寝そべる巨大なスヌーピー

全長約8メートル!巨大スヌーピーに会える「スヌーピーミュージアム」に行ってみた
南町田(東京都)

2020/1/9 更新

気に入った記事はシェアしてください!

完全リニューアル!スヌーピーミュージアムの見どころを紹介!

2019年12月、南町田グランベリーパークに「スヌーピーミュージアム」がオープンしました!

ミュージアム外観

壁面のスヌーピーは1969年のコミックから引用

スヌーピーミュージアムは以前六本木にありましたが、この度、南町田グランベリーパークに移転し、約2倍の広さになってリニューアルオープン。

原作コミック「ピーナッツ」の作者チャールズ・シュルツ氏に関するコーナーのほか、複製原画や映像を通じてスヌーピーたちのエピソードを紹介するコーナーなど、ファンには堪らない、充実した展示内容となっています。

駅前にお座りする大きなスヌーピー

駅から施設まではスヌーピーが案内してくれますよ

実際にスヌーピーミュージアムを体験してきましたので、見どころを余すことなく紹介したいと思います!

※「南町田グランベリーパーク」をもっと知りたい方はこちら>アウトレットなど約240店舗!南町田グランベリーパークを散策してきた

\クルマならお土産もたくさん買える♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう 全国10,000ステーション以上

チケットは前売券を購入すべし!

スヌーピーミュージアムは日時指定のチケット制となっており、前売券と当日券が販売されています。

当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合のみ、ミュージアムの窓口にて販売するようなので、あらかじめ前売券を購入しておくことをおすすめします。

当日券の販売情報は公式サイトで確認できます。
公式サイト【https://snoopymuseum.tokyo/s/smt/media/list?ima=0000

前売券はイープラスで購入できます。当日券と比べ200円もお得です!
イープラス【http://eplus.jp/snoopy/

日時指定ですが、滞在時間に制限はないので、心ゆくまでゆっくり鑑賞できます!

スヌーピーたちが動く!? 『オープニング・シアター』

それでは実際に館内を見ていきましょう。

入館後1階で受付を済ませたら、まずは3階の「オープニング・シアター」に案内されます。

真っ白い壁で覆われた部屋の天井には、プロジェクターが数台設置されています。

白い壁に丸や三角や四角の凹凸

よく見ると壁に凹凸が…

いったい何が始まるんだろう、とワクワクしながら待っていると、部屋全体が暗くなりました。

それと同時に、プロジェクターが起動し、壁にはオリジナルのアニメーションが映し出されました!

壁の階段をそっと降りるチャーリー

シルエットにも注目!!

まずはチャーリー・ブラウンが登場!!

続いて、ほかの仲間やスヌーピーが登場しました!部屋を覆った壁全体を縦横無尽に動き回ります。

近くの壁を通るときは、本当にそこにいるかのようなリアリティさと、愛くるしい仕草に心を鷲掴みにされました!

カラフルになった壁にキャラクターたち

壁の凹凸を利用したプロジェクションマッピング

時間にすると3分ほどでしたが、このアニメーションだけで来た甲斐があったと思えるほどの作品でした。

期待感が最高潮になったところで、次のコーナーに移動します。

『チャールズ・シュルツ・ギャラリー』で作者の歴史を学ぼう

シアターを出るとすぐにあるのが「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」です。

ここでは作者チャールズ・シュルツ氏の創作の歴史を、写真や映像で振り返ることができます。

黒い壁に展示がある暗めの部屋

美術館のような厳かな雰囲気

壁にはシュルツ氏の子どもの頃の写真や兵役時代のスケッチブックが飾られているほか、中央にはシュルツ氏が実際に漫画を描く様子が映像で見られます。

写真には簡潔な説明が添えてあり、ちょうどいい情報量でシュルツ氏について知ることができました!

発見と癒しの常設展示『ピーナッツ・ギャング・ギャラリー』

次に鑑賞したのが「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」です。
※ピーナッツ・ギャング…スヌーピーをはじめ「ピーナッツ」に登場するキャラクターのこと

ここではコミック「ピーナッツ」に登場する12のキャラクターが紹介されています。

壁一面に漫画や大きなイラスト

先ほどの部屋とは打って変わり、明るい雰囲気

キャラクターごとの定番エピソードやトリビアについて、複製原画を通じて展示されていました。

キャラクターの意外な一面も知ることができ、愛着が増すこと間違いなし!

