満開の桜と菜の花

桜と菜の花の絶景スポットも!国営昭和記念公園でお花見をしよう
立川(東京都)

公開日:2017/11/02 更新日:2019/03/14

気に入った記事はシェアしてください!

関東の穴場お花見スポット、国営昭和記念公園!

もう少しすると、お花見の季節がやってきますね!東京には上野や目黒川など様々なお花見スポットがありますが…。今回私がご紹介したいのは、立川にある「国営昭和記念公園」!

桜と菜の花が一緒に観られたり、広大な敷地でゆっくりとできたりと、とにかくおすすめのスポットなんです!

それではさっそく、過去の様子などを織りまぜつつ、昭和記念公園についてお届けしたいと思います!
※すべて掲載時点の情報です。今年の桜と菜の花の開花場所、フラワーフェスティバルなどについてはホームページをご確認ください

昭和記念公園アクセス&駐車場について

昭和記念公園は、青梅線西立川駅直結の場所にあります。クルマの場合、中央自動車道国立府中ICより8kmです。

駐車場は、立川口・西立川口・砂川口の計3カ所。桜を観に行く場合は、桜の場所に比較的近い西立川口、もしくは砂川口がおすすめです。

広い駐車場

駐車場は3カ所合わせて普通車2531台駐車可能。料金は一日820円

なお、お花見シーズンは西立川口の駐車場は10時頃には満車になってしまう場合も。駐車場も公園も9時半から開いていますので、早めに来園しましょう!

園内のお花見スポットは“桜の園”と“残堀川さくら橋近辺”の2カ所!

昭和記念公園はとても広く、なんとその敷地は東京ドーム39個分!その中で桜の木がたくさんある場所は、“桜の園”と“残堀川さくら橋近辺”です。順を追って、どのような場所なのかお伝えします!

案内図

昭和記念公園マップ。広いので迷わないよう注意!

桜と菜の花の絶景も観られる!“桜の園”

桜の園は、西立川口から徒歩約15分の場所にある“みんなの原っぱ”という広場の一角にあります。

原っぱの中心にある大きな木

みんなの原っぱ。広大な芝生の広場です

広場の北側を見渡すと、ソメイヨシノを中心とした桜の木がたくさん!樹齢40~50年の大木が多く、迫力があります。

連なる桜の木

桜の園。これぜ~んぶ桜の木です!約200本植えられています

訪れた時期にはまだ咲いていませんでしたが、これが3月下旬頃になると…

花見の様子

芝生が桜のピンク色で覆われ、このような景色になります!

とてもキレイですね!桜の開花シーズンは多くの花見客で賑わいます。ちなみに、桜の園にはベンチもありますが、シートを敷いてもOK。使用制限箇所がありますが、2m×2m以内であれば小型テントの持ち込みも可能ですよ。

そして、桜の園がある広場には、桜と菜の花が一緒に観られる場所もあるんです…!

菜の花は、“原っぱ東花畑”という桜の園の近くに植えられています。

シーズン前の菜の花畑

原っぱ東花畑。約20万株の菜の花が植えられています

こちらもまだ訪れた時には咲いていませんでしたが、シーズンになると…

鮮やかな黄色い菜の花

一面菜の花に!

キレイな黄色い花が咲き乱れます。その奥には桜の園が見えて、桜の花と菜の花を一緒に楽しむことができますよ!

満開の桜と菜の花

このような菜の花と桜の絶景が観られるんです!

遠くまで行かなくとも東京でこんな素敵な景色が観られるなんて、夢のようですね!ぜひ、写真にも収めてみてくださいね!

ソメイヨシノが咲き競う、残堀川さくら橋近辺

続いて、もう一カ所の桜の名所、残堀川のさくら橋近辺を訪れました。

橋からみた残堀川

西立川口からは徒歩約10分。残堀川沿いを中心にソメイヨシノの木が植えられています

暖かくなって来ると、残堀川沿いをはじめ、さくら橋近辺の広場が桜の花で彩られます。

上を覆うほどの桜

さくら橋近辺にある“旧桜の園”

こちらもシートを広げてゆっくりするスペースがありますので、お花見におすすめですよ!

お花見シーズンは開園(9時半)前から入口に行列ができますが、昭和記念公園はとても広いので、混雑してギュウギュウとごった返すことはありません。
※開園前の場所取りは不可

ゆったりとお花見をすることができるので、昭和記念公園はファミリーにもおすすめのスポットです!

なお、園内は広いので、色々とまわりたい時はレンタサイクルがおすすめです。こどもを乗せられるタイプの自転車もありますので、利用してみてはいかがでしょうか?

走りやすい自転車専用道路

自転車専用道路はアップダウンが少なく漕ぎやすいですよ!利用料は大人410円~です

イベント&展示もあります

桜の開花シーズンには、この時期だけの特別イベントも行われます。

年度によって内容は異なりますが、セグウェイに乗って園内の桜をめぐるツアーや…

セグウェイに乗っている様子

なんとあのセグウェイに乗れちゃいます!参加費は9,000円

桜の木を使用したクラフト体験などが催されます。参加費は300円程度ですので、気軽に参加できますよ♪

ほかにも桜の写真展など、さまざまなイベントが開催される予定ですので、HPをチェックしてみてくださいね!

