結局どれが一番怖い!?富士急ハイランドで人気絶叫マシンを乗り比べ!
富士吉田(山梨県)

2017/08/03 更新

気に入った記事はシェアしてください!

富士急ハイランドで絶叫マシンに乗ってきました!

ジェットコースターからフリーフォール、回転ブランコまで、さまざまな絶叫マシンでお馴染みの「富士急ハイランド」。

平日も多くの人で賑わっています

今回、「ドドンパ」がリニューアルしたのを機にどれが一番怖いのか、私と同僚で絶叫マシンを乗り比べてみました!

あくまでも主観になりますが、遊びに行った際の参考にしてみてくださいね!

富士急ハイランドへの行き方

東京方面からは首都高速⇒中央自動車道⇒河口湖インター⇒富士急ハイランドというルートがおすすめです。渋滞がなければ都心からは約100分ほどで到着します。
■駐車場:約5,000台 普通車1,500円

行く途中、中央自動車道から見える巨大なラブレターが気になった方はこちら!

フリーパスがおトクに!

入園時、タイムズクラブカードを提示すると、なんとフリーパスが優待料金で購入できるんです!

タイムズクラブ会員の方は、カードをお忘れなく!

▼子供でもOK!絶叫マシン以外の楽しみ方▼

驚異の加速力を体感できる唯一無二のコースター!「ド・ドドンパ」

まずは、ドドンパのリニューアル版、「ド・ドドンパ」(噛みそうです)へ!

ドキドキしながら乗り場に進みます

以前ドドンパに乗車したのは5年くらい前なのですが、とにかくスタートが怖かった記憶が残っています。

ドドンパよりさらに加速力がアップ&垂直に落ちる箇所がループに変わったと聞き、楽しめるかちょっと心配になりましたが…。待っていると、いつの間にか自分の番に。

順番がまわって来たらこちらのロッカーに荷物を預けます。(他のコースターも同様にロッカーがあります)

いよいよ、覚悟を決めてド・ドドンパのコースターに乗り込みます!

乗り場では近未来的でかっこいい映像と音楽が流れていました

私は2番目の列に乗車。先頭じゃなくて良かった~

コースターが動き出すと、すぐにトンネルの中で止まり、ワン、ツー、スリー…と、カウントがはじまります。

ド・ドドンパは、スタートからわずか1.56秒で180キロまで加速するので、この瞬間が最高に緊張します!!

スタートのトンネル内。ここでみんな無言になりました(笑)

そしてカウントがあった後は、一気に加速!!!!!トンネルから急に明るい場所に出ます!


ギューーーンッ!からだ全体にGを感じます!

とにかく速いです…!トンネルから出た後は、猛スピードでレールの上を駆けていきます!

真横に傾いた状態で大きくターンするカーブも!

コースはほかのコースターと比べると比較的シンプルですが、終盤には直径39.7mの世界最大級のループが待ち受けていました!

ぎゃーーーー!

ループの頂上を通る瞬間は時速30キロほどまで下がっているためか、空中にいる時間が長く感じます!コースはとても景色が良いのですが、私はあまり楽しむ余裕はありませんでした(笑)。

なんとかスタート地点に戻ってくると、スタッフさんが拍手で出迎えてくれました!

無事に戻って来られて良かった…!

私も同僚も、乗り終えた感想は「とにかく加速前の緊張感が半端じゃない!」ということ。あのドキドキはほかのコースターでは味わえないのではないでしょうか?スタートの怖さは健在です!(より増したかも?)

乗車時間は1分半。スタートは怖かったですが、加速してしまえばあっという間で、乗り終わった後は“もう一回乗りたい!”と思えるコースターでした!

【私(胃が浮く系が苦手)の感想】
怖さ ★★★★☆ 体感スピード ★★★★★
胃が浮く度 ★☆☆☆☆ 爽快感 ★★★★★

【同僚(回転系が苦手)の感想】
怖さ ★★★☆☆ 体感スピード ★★★★★
胃が浮く度 ★☆☆☆☆ 爽快感 ★★★★☆

のぼる、落ちるを繰り返す王道のコースター!「FUJIYAMA」

続いて向かったのは、富士急ハイランドの看板コースターのひとつ、「FUJIYAMA」!

