機関車トーマスに乗るこどもの様子

トーマスランドにリサガス!子供と行く富士急ハイランドも最高だった!
富士吉田(山梨県)

2018/04/19 更新

気に入った記事はシェアしてください!

子供連れでは早い…?富士急ハイランドに4歳の子供を連れて行ってみた

「富士急ハイランド」と言えば、前回ご紹介した通り、“絶叫マシンが多い”というイメージがありますよね!?

でも最近同僚から「富士急ハイランドは子供でも楽しめる」と聞き、半信半疑で4歳の息子を連れて行ってみたら、最高に楽しかったんです!

今回はそのレポートをお届けしたいと思います!

タイムズの進化系レンタカーで、富士急ハイランドへ!

クルマを持たない我が家では、遠出をするときにはレンタカーが欠かせません。

富士急ハイランドはゴールデンウィークや夏休みなどの時期は、開園から混雑するそうなので、できれば早朝に出発したいところ。でも、レンタカーのお店は開いていない…。

なので、今回は近くのタイムズの駐車場にクルマを持ってきてくれるレンタカーサービス「ピッとGoデリバリー」を利用して早朝から出発することに。

家から徒歩5分の24時間利用できる「ピッとGoステーション新松戸第8」でレンタルしました!

ピッとGoデリバリーを利用して借りたクルマ

朝6時。おっ、クルマがありました!

タイムズクラブ会員なら、クルマの開錠はスマホから。いやぁ、便利な世の中ですね~(笑)

スマホの開錠画面

「利用開始」ボタンをタップ!

予約時に申し込んで、チャイルドシートを用意してもらいました。

すでにセットされた状態だったので助かりましたが、チャイルドシートの取り付け責任は運転者にあるのでしっかりチェック!

チャイルドシートで朝食を食べるこども

朝ごはんは車内で。ニオイと汚れの心配が少ないサンドウィッチをチョイスしました!

子供連れなら、トーマスランドパスがおすすめ!

途中サービスエリアで休憩を挟みつつ、クルマを走らせること3時間強。予定通り開園9時ごろ、富士急ハイランドに到着しました!

同僚にすすめられていた「トーマスランドパス」を家族3人分購入。

トーマスランドパスとは…入園+トーマスランドを含む子供向けアトラクションが乗り放題になるパスで、通常のフリーパスよりもおトク。子供連れにはもってこいなんだそうです。
※2018年7月にトーマスランドパスは廃止になりました。最新の料金などは公式ホームページをご確認ください

チケット売り場

このときはチケット売場もまだ混雑していませんでした

いざ入園!…の前に、身長を確認。

アトラクションの中には、身長制限があるものがあります。乗るアトラクションを決めるときにも参考にできるので、見ておくといいでしょう。

身長測定をしている様子

息子はちょうど100cm。うんうん、大きくなったなぁ…(笑)

アーチをくぐれば、トーマスの世界!いざ、トーマスランドへ!

「トーマスランド」とは、富士急ハイランド内にある日本唯一の“きかんしゃトーマス”の屋外テーマパークです。

トーマスランド入口

赤レンガのきかんしゃトーマスの世界観がそのままに!

一歩足を踏み入れると、きかんしゃトーマスの世界に入り込んだかのような雰囲気!ちょうどこのときは、「トーマスランド20周年」ということで、お祭りムードも漂っていました。

モニュメントで写真撮影をしたり、トーマスに乗って汽笛を鳴らしたり…アトラクションに乗る前にたっぷり楽しみました!

トーマスランド内部

息子は汽笛を鳴らして大はしゃぎ!

それでは、今回我が家がトーマスランドパスを利用して乗ってきたアトラクションをご紹介していきましょう!

※このあとご紹介する「スリル度」「ワクワク度」は、大人から見た評価です。子供目線の評価は、「息子の感想」を参考にしてください。

【子連れ富士急アトラクション(1)】コースターデビューに!「うきうきクルーズ」

本格的な絶叫マシンには乗れないけど、少しだけスリルを味わいたい!そんな子にはトーマスランド内にある「うきうきクルーズ」がおすすめ。

うきうきクルーズ出入口

なんとも楽しそうな名前のアトラクションです

小さな船に乗って、きかんしゃトーマスの舞台となるソドー島の果樹園や田園風景を約3分かけて楽しみます。

水に揺られる小さな船

一度に4人(大人は2人まで)まで乗車できます

最大の見どころは、小さな坂をのぼった先。少し高いところから水上目がけて、ダイブします!

コースターが落ちる様子

結構水しぶきが上がります!

コースター未経験の息子でしたが、怖がる様子も無く楽しそうにはしゃいでいました!

幸いにも今回はほとんど濡れませんでしたが、場合によっては水しぶきがかかることもあるそうなので、体を拭くタオルがあると安心です。

「うきうきクルーズ」まとめ

【乗車人数】 4名(大人は2名まで)
【身長制限】 なし
【年齢制限】 なし
【スリル度】 ★★★★☆
【ワクワク度】★★★☆☆

≪息子の感想≫
落ちるときがちょっとドキドキしたけど、楽しかった!

