ペンギンが空を飛ぶ!?リニューアルしたサンシャイン水族館に行ってきた
池袋(東京都)

2017/08/03 更新

気に入った記事はシェアしてください!

大幅リニューアルした「サンシャイン水族館」の全貌をお届け!

以前にもご紹介した池袋の定番スポット「サンシャイン水族館」

2017年7月に、そのサンシャイン水族館の屋外エリア「マリンガーデン」が大幅リニューアルしたと聞きつけ、再び参上!その全貌をいち早くお届けしたいと思います。

テンション上がってきたぞ~!

サンシャイン水族館への行き方

…とその前に。 サンシャイン水族館に行ったことがない方のために、簡単に行き方をご紹介します!

クルマの場合、首都高速5号線の東池袋出口に直結という好アクセス♪地下に駐車場があるので、利用しましょう。

電車の場合、最寄駅は東京メトロ有楽町線東池袋駅で徒歩約5分。都電荒川線東池袋四丁目停留所(徒歩約6分)や、池袋駅(徒歩約10分)からも行くことができます。

いざ水族館へ…!

チケットカウンターで入場チケットをゲットしたら、入口へ。リニューアルした屋外エリアに行く前に、屋内展示もご紹介したいと思います。

左側が水族館の入口。右側はプラネタリウムの入口になっています

水族館は2フロアに分かれていて、「マングローブの森」や「東南アジアの水辺」、「日本の清流」などさまざまなテーマを設けて展示しています。

平日にも関わらず、たくさんの方がいらっしゃっていました!

室内の展示で目を引くのは、“南国の浅い海”をイメージした「サンシャインラグーン」。240トンもの水を使ったこの大きな水槽の中には、なんと30種約3,000匹の魚が暮らしています!

水槽前にイスもあるので、座って魚を眺めることもできます

このサンシャインラグーンでおこなわれる水中パフォーマンスタイムは必見!ダイバーさんが水中マイクを使って、魚たちを解説してくれます。

※開催スケジュールは、公式ホームページをご覧ください

ダイバーさんがエサをまくと、姿が見えなくなるほど魚が集まってきます…!

ほかにも水族館には、カラダが透けている魚や驚くような姿をした魚など、見ているだけで楽しくなるような珍しい生き物がたくさん!

この生き物がサンシャイン水族館のどこにいるか探してみましょう!

中にはこんな生き物も…。

なんと“人”です!(笑)

水中パフォーマンスではなく、どうやらこちらの清掃中のスタッフさんも展示のようです…!

手を振ると振りかえす習性があるそうです

サンシャイン水族館にはこんな遊び心ある展示もありますので、隅々までチェックしてみてくださいね!

いよいよ、屋外エリア「マリンガーデン」へ!

屋内の展示をたっぷり楽しんだら、屋外エリアへ行ってみましょう!

今回リニューアルしたエリアは、アシカが頭上を気持ち良さそうに泳ぐ「サンシャインアクアリング」を抜けた先にあります。

写真奥にあるステージでは、アシカによるパフォーマンスも見られます

その全貌がこちら!
奥には大きな滝、青々とした芝生…ビルの屋上とは思えない自然あふれる空間が広がっています!

屋根も無いので、開放感があります

このエリアでは5つの展示を楽しむことができます。ひとつずつ見ていきましょう!

草原のペンギン

まずは心地良い水音を立てて流れる滝。こちらにいるのは、“水族館のアイドル”ペンギンです。

よく見てください、ペンギンエリアなのに氷がありません!

それどころか草が生えてるってどういうこと!?

こちらのペンギンは「ケープペンギン」という種類で、南アフリカ・ケープタウンの砂浜や草原に生息しています。

そのケープペンギンが暮らしている環境をイメージしているため、草原のような展示になっているのです。

氷が無くても生活できるんですね!驚きです

こちらでは見られるのは、ペンギン・フィーディングタイム。エサを食べるところを見られるだけでなく、ペンギンの生態について解説を聞くことができる時間です。

こんなに至近距離で見られます!

水族館で親しまれているペンギンですが、意外と知らないことが多いもの。ペンギンの知られざる一面を発見してみてはいかがでしょうか?

※イベントの開催時間は公式ホームページをご覧ください

天空のペンギン

ペンギンは“空を飛ばない鳥”と言われていますが、サンシャイン水族館では“空飛ぶペンギン”を見ることができるんです!

その“空飛ぶペンギン”が見られるのが、こちらの大きな水槽。

近付いてみると…

なんと正面から頭上まで、ひとつの水槽になっているではありませんか!

こ、これはすごい!

上を見上げると、空を飛んでいるかのように浮かぶペンギンが…

水中に潜っているような感覚になります

そして目の前には、都会の空を飛び交うように泳ぐペンギンが見られます!

この街並みは写真や映像ではなく、正真正銘本物の街。水槽の正面の壁が透明なアクリル板になっているので、空やビルが水槽越しに見えるんです。

シャッターチャンス!

