住宅街に熱帯ジャングル? 高島平で冒険休日!
高島平(東京都)

2015/09/10 更新

気に入った記事はシェアしてください!

手軽にできるミニアドベンチャーをここで

私の営業担当エリアである高島平は、子どもと冒険をしに行く街です。
蒸し暑いジャングルの中を、見たことのない動植物を探しにずんずん進む…。気分は冒険家です!

え?団地が多い住宅街の高島平にはない?
いいえ、あるんです。
熱帯ジャングルを探検できる「板橋区立熱帯環境植物館」にいざ出発!

冒険の舞台は、住宅街にひっそりと

都営三田線高島平駅を出ると、目の前は商店街や住宅街。
こんなところにジャングル?といった印象かもしれません。

高島平駅東口改札の北側出口から10分ほど歩くと、一見図書館や市民ホールのような外観の建物が見えてきます。

周辺には温水プールなどがありました

ここが今日の冒険の舞台・熱帯環境植物館です。
東南アジアの熱帯環境に特化した施設は全国でも珍しいとのこと。

入館料は大人240円、小・中学生と65才以上120円、小学生未満無料。
手軽なのも魅力の一つですね。

まずは、水の生き物を調査!

最初の探検は、地下1階のミニ水族館。

各水槽に東南アジアの河川やサンゴ礁などを再現して、そこに住む生き物たちを見ることができます。
大きなカニや色鮮やかな魚など、多彩な生き物がいました。

ゆったりと水槽を観察できます

360度ぐるりと見られるのが特徴的です

1階へ抜ける階段には、マングローブ林が茂る熱帯の河口の水の中を見ることができる水槽があります。
大きなカメを発見!

マングローブの水の中を見るのは初めてです

一般的な水族館でよく見るエイが優雅に泳いでいます。
ただ、こちらのエイは川に生息する淡水エイ。
しかも淡水エイでは世界最大の大きさになる種類なんだそう!

気持ちよさそうに泳ぐ淡水エイ

いよいよジャングルへ

ミニ水族館ゾーンを抜けると、いよいよジャングルゾーン!
湿度が高く蒸し暑い…。まさに熱帯です。
さまざまな植物が所狭しと植えられていて、一つ一つ説明書きがされています。

天井からの光を遮るくらい、上まで茂っていました

鬱蒼(うっそう)としたジャングルを進みます

青々と茂る木々を眺めながら歩いていると、バナナやゴムの木を発見!
東南アジアで暮らす人々の生活に関わりが深い植物を見ることができます。
子どもたちは大きな葉っぱに興味津々。

ジャングルの中に、アジアンリゾートにありそうな家屋が。
マレーシアの伝統的な家屋の展示だそうで、屋根に使っている葉は友好を結んでいるマレーシアのペナン植物園から贈られたものだそうです。

暑い熱帯地域にはぴったりの涼しげな家です

次に目指すのは、ひんやり高山

蒸し暑いジャングルを抜けると、次は高山ゾーン。
ここは、マレーシア・キナバル山標高2000mの雲霧林を再現しています。

室温は20度ほどとのことですが、先ほどの温室が暑かったのでひんやり寒い!

石畳の階段のわきには、小さな小川も

キナバル山の高地は、夏でも涼しく、雨や霧が多い地域ということで、霧が立ち込めています。

「こんな環境でもたくましく植物が生息しているんだね」としみじみする私の横で、子どもたちは霧の中を通るのが楽しい様子です。

立ち込める霧の中を通りぬけます

トロピカルな花も発見!

歩いていると、熱帯ならではの色鮮やかな植物もたくさん発見することができますよ。

私が行った時には、ちょうどプルメリアが咲いていました!
ハワイに行くと、歓迎の意味を込めて首にかけてくれる「レイ」に使われることで有名な南国の花です。

愛らしい色合いのプルメリア

他にも、色鮮やかな花がありましたよ!
思わず、「これ何だろう?」とまじまじと見てしまうような不思議な実もありました。

甘酸っぱい果実が実るジャワフトモモ

他にもこんなに多彩な花々が

今回は見ることができませんでしたが、バニラやヒスイカズラの開花期には、遠方から見に来る人もいるそう!

東南アジアでよく食べられるジャックフルーツ(左)、鮮やかなグリーンが印象的なヒスイカズラ(右)。次はこれらが見頃のシーズンに来ようと計画中

他にもこんな楽しみ方

この植物館では、「目」だけではなく、「舌」でも東南アジアを知ることができるんです。
それがここ、喫茶室「クレア」。
マレーシア料理を食べることができます。

ココナツカレーやナシゴレンなど、マレーシアではポピュラーなメニューが並びます。
チャイに似たマレーミルクティーやココナツジュースなど、休憩がてらお茶するのもいいかもしれません。
※喫茶室クレアは2017年10月頃まで休業中です

今回は平日に行ったので、次はマレーシア料理を食べにお休みの日に来ようっと

植物観賞の他にも、図書コーナーやジオラマコーナーなど学びのスペースもあるので、子どもの学習にも役立ちますね。

体験型の期間限定イベントもあるようです

もっと満喫できるお得な情報

詳しく学びながら回りたいという人には、ガイドツアーがおすすめです。
毎週日曜・祝日の午後1時から1時間、植物館のスタッフによるツアーがあります。
魚に餌をあげる体験ができる特典付きです!

さらに、毎年9月には開館記念のため入館料が無料になる日があります!
詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね。

板橋区立熱帯環境植物館

ぜひ、素敵な冒険休日を

水族館から温室、展示コーナーまで隅々回ると、あっという間に2時間ほど経ってしまいます。
ちょっとしたお出かけにはぴったりのスポットです。

植物館には駐車場がありませんので、周辺の駐車場を調べてから行きましょう。
子どもと一緒に、パパもママも童心に帰って探検を楽しんでみてくださいね!

※この記事は2015/09/10時点の情報です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の駐車サービス&クーポン

高島平のその他の施設をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す