【子連れ富士急アトラクション(2)】くるくる回って大人も楽しい!「GO!GO!バルストロード」

回転系のアトラクションが得意な子には「GO!GO!バルストロード」がおすすめ。同じくトーマスランド内にあります。

GO!GO!バルストロード入口

さわやかな水色の看板が目印です

きかんしゃトーマスのストーリーの中でも、“ひねくれもの”として知られる船「バルストロード」に乗って揺られるアトラクションです。

船の様子

しっかりとシートベルトを締めます

“ひねくれ者”らしいダイナミックな動きに、息子はもちろん、付き添いの妻も楽しんでいました!

様々な方向に揺れ動く船

約1分間回転しながら、左右に振られます!なんと斬新な動き!

スタッフの方にうかがったところ、船の外側の方がスリル度が増すとのこと。コースター慣れしている子は、外側に乗車してみてはいかがでしょうか?

「GO!GO!バルストロード」まとめ

【乗車人数】 12名
【身長制限】 90cm~
【年齢制限】 なし
【スリル度】 ★★☆☆☆
【ワクワク度】★★★★☆

≪息子の感想≫
ぐるぐる回って楽しかった!怖くなかったよ!

【子連れ富士急アトラクション(3)】親子で協力してスタンプ集め!「立体迷路トーマス・サーカス」

体を動かすのが好きな子や、なにかを集めるのが好きな子なら、「立体迷路トーマス・サーカス」へ。こちらも同じくトーマスランド内にあります。

立体迷路トーマス・サーカス入口

3階建ての立体迷路。サーカスをイメージしたデザインに息子もワクワクしていました

迷路は各所に設置されたトーマスのキャラクタースタンプを集めてまわるスタンプラリー形式。「トーマスコース」と「ジェームスコース」の2種類から選ぶことができます。

選べるスタンプラリーコース

息子はトーマスコースを選択

迷路内は低い出入口や階段などがありますが、息子は休むこともなく動きまわっていました!(大人はついて行くのがやっと…(笑))

スタンプをもらいに奮闘する様子

迷いながらも、順調にスタンプを集めていきます

ゴールには…なんとドラが!ゴールの記念に思いっきりを鳴らしてみましょう!(笑)

銅鑼を鳴らすこども

息子も良い音を鳴らしていました

“迷路”と“スタンプ集め”という要素が子供心をくすぐるのでしょう。「パパはあっち見て来て!」なんてワクワクした様子で指示が。

親子で協力して楽しかったです!個人差はありますが、うちの場合は10分程度でゴールできました。(平均は約15分)

トーマスコースとジェームスコースを両方クリアすると、プレゼントがもらえるそう。ぜひチャレンジしてみてください!

「立体迷路トーマス・サーカス」まとめ

【乗車人数】 なし
【身長制限】 なし
【年齢制限】 なし
【スリル度】 ★☆☆☆☆
【ワクワク度】★★★★★

≪息子の感想≫
ちょっと迷ったけど、スタンプ押すの楽しかった!

【子連れ富士急アトラクション(4)】お化け屋敷が苦手でも!「ゲゲゲの妖怪屋敷 妖怪小噺」

好奇心旺盛な子におすすめなのが、「ゲゲゲの妖怪屋敷 妖怪小噺」!富士急ハイランドの「ゲゲゲの妖怪横丁」という“ゲゲゲの鬼太郎”をテーマにしたエリアにあります。

ゲゲゲの妖怪横丁入口

ゲゲゲの妖怪横丁の入口です

横丁内は、瓦屋根の日本家屋に赤ちょうちん…いかにもな和の要素が!

キャラクターとのフォトスポットも何カ所かあり、横丁を歩き回るだけでも十分楽しめます。

横丁内部

目玉おやじのおみくじも!(写真右下)

いざアトラクションへ入ろうとすると…

「怖そう…」

息子からまさかの白旗が!せっかくなので、僕だけで行ってきました(笑)

暗い部屋でヘッドフォンを着けて、繰り広げられるストーリーに耳を傾けます。個性豊かな妖怪たちが耳元でお話してくれました。

ひっそり佇んでいるねずみおやじ

目をつぶると、本当に妖怪が近くにいるような臨場感を味わえます!

目の前に何かが現れたり、イスが揺れたり…といった演出は無いので、お化け屋敷が苦手な子でも楽しめると思います。

息子にとっては、入口を通過するまでが最大の難関のようでしたが…。

「ゲゲゲの妖怪屋敷 妖怪小噺」まとめ

【乗車人数】 18名
【身長制限】 なし
【年齢制限】 3歳~
【スリル度】 ★★☆☆☆
【ワクワク度】★★★★☆

≪息子の感想≫
(ギブアップ!)