■■お花見情報■■

◆サクラ類の開花時期(見頃):例年3月下旬~4月中旬頃
◆開園時間(3/1~10/31):9:30~17:00
※4/1~9/30の土・日・祝は18:00まで
◆満開時の4日間のみ「夜桜散歩」としてライトアップあり※18:00~20:00まで。開園も20:00まで延長
(夜間は立川口のみ開門)
◆レジャーシートなど敷物の利用可、小型テントの利用可※2m×2m以内まで。利用制限場所あり
◆屋台出店なし
◆入園料金:大人(15歳以上)450円、中学生以下無料、シルバー(65歳以上)210円
◆混雑情報:お花見の時期は多くの人で賑わいますが、広いのでそこまで混雑はしません。ただ、良い場所はすぐに埋まってしまいますので、場所にこだわる方は朝イチで訪れるのがおすすめです。
◆場所取りについて:9:30の開園後から可能。その前は入園不可
◆飲食物、酒類の持ち込み可
◆最新の開花状況は公式ホームページをご確認ください

鮮やかな色彩のチューリップ、シャーレーポピーもお見逃しなく!

実は桜の開花時期から5月下旬にかけて、昭和記念公園では春の花々が楽しめる「フラワーフェスティバル」が開催されており、桜の季節が終わっても、ほかの花々を楽しむことができるんです!

4月上旬頃になると、色とりどりのチューリップが開花し始めますよ!

オレンジ色のチューリップ

渓流広場のチューリップ畑。海外みたいですね!見頃は4月中旬です

ピンク色のチューリップ

こちらも渓流広場。フォトスポットとしてもおすすめです!

チューリップは、22万球もの数になるそうです。なかなかこんなにたくさんのチューリップを見る機会はないのでは!?

5月の中旬には、“シャーレーポピー”という赤い品種のポピーが咲きます。

一面に広がった赤いポピー

花の丘に咲くシャーレーポピー

その数、なんと180万本!シャーレーポピーは花摘み体験も行われるそうですので、思い出にいかがでしょうか?

お花以外にも!そのほか公園のおすすめスポット

園内のお花についてご紹介しましたが、昭和記念公園にはほかにもおすすめのスポットがたくさんあるんです!すべてはご紹介し切れないのですが、その一部をお届けします!

レストラン&バーベキューガーデン

園内には、ふれあい広場レストラン、レイクサイドレストラン、渓流広場レストランの計3つのレストランがあります。お昼を持参されない場合は、利用してみてはいかがでしょうか?

個人的なおすすめは、こちらのふれあい広場レストラン!

レストラン外観

ふれあい広場レストラン。立川口駐車場の近くです

なぜおすすめかというと、ここのレストランでは窯で焼いた本格的なピッツァが味わえるんです!

窯で焼いた本格的なピッツァ

窯焼きピッツァ700円(ドリンクセットは+150円)

窯焼きなので、耳も含めて生地がとても香ばしいですよ。モッツァレラチーズもたっぷりのっていて、美味しいです!

なお、園内にはバーベキューガーデンというバーベキュー場もあります。

バーベキュー場

バーベキューガーデン。テントがレンタルできるので日差しが強い日も安心!

食材の販売やコンロのレンタルなどもありますので、手ぶらでもOK!仲間や家族とワイワイ、バーベキューで盛り上がってみては?ちなみに、バーベキューガーデンでも少しだけ桜が楽しめますよ!

■バーベキュー料金
手ぶらでBBQプラン1名2,400円~。※4名から。こちらは食材・グリルテーブル・イスなどがセットです。食材を持ち込んで道具だけレンタルすることも可能。(食材持ち込みの場合、ゴミは持ち帰り)

ぜひ、お子さま連れで来られる方はこちらにも連れて行ってあげてくださいね!

ボートに乗れる水鳥の池

西立川口すぐ近くにある水鳥の池では、ローボートやサイクルボートに乗って、水上散歩が楽しめます。※12月~3月の第1日曜日までは土日祝日のみ(3月1日が日曜日の場合は、第2日曜日まで)、3月の第2土曜日~11月末日までは開園日は営業しています。

待機中のボートたち

水鳥の池

ローボートは60分以内で700円、サイクルボートは30分以内で700円です。運動にもなりますので、ぜひ、乗ってみてくださいね!

遊具が充実!こどもの森、わんぱくゆうぐ

“こどもの森”と“わんぱくゆうぐ”という場所には滑り台などがあり、こども向けの遊具が充実しています。特に、“雲の海”というトランポリンは大人気!

巨大なトランポリンなどの遊具

遊具の数々。中央が雲の海です

ぜひ、お子さま連れで来られる方はこちらにも連れて行ってあげてくださいね!

日本庭園&こもれびの里

広い園内には、古き良き日本を感じられる場所も…!

園内の北側には回遊式の日本庭園があり、その中には盆栽苑や茶室などもあります。

日本庭園入口

趣のある佇まいの日本庭園

四季の移ろいが感じられ、散策するだけでも楽しいですよ!また、日本庭園から少し歩いた場所には“こもれびの里”という、昔の武蔵野丘陵にあった農家を再現したエリアもあります。

茅葺屋根の平屋

こもれびの里にある、里の農家

茅葺屋根の家や土蔵があり、どこか懐かしい風景が広がっていますよ。

以上、そのほかのおすすめスポットをご紹介しました。お花見の行き掛けや帰り際などに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

今年のお花見は国営昭和記念公園で!

昭和記念公園の開園時間は9時半~17時まで。(閉園時間は時期により変動あり)入園料は大人450円、小・中学生以下は無料です。

今年のお花見はゆったりと、家族や仲間と昭和記念公園でお花見してみてはいかがでしょうか?

開花状況はこちらから

※この記事は更新日時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

立川エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す