第一入園口を入ってすぐの右手にあります

FUJIYAMAは名前の通り、まるで富士山のような高い場所へのぼって落ちる、絶叫コースターです。

コースの全景。アップダウン、多過ぎませんか(笑)?

人気のコースターなので平日でも60分待ちでしたが、思ったよりも早く列が進み、自分の番に。アップダウンが繰り返されるので、胃が浮くのが苦手な私はちょっと不安になりましたが、意を決して乗車します!

こちらがコースター。流線形がかっこいい!

動き出すと、グングンと一気に79mの高さまでのぼっていきます。上からは、他のアトラクションが見おろせました。遠くの山々も見え、空気も清々しいのですが…。とにかくドキドキします!

一見そんなに高く見えないのですが、乗ってみるとすごく高いです!

そして頂上から一気に下降し、その後はアップダウンを繰り返しました!体感では横揺れが激しい箇所や4回くらい大きく落ちる箇所があったと思います…!

乗車時間は3分36秒。最初は“怖い!”と思いましたが、乗っている内に胃が浮くような感覚も慣れ、さいごの方は爽快でした!“キング・オブ・コースター”の名にふさわしい、王道の正統派コースターだと思います!

なお、風が強い日は休止になってしまうこともありますので、動いていたらすかさず乗りましょう!

【私(胃が浮く系が苦手)の感想】
怖さ ★★★★☆ 体感スピード ★★★☆☆
胃が浮く度 ★★★★★ 爽快感 ★★★☆☆

【同僚(回転系が苦手)の感想】
怖さ ★★★★☆ 体感スピード ★★★☆☆
胃が浮く度 ★★★☆☆ 爽快感 ★★★★☆

からだが宙に浮くような絶叫回転コースター!「ええじゃないか」

次いで、足が宙に浮いた状態で乗車するコースター、「ええじゃないか」へ。

唐草模様が異様な雰囲気を醸し出しています

60分待ちだったので並んでいたのですが、通路のすぐ横をコースターが通り、その迫力に圧倒されました!

至近距離をものすごい速さで駆け抜けていきます

ただ、“大きく落ちるところもなさそうだし、そんなに怖くないのでは?”とタカをくくっていたのですが、いざ乗車してみると…。

後ろ向きでのぼって行き、最初の落下は余裕だったのですが、その後は座席が前後方向に回転したり、逆さになったりひねりがあったり…どこで何をしているのかわけがわからなくなりました(笑)。

何がなんだかわかりませんが、とにかく怖いです!

足がブラブラとしているので、体が揺さぶられてもうコースターのなすがままです!体から魂が抜けてしまわないか心配になりましが、大丈夫でした(笑)。

見ためでは伝わりにくいですが、相当なスピードです!

乗車時間は長く感じましたが約2分。実際の最高速度はド・ドドンパの方が速いのですが、体感ではこちらもかなりのスピードでした。これまで乗車したコースターの中でも、トップレベルの怖さです…!

ほかのお客さんからは「おもしろかった!」という声も聞こえたので、絶叫系が好きな人には本当におすすめです!

怖いですが未知の体験ができますので、人生で一度は乗ってみてほしいコースターです。

【私(胃が浮く系が苦手)の感想】
怖さ ★★★★★ 体感スピード ★★★★★
胃が浮く度 ★★★☆☆ 爽快感 ★★☆☆☆

【同僚(回転系が苦手)の感想】
怖さ ★★★★★ 体感スピード ★★★★★
胃が浮く度 ★★★★☆ 爽快感 ★★★☆☆

とんでもない角度から落下するループコースター!「高飛車」

ド・ドドンパ、FUJIYAMA、ええじゃないかと来たらお次は「高飛車」!富士急ハイランドで絶大な人気を誇る、絶叫コースターです。

“高飛車”の文字が堂々と輝いています!

しかし、この日は90分待ち!時間の都合で、泣く泣くあきらめました…。

以前乗った記憶では、やはり頂上から落ちる瞬間が一番怖かったです!

最大落下角度は121度。すごい角度ですよね!