ライナスの紹介エリア

野球チームではセカンドを守る、ライナス!

「ピーナッツ」はアメリカの新聞で毎日連載していましたが、日曜だけはカラー版で掲載されていました。

このギャラリーでも当時の漫画さながら、モノクロ版とカラー版が展示されており、さらに新聞連載時の雰囲気が出るよう、ドットで描かれていました!

今と少し違う画風のカラー版

新聞の4色刷りも再現されています!

「ピーナッツ」を知らなくても、漫画を読んでいるような感覚で楽しむことができ、何度も訪れたくなるような心地よい部屋でした!

スヌーピーと写真を撮るなら『スヌーピー・テラス』

ミュージアムの3階には「南町田グランベリーパーク」を一望できるテラスがあります。

同じ方向を見る沢山のスヌーピー

人工芝が敷かれたテラスでちょっと休憩

テラスの壁一面には、スヌーピーの友人や親戚たちがたくさん !

迫力あるスヌーピーの壁画は見なきゃ損です。天候が悪くてもテラスに立ち寄りましょう!

真剣にクラブを握るスヌーピー

打ちづらそうなスヌーピー(笑)

テラス中央にはゴルフを楽しむスヌーピーの姿がありました。

壁画のスヌーピーと合わせて、フォトスポットとしてもおすすめです。

大迫力のスヌーピーたちがお出迎え!『スヌーピー・ルーム』

テラスを出てひとつ下の階にいきます。降りて最初の部屋に入ると、そこには…。

寝そべる巨大なスヌーピー

な、なにこれえええええええ!!!

でかい!とにかくでかい!でかすぎて、怖いぐらい!!

ここはミュージアムの新名所、全長約8メートルの巨大スヌーピーが展示されている、「スヌーピー・ルーム」です。

このスヌーピーは、ライナスの毛布の上で寝てしまったときの描写を再現しているそうです。それにしてもどうしてこんなに大きく…。

ほかにも、この部屋には計6体のスヌーピーのオブジェクトが展示されています。

色々なポーズや顔のスヌーピー

初めて見るスヌーピー!(写真右下)

ものまねをしたり、スケートをしたり、ユニークなポーズのスヌーピーがずらりと並ぶ様は圧巻です!

絵に描かれていない部分は、コンピューターを使い、3Dで検証・解析して作られたそうです。

ほっそりした顔のスヌーピー

表情の違いにも注目!

普段見ることのないアングルで鑑賞できるのも、この部屋ならではの楽しみ方ですね!

ただし、ここにある作品には、触れることが禁止されていますのでご注意ください。

ウッドストック好きには堪らない企画展示『ビーグル・スカウトがやってきた!』

次は企画展のコーナーにやってきました。ここでは半年ごとに展示テーマが変わるそうです。

白い壁と木の床のスッキリした展示室

2階にある企画展示室

今回は「ビーグル・スカウトがやってきた!」というテーマで、シュルツ美術館から借用した貴重な原画が展示されていました!

原画のアップ

修正液のあとや作業の汚れが見られるのも、原画ならではですね

スヌーピーのほかに、たくさんのウッドストックを見ることができました。スヌーピーの後ろを、ちょこちょこ並んで歩く様子がかわいい!

ウッドストック好きの方はお見逃しなく!

ピーナッツの世界が味わえる『ウッドストック・ルーム』

企画展を抜けると、全面が黄色一色の部屋にたどり着きました。

ここはウッドストックをイメージして作られた「ウッドストック・ルーム」です。

まあるい黄色の可愛いソファ

壁や柱は触るとふわふわで気持ちいい!

広々とした空間には、これまたウッドストック色のソファが設置されています。疲れた足を休ませるのにピッタリですね。

さらに、ここでは実際に手にとって読むことができる、ピーナッツの漫画が常置されています。

本の並びにウッドストックのイラスト

どの漫画を読もうか壁際を歩いていると、ウッドストックを見つけました!

ここまで観賞してきたことを漫画で振り返る、なんてこともできちゃいます!

