいパーク大洗の建物上にも、大きなタラピヨが!他にも館内のいろいろなところで出会えますので、探してみてくださいね。

めんたいパーク大洗のシンボルです!

【めんたいパークの魅力(5)】できたて明太子を食べられる!「フードコーナー」

「明太子を今すぐ食べたい」という方、ご安心ください。めんたいパーク大洗にはフードコーナーもあります!

窓からは海も見られます

こちらでは、さまざまな明太子グルメを楽しむことができます。人気のメニューは、できたて明太子を使用してつくられる「おにぎり」。

まず驚くべきは…その大きさ!!

私の手の平と比べてもこの通り。合成ではありませんよ(笑)

一般的なおにぎりは1個100グラム程度ですが、めんたいパークのおにぎりは…なんと倍の約200グラムというジャンボサイズなんです!!

中の具もどこから食べても明太子に当たるよう、たっぷり詰まっています!

普段の明太子よりプチプチ感がしっかりしていて、辛みの中にもコクと旨みを感じられるお味。

明太子はもちろん、お米もふっくらとしておいしいです。ずっしりと食べ応えがあり、ひとつで十分満足できます!

なお、具はできたて明太子/明太子&紅鮭ミックス/焼きたらこ/紅鮭の4種類から選べますよ。(各380円)

明太子が辛くて食べられないお子さまには、焼きたらこがおすすめ

おにぎりを食べた後におすすめしたいのが、バニラソフトクリームに明太子のバラ子を混ぜた「めんたいソフトクリーム」(350円)!

ソフトクリームに刺さっているのは、明太子せんべい!

甘いバニラ味の後に広がる、明太子の塩気と辛み…これが意外と合うんです!プチプチとした食感も楽しく、おにぎりで満たされた後でもペロリと完食できました。

よく見ると明太子のつぶつぶが…!

めんたいパークならではの明太子グルメ、ぜひご賞味ください!

魅力いっぱいのめんたいパーク大洗…これは、行くしかない!

これだけ見て遊べて食べられる、盛りだくさん内容のめんたいパーク大洗。「さぞ入場料も高かろう…」と思いきや、なんと入場無料!太っ腹すぎます。

さらに館内には、休憩スペースが多く設けられているほか、無料で飲めるお茶のサービスがあります。至れり尽くせりの設備が整っているとあれば、もう行くしかないですよね!

こまやかなサービスに感謝…

ご家族でのお出かけはもちろん、カップルにもおすすめのスポットです!

めんたいパーク大洗からクルマで30分圏内には、「偕楽園」や、四季折々の花が楽しめる「国営ひたち海浜公園」など、合わせて訪れるのにおすすめのスポットも。その際はJR水戸駅周辺でカーシェアを利用すると便利です。

【めんたいパーク・プチ情報】混雑を避けるには?

土日祝日は混雑するため、ゆっくり見学したいなら平日の午前中が狙い目です!

ちなみに一年を通してもっとも混雑するのは、ゴールデンウィークと年末。その時期に行こうと考えている方は、早めの時間に来館するのがおすすめですよ!

アクセス&駐車場情報

【クルマでお越しの方】
北関東自動車道の水戸大洗ICを降りて、10分ほどの場所にあります。都心からでも、常磐自動車道を使って2時間前後で行くことができますよ!

パーク内には、約120台とめられる無料駐車場がありますので利用しましょう。

【電車でお越しの方】
めんたいパーク大洗は、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・大洗駅から徒歩20分ほどで到着します。路線バスも運行していますが、日曜のみの運行なので、ご注意ください!

※この記事は2018/03/01時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

大洗エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

茨城県の記事一覧へ

都道府県で探す