ペンギン・ダイビングタイムでは、エサをめがけてものすごいスピードで泳ぐペンギンを見ることができます。

陸上をよちよち歩くペンギンとはまた違った、ワイルドな姿を垣間見るチャンス。ぜひご覧ください!

※イベントの開催時間は公式ホームページをご覧ください

カワウソたちの水辺

続いてはペンギンに負けない人気を誇る、カワウソに会いに行きましょう!

東南アジアの河川を中心に生息するコツメカワウソは、草むらを駆け、急流の中を泳いで生活をしています。こちらではそんなコツメカワウソの暮らしを見ることができます。

大きな岩や草があります

愛らしい仕草を見ているだけでも楽しめますが、やはり写真を撮りたくなりますよね?

しかし、かなりすばしっこく動き回るカワウソちゃんたち。うまく写真におさめるのはなかなか難しいんです…!根気強くチャレンジしてみてくださいね!

運が良ければ、こんなスリーショットを撮影できるかも♪(私も何度も失敗しました(笑))

きらめきの泉

マリンガーデンの中で私が一番おすすめしたいのが、こちらの「きらめきの泉」。少し珍しい、屋外にあるお魚の展示です。

この丸い水槽の中にいるのは…アロワナとドラド!アマゾン川に住む成長すると全長1mを超える巨大魚です。

悠然と泳ぐ姿は見ているだけでも癒されます

見どころは、アロワナ&ドラド・フィーディングタイム!

スタッフさんが長い竿にエサを付けて、水上に突き出していきます。しばらくすると…

バッシャーン!!

なんとアロワナがカラダをくねらせ、水上のエサに向かってジャンプするではありませんか!!

40cmもの高さを飛ぶこともあるんだそう!近くにいると、しぶきがかかるので要注意!

もともと水上の木々にとまった昆虫や小動物を獲って暮らしている、アロワナやドラド。このフィーディングタイムでは、その捕食の様子を見ることができます!

他の水族館ではなかなか見ることのできない貴重な光景です!

※イベントの開催時間は公式ホームページをご覧ください

天空パス

さきほどから気になっていたのが、頭上にある“水が流れる道”。

「涼しげなディスプレイだなぁ」なんて眺めていたら…

なにかを発見!!

と、鳥!?

この鳥の正体は、モモイロペリカン。

歩いたり水遊びをしたり…気ままに暮らすペリカンを下から観察できる展示だったんです!

少し離れると、全身も見られます

ペリカンと言えば大きな喉袋が特長ですが、これが膨らんでいるのを見たことがありますか?

ペリカン・フィーディングタイムではモモイロペリカンが喉袋を大きく膨らませ、長いくちばしで水中のエサを食べる様子を見ることができるんです!

※イベントの開催時間は公式ホームページをご覧ください

喉袋を網のように使ってエサを捕らえます

カフェにも新メニューが登場!

お腹が空いたら、同じ屋外エリアにある「kanaloa café(カナロア カフェ)」へ。ここにも新たに加わった新メニューがあるんです!

南国リゾートな雰囲気漂うカフェです

この日私が注文したのは、「カワウソハヤシライス」(800円)と「トロピカルフローズン」(500円)。

ハヤシライスはカワウソを形取ったライスに、甘く煮た黒豆で目と鼻を表現。つぶらな瞳に見つめられると、食べるのがかわいそうになってきてしまいます。(笑)

ライスの量も程良く、ハヤシソースは甘くマイルドにつくられているので、お子さまにもおすすめです!

デザートには「トロピカルフローズン」を。凍ったフルーツが4~5種類入った、さっぱり系スイーツです。

この日入っていたのはレモン・マンゴー・グレープフルーツ・メロン・ぶどうの5種類。フレッシュレモンの酸味は元気が出ますよ!

はじめはカチカチでしたが、ハヤシライスをいただいているうちに程よい硬さに。食べる前に少し時間をおくといいかもしれません!

冷たいフルーツが口の中で少しずつ溶けて、まるでシャーベットのような味わい。甘みを足していないので、フルーツ本来の甘酸っぱさが楽しめますよ!

※最新のメニュー・内容は公式ホームページをご確認ください

夜もおすすめ!パワーアップしたサンシャイン水族館に行ってみよう

生き物たちが暮らす“自然に近い環境”をイメージしてつくり、ありのままの姿を間近で見ることができるようになった、今回のサンシャイン水族館屋外エリアのリニューアル。

水族館でよく親しまれている生き物も、これまで見たことがない一面を見られるかもしれませんよ!

今回は日中にお邪魔しましたが、夜には辺り一帯がライトアップし、幻想的な光で包まれ、昼とはまた違った雰囲気が味わえるのでおすすめ!

水の揺らめきも輝いて素敵♪デートにピッタリです

都会の水族館であることを忘れてしまいそうなほど自然に満ちたサンシャイン水族館。週末のお休みはもちろん、お仕事帰りにもぜひお出かけください!
※夜間営業は春・夏季期間のみ。詳しい日程・営業時間は公式ホームページをご確認ください

※この記事は2017/08/03時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す