落下後はループで真っ逆さまになったり、ひねりやターンが続きます

乗車時間は2分40秒。胃が浮く感じが何回かありますが、ド・ドドンパ、FUJIYAMA、ええじゃないかのいずれかを乗れる方なら、楽しめるコースターだと思います!

自ら操縦する回転マシン!「テンテコマイ」

高飛車には乗れなかったのですが、さいごに少しだけ時間があったので「テンテコマイ」に乗ってみることに。平日で待ち時間は30分ほどでした。

こちらがテンテコマイ。完成した当時、話題になっていたので見たことある方も多いのではないでしょうか?

テンテコマイは、飛行機のような乗り物に乗って大空を回転するアトラクションです。左右の翼にはレバーがついていて、なんと自分で操縦して横回転をすることができるんです!

レバーで翼をうまく傾けると横回転します

私が乗車した回は、24名中9名が横回転をしていました。なかには、70回もまわっている方も!

翼が結構重く、思い切り傾けないとまわらないため、私と同僚はひるんで一回もまわせませんでした(笑)。次に乗った時には、勇気を出して横回転してみたいと思います!

乗車時間は約3分。自分で操縦して横回転をしなければあまり怖さはなく、回転ブランコに乗っているような感覚でした!

【私(胃が浮く系が苦手)の感想】※操縦しない場合
怖さ ★☆☆☆☆ 体感スピード ★★★☆☆
胃が浮く度 ☆☆☆☆☆ 爽快感 ★★★★★

【同僚(回転系が苦手)の評価】※操縦しない場合
怖さ ★☆☆☆☆ 体感スピード ★★☆☆☆
胃が浮く度 ☆☆☆☆☆ 爽快感 ★★★☆☆

【フードコート&お土産ショップ】

絶叫マシンを楽しんだあとは、フードスタジアムで休憩をとることに。

フードスタジアムは、6つの飲食店が集合している大型フードコートです。2017年の春にリニューアルしたそうで、以前来た時よりもなんだかおしゃれになっていました!

写真映えしそうなスポットがいっぱい!

カレーからアイスまでメニューも色々あります

吉田うどんや富士宮やきそばなどご当地メニューも気になりましたが、見ためのインパクトで惹かれたものを注文。

左上から鉄骨オニオン番長700円、カロリーメイク!?バーガー850円、たっぷりチーズのハイランダーピザ980円

鉄骨オニオン番長はオニオンリングにチェダーチーズとパプリカパウダーがかかっています

どれも結構ボリュームがあり、2人でお腹いっぱいになりました!

富士急ハイランドにはほかにも売店やモスバーガー、ハンバーグレストランなどもありますので、チェックしてみてくださいね。

おすすめのお土産

帰り際、第一入園口にあるお土産ショップに立ち寄りました。

個人的なおすすめは、“ええじゃないか”せんべいとフジヤマクッキー!

せんべいは一枚200円、クッキーは10個入り1,550円(3個入りなどもあり)

見ためがおもしろいだけでなく、どちらもおいしいんです!ぜひ、食べてみてくださいね。

絶叫マシンはどれも個性的で、それぞれおもしろさがありました!

今回、絶叫マシンを乗り比べてみましたが、どれも個性があり、それぞれのおもしろさとスリルがあることを実感しました!

私と同僚の間では「“ええじゃないか”が一番怖い!」という結論に達しましたが、感じ方は人それぞれですので、ぜひ、実際に乗って体験してみてください!

待ち時間を短縮できる“スマート絶叫優先券”もあります

あまり待ちたくない…という方には、スマート絶叫優先券がおすすめ!この券があれば、ほぼ待たずに乗ることができるんです!※アトラクションごとに一枚必要。当日の混雑状況によっては最大30分待つこともあり

別途入園料(大人1,500円)と乗車券、もしくはフリーパス(大人5,700円)が必要なのですが、絶叫優先券とフリーパスがセットになったおトクなセットもありますので、利用してみてはいかがでしょうか?
※2018年7月から入園料が無料になりました。絶叫優先券は単体での販売になっています。詳しくはこちら

※この記事は2017/08/03時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

山梨県の記事一覧へ

期間限定!入会金・年会費無料タイムズクラブ入会でタイムズチケット100円券+今ならさらに100タイムズポイントプレゼント

都道府県で探す