木の上で眠るコアラ

ライオンやコアラも♪「多摩動物公園」の見どころ完全ナビ!
多摩(東京都)

2019/09/05 更新

気に入った記事はシェアしてください!

期間限定!入会金・年会費無料タイムズクラブ入会でタイムズチケット100円券+今ならさらに100タイムズポイントプレゼント

広くて見どころいっぱい!「多摩動物公園」

東京都の西側に位置する、多摩エリア。新興住宅地が多く、東京でありながら自然が豊かで、ファミリーに人気のエリアでもあります。

そんな多摩エリアで今回ご紹介するのは、「多摩動物公園」!300種以上の動物がいる日本でも有数の動物園で、いつも多くの来園者で賑わっています。

多摩動物公園入口

入り口には“アリから象まで”のキャッチコピーが!

それではさっそく、見どころをご紹介して行きたいと思います!

\クルマなら子連れでもラクラク♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう 全国10,000ステーション以上

【見どころ1】キュートな姿に釘付け!動物の赤ちゃん・子ども

多摩動物公園は、動物の繁殖に力を入れている動物園でもあります。ですので、時期やタイミングにもよりますが、赤ちゃんや子どもの動物も見ることができるんです!

入園してすぐの場所にその日に見ることのできる赤ちゃんや子どもの動物の案内板がありますので、チェックしましょう。

赤ちゃんや子どもの動物案内版

公開が時間限定の場合もありますので、ご注意を

園内は広く、アジア園・オーストラリア園・アフリカ園・昆虫園の4つに分かれています。お目当ての動物にたどり着くまで時間がかかるので、最初にある程度ルートを決めておくのがおすすめです。

公園内案内図

東京ドーム約11個分の広さ!1周するのに1時間以上かかります

この日は、アフリカ園にあるチーター舎で、チーターの子どもが公開されていました。

草むらで遊ぶ2匹のチーターの子

元気に動いていて、とってもかわいいです!

それぞれ動物舎の前にはメンバー表や生態などの掲示もありますので、こちらも見てみてくださいね。

チーターメンバー表

年齢や出身なども書かれています

また、入り口の案内板には限定公開の動物しか書かれていないのですが、ほかの動物舎でも子どもや赤ちゃんの動物を見かけることも…!

親キリンの間に3匹の子キリン

キリン舎には子キリンがたくさんいました!

眠そうなシロテナガザルの子

別の場所ではシロテナガザルの子どもも発見!

最新の赤ちゃん・子どもの情報は公式ホームページ公式twitterでも配信されていますので、見てみてくださいね。

【見どころ2】動いている姿が見られる!エサの時間

動物園の見どころといえば…やはりエサの時間は外せません!

普段は寝ていることが多い動物でも、エサの時間なら動く姿が見られますよ。

エサの時間の案内板

エサの時間は入り口の案内板をチェック!

この日は、オーストラリア園にあるコアラ舎で、コアラのご飯タイムが公開されていました。

ユーカリの葉を設置する飼育員

飼育員さんがユーカリの葉を置いています

最初は木の上でジッとしていましたが、次第に動き出し、ユーカリの葉をパクパクと食べていました!

ユーカリを手に取り口に運ぶコアラ

1日20時間寝るので、動いている姿は貴重です

ご飯のあとには、こんなかわいいポーズも(笑)。見ているだけで癒されます。

木の上で眠りながら顔をかくコアラ

器用に足で顔をかいています

ちなみに、案内板にない動物でも、運が良ければご飯を食べているところが見られる場合もあります。

この日は、たまたまツキノワグマのご飯タイムを見かけました!

椅子の上に置かれた氷へ向かう

野菜と果物を氷で固めたものが置かれています

氷を両手で抑えるツキノワグマ

絵本みたいな1シーンですね!

動物によってご飯タイムが違うので、見かけたらラッキーです。お目当ての動物がいる場合は、時間を変えて訪れてみるのもおすすめですよ。

【見どころ3】猛獣の代表格!ライオン

多摩動物公園にはさまざまな動物がいますが、その中でも特に人気が高いのは、百獣の王・ライオンです!

ライオン舎はアフリカ園のサファリ橋の下にあり、橋の上からその姿を見ることができます。

日陰で休む2匹のライオン

オスもメスも仲良く日陰で休んでいました

時おり、オスライオンのグルルグルルッと低い大きな鳴き声が聞こえて、迫力が感じられました!

ライオン舎は少し分かりにくい場所にありますので、見落とさないようにご注意くださいね。

高い壁沿いに並んで休むライオン

サファリ橋の端の方にあります

ライオンバスは工事中!