温もりある雰囲気も相まって、つい長居したくなるような空間でした。

限定グッズが多数!『ブラウンズストア』

1階にはキャラクターのグッズが売っている「ブラウンズストア」があります。

タイヤがついた可愛い陳列棚

スヌーピーミュージアムに入館した人のみ利用できます

クッキーやラゲージタグや張り子など

ここでしか手に入らないグッズがいっぱい!

オリジナル商品をはじめ、人気ブランドとのコラボレーション商品など、豊富な種類の商品が勢揃い!

「これは今度来たときに買おう…」と思いつつも、気づけばカゴの中は、いっぱいになっていました(笑)。

「ブラウンズストア」で取り扱っているグッズについて、詳しく知りたい方は下記をご覧ください!

世界でひとつだけのグッズを作ろう!『ワークショップルーム』

ミュージアム内には、常設の「ワークショップルーム」が設けられています。

ここでは、スヌーピーのキャンドルやトートバッグ、オリジナルのぬいぐるみを作ることができます。

机に並んだトートバッグやがま口

さまざまな手作り体験ができます

ペレット(詰め物)の入っていない、くたっとしたスヌーピーもかわいかったです!

棚に並ぶ首輪と洋服とぬいぐるみ

好みの色の首輪やTシャツを取り付けることも!

ワークショップの内容は毎週変わるそうです。人気のコーナーは数日でチケットが完売になってしまうので、気になったらすぐに予約をしましょう。

ワークショップのチケットは、パスマーケットで購入できます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

見て、食べて楽しむ!『ピーナッツ カフェ』

ミュージアムに隣接するパークライフ棟には、“POTLUCKピクニック”(持ち寄りピクニック)をテーマとしたカフェがあります。

白と赤を基調とした可愛い店内

壁や椅子にはキャラクターのイラストが!

店内には、大きな赤い屋根のドッグハウスがあり、遊び心のある空間が広がっていました。

パンケーキやスキレット料理など

店内メニュー。食事系もデザート系もあります

「ピーナッツ・ギャング ピクニックボックス」にはレジャーシートがついているので、天気が良い日は隣接している鶴間公園で楽しむことができます!

黄色のシートにピクニックボックス

ピーナッツ・ギャングピクニックボックス2,420円(テイクアウト専用)

ピーナッツ カフェでは、食事のほかに、店内で使用しているオリジナル食器やタンブラー、お菓子などを販売。

「浮き星」はあられに砂糖蜜をかけたお菓子で、コンペイトウのようなかわいい見た目でしたが、中身があられなので甘さは控えめでした!

お菓子の缶とエアパックされた缶

フタはマグネットになっており、日用品としても活用できます!

こちらの「浮き星」はこのカフェオリジナルのエアパッケージに入れてくれるサービスもあり、記念としても、贈り物としてもおすすめです。

もっと遊びたいなら!『グランベリーパークアイスアリーナ』

グランベリーパーク内には冬季限定で「グランベリーパークアイスアリーナ」が登場!

カリフォルニアのシュルツ美術館の隣にも、シュルツ氏が建てたアイスアリーナがあるそうです。

赤い補助具に乗って遊ぶ子供たち

小さな子どもでも安心して遊べます

グランベリーパークを訪れた際は、スヌーピーやピーナッツ・ギャングに囲まれながら、スケートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

さいごに

以上、スヌーピーミュージアムの見どころ紹介でした。
子どもから大人まで楽しめる展示物が盛りだくさん!ぜひ、足を運んでみてくださいね。

アクセス&駐車場情報

【クルマでお越しの場合】
最寄りのICは東名高速道路・横浜町田ICで、そこから約3分で施設に到着します。

■駐車場:約2,000台
(平日2時間無料、休日1時間無料。施設の利用で平日最大6時間無料、休日最大5時間無料)

※南町田グランベリーパークの駐車場です。ミュージアム専用の駐車場はありません

\クルマならお土産もたくさん買える♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう 全国10,000ステーション以上

【電車でお越しの場合】
最寄りの駅は東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅で、改札から直結しています。

スヌーピーミュージアム

※この記事は2020/1/9時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

南町田のその他の施設をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す