秋川渓谷川沿いにチェア

ハイキングに川遊び!秋川渓谷のおすすめスポット6選
あきる野(東京都)

2021/10/14 更新

※お出かけの際は、新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため、3密を避け、手洗い・アルコール消毒・咳エチケットを心掛けましょう。また遠方へ行かれる場合は、移動手段の選択にもご配慮ください。
※お住いもしくはお出かけ先の地域で緊急事態宣言や移動自粛要請が出されている場合は、不要不急の外出、都道府県をまたぐ移動は控えましょう。

※情報は更新日時点のものです。施設や店舗の営業状況が変更されている場合があります。最新の情報は各施設や各店舗の公式ホームページでご確認ください。

気に入った記事はシェアしてください!

都心から約60分!自然あふれる「秋川渓谷」

東京・あきる野市にある「秋川渓谷」は、東京都内とは思えないほど自然豊かな場所。川と山の四季折々の景色が楽しめ、ハイキングやトレッキング、キャンプにも人気のエリアです。

今回は、そんな秋川渓谷のおすすめスポットを厳選してご紹介したいと思います!

マイカーが無い場合はカーシェアで!

秋川渓谷は駅から離れているスポットが多いので、クルマで行くのがおすすめです。マイカーをお持ちでない方は、タイムズカー(カーシェア)を利用してみてはいかがでしょうか?
※事前にタイムズカー(カーシェア)の個人会員登録が必要です

新型コロナウイルス感染症対策

秋川渓谷の各所では、消毒液・アクリル板の設置、小まめな換気など、新型コロナウイルス感染症対策が行われています。

行かれる際はマスクを着用し、密にならないように他の人との距離を保ちながら楽しみましょう!

【1】秋川の渓谷美を堪能!「石舟橋」

まずご紹介するのは、檜原街道・十里木の近くにある「石舟橋(いしぶねばし)」。

石舟橋は秋川にかかる全長96mの吊り橋で、秋川渓谷のシンボル的存在の橋です。

秋川にかかる石船橋

上流は穏やかなせせらぎ、下流は岩場の景色が楽しめます

橋は歩行者専用で、高さは12m。高所恐怖症の方にはちょっと怖いかもしれませんが、コンクリート造りなので揺れはあまりなく、安定感があります。

まっすぐ続く石船橋

写真撮影のスポットとしても人気の場所です

橋の上からは、渓谷ならではの山と川の風光明媚な景色が!眺めていると、東京にいることを忘れてしまいそうです。

眼下に広がる静かな川と森

澄んだ空気と水、川の音と鳥のさえずり…心が癒されます

秋川渓谷は紅葉の名所としても知られていて、例年11月中旬〜12月上旬が見頃。その時期になると、石舟橋からもキレイな紅葉の景色が見られますよ。

色鮮やかな木々に囲まれる石船橋

赤や黄色の葉が渓谷を彩ります

なお、檜原街道側から橋を渡り、少し散策路を歩くとすぐに「秋川渓谷 瀬音の湯」に着きます。温泉だけでなく物産販売所やレストランもありますので、合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

木漏れ日の散策路

このような散策路を抜けると瀬音の湯に出ます

◆開放時間:常時開放
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約20分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(十里木で下車し徒歩約6分)
◆駐車場:十里木駐車場(無料)※徒歩約7分

【2】ハイキングを楽しむ!「城山」

秋川渓谷は登山初心者でも登りやすい低山が多く、若い方から年配の方まで、多くのハイカーから人気を集めています。

都立秋川丘陵自然公園地図看板

ハイキングやトレッキングにピッタリな山が数カ所にあります

弁天山(標高292m)、金比羅山(標高468m)などがありますが、今回ご紹介するのは、戸倉エリアにある標高434mの「城山(しろやま)」。

城山は十里木の登山口から登れば岩場や危険な箇所は少なく、初心者の方にもおすすめの山です。

緩やかな坂道から始まる登山口

十里木バス停のすぐ後ろに登山口があります

登山口から山に入ると、まずはこのような竹林に囲まれた道に出ます。道に沿って、真っ直ぐ進んでいきましょう!

細身の木と竹が立ち並ぶ竹林

和の趣を感じる道です

竹林を進んで行くと、続いて本格的な山道にぶつかります。スニーカーでも登れますが、できればトレッキングシューズがあると良いと思います。

木々がひしめく根が多く張った山道

山道をひたすら登っていきます!

山頂までは平坦な道がほとんどなく、大半が登り道。普段、あまり運動をしない方には少しきついかもしれません。私はところどころで小休憩を挟みながら登りました!