多摩動物公園では以前、バスに乗ってライオン舎の中を見学する「ライオンバス」が運行していましたが、現在はリニューアルに向けて工事中です。

巨大パネルに貼られた写真

工事現場にはかっこいいライオンの写真が飾ってありました!

再開したら、また追ってお伝えしたいと思います!

【見どころ4】驚きの身体能力!オランウータンのスカイウォーク

多摩動物公園に来たらぜひ見ていただきたいのが、アジア園の奥で行われるオランウータンのスカイウォーク!

木の上で生活するボルネオオランウータンの生態を再現するもので、毎日11時半から開催されています。
※冬期は休止

スカイウォーク全景

こちらがスカイウォーク。お客さんの真上を通ります

その時の気候やコンディションによって渡らない場合もあるのですが、この日はスイスイと渡っていました!

スイスイ渡るオランウータン

スゴイ身体能力です!

赤ちゃんを抱っこして綱渡り

子連れでもスイスイ!ドヤ顔です(笑)

なお、渡っている時にフンやおしっこが落ちてくる場合もありますので、ご注意を…!

ちなみに、オランウータンは屋外の遊具広場と屋内の施設でも見ることができます。

遊具にぶら下がって遊ぶ

屋内にも遊具があり、頻繁に遊んでいます

なかには、国内最高齢のオランウータンもいますので、探してみてくださいね。

毛が長く大きなオランウータン

オランウータンの長老「キュー」。貫禄が違います

【見どころ5】日本でここだけ!タスマニアデビル

皆さんは「タスマニアデビル」という動物をご存じですか?

オーストラリアのタスマニア島にいるフクロネコ科の動物なのですが、日本で唯一、こちらで会うことができるんです!

地面に寝そべるタスマニアデビル

名前は怖いですが、小型犬くらいの大きさでかわいい見た目です

タスマニアで流行した伝染病から守るため、日本にやってきたそうですよ。詳しい生態などはタスマニアデビル舎にある看板に書かれていますので、見てみてくださいね。

タスマニアデビルの説明図

死肉を集団で食べる習性があるんだとか

【見どころ6】人気イベント!モルモットとのふれあい

園内には、モルモットとのふれあいができる、「どんぐり広場」という場所もあります。

どんぐり広場入口

入り口からまっすぐ進んだ場所にあります

こちらでは、モルモットをひざに乗せて、なでたりすることができますよ。

どんぐり広場の前で整理券が配られますので、ふれあい希望の方は開催時間前にゲットしておきましょう!
※曜日によって配布時間が違います。詳しい時間は公式ホームページをご確認ください

なお、夏期の間はふれあいはお休みになりますが、その期間でもこちらでモルモットを見ることができますので、のぞいてみてくださいね。

色々な柄のモルモット達

もふもふしていてかわいいです!

【見どころ7】クール&キュート!その他の人気動物

多摩動物公園には、これまでご紹介した動物以外にも、まだまだ動物がたくさんいます。

ここでは、人気の動物をダイジェストでご紹介したいと思います!

■サーバル
アニメ「けものフレンズ」の影響で、一躍人気ものに!

サーバルキャットの横顔

■タイリクオオカミ
イヌ科の哺乳類。屋外の放飼場にいる時もあります。

長い舌を出しているオオカミ

■ユキヒョウ
グレーの柄が特徴。猫みたいな動きに注目です!

木に寄りかかるユキヒョウ

■レッサーパンダ
動物園のアイドル的存在。“ごめん寝”中でした。

尾に顔を埋めるレッサーパンダ

■トラ
自然豊かな場所にいます。画になるカッコよさ!

自然を背景に凛々しいトラ

■アフリカゾウ
鼻を使って草を食べます。枝や木の根も食べるそう。

器用に鼻で草を食べるゾウ

【見どころ8】蝶の放し飼いゾーンも!昆虫園

多摩動物公園では、哺乳類・鳥類だけでなく「昆虫園」で昆虫も見ることができます。

昆虫園には2つの施設があり、こちらの「昆虫生態園」ではチョウとバッタが飼育されています。

昆虫園外観

建物はチョウの形になっています

チョウは放し飼いになっている場所があり、歩きながらチョウを間近で観察することができますよ。

緑が生い茂る温室内

こちらの広い大温室にチョウがいます

約2,000匹もチョウがいて、まるでチョウの楽園です!たくさんのチョウが優雅に舞う姿は、圧巻ですよ。(近寄ってきますので、虫が苦手な方はご注意を)

器にとまってスープを飲む蝶

チョウのための特製スープも用意されていました

もうひとつの「昆虫園本館」では、カブトムシやグローワーム(光る幼虫)、ちょっと珍しいハキリアリがいます。アリが体の何倍もある大きな葉を運ぶ様子が見られますので、観察してみてくださいね!