【子連れ富士急アトラクション(5)】意外とスリリング!「リサとガスパールのそらたびにっき」

さいごにご紹介するのは、「リサとガスパールのそらたびにっき」。子供連れ以外に大人だけで並んでいる方も多い人気アトラクションです。

リサとガスパールのそらたびにっき外観

この日もたくさんの方が!

リサとガスパールと一緒に、雲形のゴンドラに乗って約1分間の空中散歩を楽しみます。

リサとガスパールが先頭にいるゴンドラ

ゴンドラは前後2人乗りです

ゴンドラのスピードも速く、思ったより高さがあるので、乗る前は少し怖がっていましたが、乗るとすぐに笑顔に!

ゴンドラが走っている様子

園内を見渡しながら楽しんでいました

コースターのような急降下はありませんが、ゆるやかに降下したり旋回したりする箇所があるので、苦手な子は避けた方がいいかもしれません。

「リサとガスパールのそらたびにっき」まとめ

【乗車人数】 2名
【身長制限】 100cm~190cm
【年齢制限】 なし
【スリル度】 ★★★★☆
【ワクワク度】★★★★★

≪息子の感想≫
本当に空を飛んでるみたいで楽しかった!また乗りたい!

【ごはん】富士急ハイランドでごはんを食べるなら、フードスタジアムがおすすめ!

富士急ハイランド内にはレストランがいくつかありましたが、一番座席数の多いフードコート「フードスタジアム」でお昼ごはんを食べることに。

フードスタジアム外観

園内のちょうど真ん中あたりにあります

フードスタジアムには、テーブル席やソファ席のほか、子供用の低いテーブル・いすが並ぶキッズエリアもあり、子供連れも安心して利用できます。

フードスタジアム内観

写真右下のピンク色の場所がキッズエリア

和洋中幅広いジャンルのお店があるので、いろいろな料理が楽しめるのはうれしいポイントです。

ちなみにこの日、我が家が注文したのはこちら!

こどもがすきそうなメニュー

上段真ん中にあるのは期間限定のピザです

息子が最も興味を示したのは、ごはんで富士山をかたどった「スタジアムカレー」(900円)。

「なにこれ?富士山?」と楽しみつつ食べていました。息子は平気そうでしたが、少しだけ辛みがあるので、辛いものが苦手な子は要注意です!

富士山を模したカレーを食べるこども

味もおいしかったようで、ほとんど息子ひとりで食べてしまいました(笑)

フードスタジアムには、このスタジアムカレー以外にも見た目がユニークなメニューがたくさん。ほかの子供たちもニコニコと食事を楽しんでいました。

【お土産】「リサとガスパール タウン」でお土産探し!

帰りに立ち寄ったのは、「リサとガスパール タウン」。富士急ハイランド園内とはガラッと雰囲気が変わって、ヨーロッパ風の建物が並んでいます。

ヨーロッパ風のリサとガスパール タウン内

まるで旅行に来た気分になります!

それもそのはず、ここはフランスの人気絵本キャラクター「リサとガスパール」をテーマにしたエリアで、フランスの街並みが再現されています。

いたるところにいるリサとガスパール

リサとガスパールのモニュメントも随所に!

中には買い物やグルメが楽しめる店舗もあり、お土産探しには最適。リサとガスパールをあまり知らなかった僕も、惹かれる商品がたくさんありました!

リサとガスパールグッズや食べ物

おいしそうなパンを売っているお店も(写真右下)

第一駐車場から富士急ハイランドの第一入園口への通り道にもなっているので、ぜひ行きや帰りに立ち寄って、素敵なお土産をゲットしてください!

【まとめ】富士急ハイランドは、子供でも楽しめる場所だった!

小さい子供と行くにはちょっと早いかな…と思っていた「富士急ハイランド」でしたが、子供でも乗れるアトラクションが多く、一日たっぷり楽しむことができました!

ちなみに富士急ハイランド園内には、授乳室やおむつ替えシートなどの設備が各所にあるので、赤ちゃん連れでも安心だと思います。

授乳室やおむつ替えシートなど

このほかベビーカーの貸し出しサービスもありました(有料)

【参考】今回子供連れで乗ったアトラクション一覧

さいごに、今回乗ったアトラクションはこちら!

アトラクション感想表

今回ご紹介した以外にも、穏やかに楽しめるものから、ちょうどいいスリルが楽しめるものまで、いろいろなアトラクションがあります。

基本的に未就学児は保護者の付き添いが必要なので、トーマスランドパスは大人用も購入するのがおすすめですよ!

ぜひ一度、富士急ハイランドに子供連れで訪れてみてください!

クルマを返却する様子

幸いそこまで渋滞もせず21時ごろ帰還。借りた駐車場に返却しました

専用駐車場:約5,000台(普通車1,500円)

※この記事は2018/04/19時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

山梨県の記事一覧へ

都道府県で探す