立川にある謎の「線」や「輪」の正体とは?
立川(東京都)

2015/04/24 更新

気に入った記事はシェアしてください!

タイムズクラブお得なポイントがたまる・つかえる。入会金年会費無料

立川は、不思議なアートでいっぱい!?

JR立川駅は、東京西部地区のターミナル駅として有名です。駅前には、百貨店や企業のビルが立ち並び、商店街も充実しています。
そんなにぎやかな立川駅北口周辺に、謎の「線」や「輪」が多数存在するのです。タイムズ営業担当として立川駅前をくまなく歩いている私が紹介します!

ペデストリアンデッキに描かれた謎の線の正体とは?

謎の線、ある地点から見てみると…

立川駅北口のペデストリアンデッキを降りていると階段に奇妙な黒い線が描いてあるのに気づきます。よく見ると場所によって線の太さもまちまち。一体なんの意味が?

さらに、階段を下りて左に曲がると階段の側面。今度は線が途中で切れています。太くなったり、切れていたり…。

次は横断歩道を渡り、少し離れてペデストリアンデッキを眺めてみます。
なにやら、黒い曲線が無造作に描かれているようにも見えます。

頭にクエスチョンマークを浮かべながら、右側に歩いていき、ある地点から振り返るとそこには!

なんと、きれいな「円」があるのです!しかも均等な太さで。太い線や細い線、ところどころ切れている線は全てこの角度からみた円のためにあったのです。

さらに、ペデストリアンデッキを反対側から眺めてみるとこちらにもきれいな円が!「背中合わせの円」の題名通り両方向から円がみえるのです!
思わず「へ~」と唸ってしまいました。

ビルの屋上にも円を発見!

街かどで少しお得な気分を味わったら、空を眺めながら、北に向かって歩いてみてください。
とあるビルの屋上に、なにやら赤い線が・・。

少し場所を移動してみるとだんだんと姿があらわになってきました。

ここでも、きれいな円がみえました!思わず もう一度「へ~」

実はこれ、「ファーレ立川アート」といい、立川駅北口周辺に展開されているアート作品のひとつ。この「円」は、アートコンセプトのひとつである「驚きと発見の街」を元に作られたそうです。

樹の上の謎の輪っかの正体は…!?

木の幹から時間を感じる

奇妙な「空間」感覚を味わったら、今度はいつもと違う「時間」を味わってみてください。
先ほどご紹介した「〇」のあるペデストリアンデッキの向かいにある街路樹(桂の木)には、写真のようなリングが掛けられています。

関係―未来2132年

リングにつけられているキャプションには、「関係―未来2132年」の文字が。
隣の街路樹には同じくリングが掛けられています。上の写真のリングより、気持ち小さくなった気がします。キャプションには、「関係―未来2116年」の文字が。

関係―未来2116年

実はこのリング、それぞれの年に、街路樹の幹がどれくらいの太さになるかをあらわしたものなのです。
この木が、リングまでの太さになった時、立川の街はどうなっているのだろう?100年後の世界を実感するのは難しいですが、こうやって考えると少し身近に感じられる気がします。時間の感じ方っていろいろあるんですね(なるほど~)。

関係-未来2132年、関係-未来2116年、関係-未来2089年

生き物たちにふれて「ホッ」とする

デットスペースにいる動物たち

歩道にかわいらしい生き物たちのオブジェを発見!

これは、「機能を物語に!」をコンセプトに作られたアート作品。街のデッドスペースをうまく活用して作られたそうです。下の作品「無題」は今にも動き出しそう!

こちらには犬が!ご主人様を待っている様子です。昔飼っていた犬が、こんな恰好で私の帰りを待っていたのを思い出させてくれます。

犬のいる場所から少し北に向かって歩くと、今度は馬が見えてきます。後ろ脚が斜めになっている姿はなんとなく不安定ですが、どっしりしている姿より愛着がわくかもしれません。

オフィス街のデッドスペースに見かける動物たち。仕事の合間に少し「ホッ」とした気分を味わってください。

他にも楽しげな作品が沢山!

ここでご紹介したスポット作品群は、ほんとにごく一部です。立川駅周辺で買い物を終え、駅に向かう道すがらや、取引先への道の途中など、ちょっと歩みをとめて周りを見渡してみてはいかがでしょうか。
新たな発見があるかもしれません。

他にもこんな作品があります!

※この記事は2015/04/24時点のものです

気に入った記事はシェアしてください!

タイムズクラブお得なポイントがたまる・つかえる。入会金年会費無料

駐車サービス&クーポン たのしい街

立川パークアベニューエリアのその他のお店をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す