葉を運ぶハキリアリ

ハキリアリ。キノコを育てるアリとしても注目されています

【見どころ9】ランチにおすすめ!レストラン・カフェ

園内には、食事ができるレストランやカフェもあります。

本格的な食事がとりたい時は、アフリカ園にある「サバンナキッチン」がおすすめですよ。

動物柄の椅子が並ぶレストラン

全部で148席(テラス席含む)ある、2階建ての広いレストランです

テラスもあり、テラス席ではキリンを眺めながら食事をすることもできます。

メニュー表

メニューはロースかつなどの定食やうどん、カレーなどがあります

メニューのイチオシは、こちらの「オムハヤシライオン」!ライオンの形をした、かわいいお料理です。

卵が鬣、ライスに顔のオムハヤシ

オムハヤシライオン800円(ドリンクセットは+150円)

卵がトロッとしていて、見た目だけでなく味もおいしいです!ボリュームもあり、大人も満足できる一品です。

そのほか、オーストラリア園の奥に「コアラ下売店」、入り口付近ウォッチングセンター内に「ズーカフェ」があります。

各店舗内とメニュー表

(上)コアラ下売店、(下)ズーカフェ

アフリカ園の奥には、席が屋外のみになりますが、「アフリカ売店」もありますよ。

売店外観

売店は屋外のみの席。ラーメンやソフトクリームなどが楽しめます

なお、こちらのレストラン・カフェは無料休憩所も兼ねていて、すべてお弁当の持ち込みもOKです!園内は広いので、各所で休みながらまわるのがおすすめです。

【見どころ10】オリジナルグッズ多数!お土産ショップ

動物園に来たら、グッズも気になりますよね!

入り口にあるお土産ショップ「コレクション」では、ぬいぐるみや文房具、お菓子など、さまざまな商品が揃っていますよ。

お菓子やグッズ等品揃え豊富な店内

ここに来ればお土産はバッチリ!

多摩動物公園オリジナルのグッズも充実していて、アニマルクッキーやこちらのオオカミグッズが人気だそう。

オオカミのイラストTシャツ

渋いオオカミがカッコイイです!

また、ここだけでしか買えないタスマニアデビルのグッズも充実しています。

タスマニアデビルコーナー

クッキー、ミニポーチ、マッチ、帽子など種類豊富!

こちらのぬいぐるみは、飼育員さんが監修してつくられたそうですよ。お土産にいかがでしょうか!?

くたっと寝そべるぬいぐるみ

ぬいぐるみ1,728円。手足の形状など細かい部分が再現されています

混雑情報や子連れ情報

一年を通して5月と10月が混みますが、入園券は並んでも30分以内のことが多いそうです。

園内は広く、来園者が多くても分散されますので、混雑はそれほど気にしなくても大丈夫だと思います。

ベビーカーの貸し出しもあります

入り口のすぐ近くでは、ベビーカーの貸し出しも行っています。500円で一日借りられますので、子ども連れの方は利用してみてはいかがでしょうか?
※園内は坂もありますので、利用の際は十分ご注意を

ベビーカー貸出所

こちらで借りられます

園内はキレイな授乳室やオムツ替えシートもありますので、小さなお子様連れでも快適に過ごせますよ。

◆営業時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)
◆定休日:水曜(祝日の場合は翌日)
◆料金:一般600円、65歳以上300円、中学生200円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料

さいごに

多摩動物公園は広く、メジャーな動物から珍しい動物までいますので、一日飽きずに楽しめると思います!

園内にはシャトルバスも走っていますので、こちらも活用くださいね!

可愛いイラストのシャトルバス

乗車料はなんと無料…!

アクセス&駐車場情報

【クルマでお越しの場合】
最寄りのICは中央道の国立府中ICで、そこから約20分ほどで到着します。GWなどは周辺の道が混雑しますので、早めの来園がおすすめです。

■駐車場:専用の駐車場はありませんが、駅周辺や正門付近に駐車場がありますので、そちらを利用しましょう。(有料)

\クルマなら子連れでもラクラク♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう 全国10,000ステーション以上

【電車でお越しの場合】
京王線、多摩都市モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩1分です。

※この記事は2019/09/05時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

期間限定!入会金・年会費無料タイムズクラブ入会でタイムズチケット100円券+今ならさらに100タイムズポイントプレゼント

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す