なお、山道の分岐にはそれぞれ木の道標がありますので、きちんと確認しながら進んで行きましょう。

城山山頂の小さな道標

城山山頂の道標が見えてきたら、あともう少しです

十里木の登山口から山道を登り続けて約35分、城山の山頂に到着!一気に視界がひらけて、パノラマの景色が眼下に広がります。

城山山頂にあるベンチと木の頂上標

城山山頂。ベンチがあるので休憩もできます

山頂からは秋川や秋留台地が見渡せ、空気が澄んだ晴れた日には遠くに東京スカイツリーや都心のビル群も見えますよ。

城山山頂からの広大な景色

爽快感のある景色が楽しめます!登った甲斐がありました

城山は実はその昔、「戸倉城(とくらじょう)」というお城があった場所でもあります。ところどころにその名残りがありますので、探してみてくださいね。

ちなみに、山頂付近にはトイレもあります。ただ、紙は備えつけがないので忘れずに持参しましょう!

和式トイレの外観

水洗ではなく和式の落下式トイレです

服装について

カジュアルな服装+スニーカーでも登れますが、服は綿ではなく速乾性のある化学繊維を選ぶようにしましょう。また、温度調節がしやすい、レイヤードスタイルがおすすめです。

縦走をする場合は、登山用の装備をし、山地図も持参した方が良いと思います。

◆所要時間目安:登り約30〜40分、下り約30分
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約25分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(十里木で下車)
◆駐車場:十里木駐車場(無料)※徒歩約2分
◆荷田子峠に縦走も可能
◆西戸倉と光巌寺(岩場・急斜面あり)にも登山口あり※西戸倉からが一番登りやすいですが、クルマで行く場合は十里木駐車場から近い十里木登山口から登るのがおすすめ

【3】川遊びとバーベキューができる!「リバーティオ」

あきる野市〜檜原村には多摩川の支流である秋川が流れていて、様々な場所から川におりて遊ぶことができます。

※秋川渓谷の河原は、バーベキュー場や公園、宿泊施設などが管理している場所になります

木々に囲まれ石が敷き詰められた川辺

泳いだり、生き物を観察したり…遊び方は色々!

今回ご紹介するのは、あきる野の小和田地区にある「リバーティオ」。2015年にオープンした、秋川沿いのキレイな施設です。

リバーティオの看板

宿泊施設ですが、河原は日帰り利用(有料)ができます

雨量などにもよりますが、リバーティオを流れる川は、全体的に浅め。川遊びがはじめてのお子さまにもおすすめなんです!
※場所によっては深いところもあります。必ず目は離さないようにしてください

静かに流れる川の流れ

川の流れもゆるやかです

川は水が透き通っていて、とにかくキレイ!泳がなくても、足や手をつけたり、のんびり眺めているだけでも癒されます。

川底の石に伸ばす手

透き通っているので川底の石がよく見えます

リバーティオはキレイなトイレのほか、温水シャワールームも併設。川で泳いだ後にこちらでシャワーを浴びて着替えができますよ。

綺麗なトイレやシャワールーム

シャンプー・リンス・ボディソープはないので持参しましょう

川遊びのピークは、7月〜8月頃。少し水は冷たいですが5月・6月・9月頃もおすすめです!

魚釣り

リバーティオの川では、釣りも楽しめます。釣り具は持ち込み可能ですが、レンタルもできますよ。

竹釣竿セットと遊漁券

竹釣竿(仕掛けセット)レンタル400円、遊漁券500円

時期にもよりますが、アユやマス、ヤマメなどの川魚が釣れるそうです。

※リバーティオに限らず、秋川渓谷で釣りをする場合は必ず遊漁券が必要です(コンビニや商店、キャンプ場などで購入可能)

バーベキュー

リバーティオでは、河原でバーベキューをすることもできます。コンロなどはレンタルでき、食材(要事前予約)も用意してもらえるので手ぶらで来てもOKです!

管理棟外観

こちらの管理棟で必要なものを借りられます

機材の運搬・火起こしはセルフになります。仲間や家族と協力して、バーベキューの過程を楽しみましょう!

火起こし前の炭

トーチバーナー、送風機を持参するとスムーズです

火が起きたら、いよいよバーベキュー開始!リバーティオで提供しているお肉は、秋川渓谷の老舗精肉店「松村精肉店」のもので、新鮮でおいしいですよ。

網で焼かれるお肉と野菜

川を眺めながらのバーベキュー、最高です!

お肉は地元の高級ブランド黒毛和牛「秋川牛」もオプションで追加できますので、ぜひ食べてみてくださいね。

ちなみにリバーティオにはバーベキューハウスがあり、こちらでバーベキューをすることもできます。雨の日や手軽にバーベキューを楽しみたい方は、利用してみてはいかがでしょうか?

バーベキューハウス内

ハウス内はガスコンロ・鉄板でのバーベキューになります

宿泊コテージ

秋川渓谷をゆっくり満喫するなら、泊まりがおすすめ!リバーティオにはログハウスコテージが 10棟あり、1棟につき8名の宿泊ができます。

ログハウスコテージ外観

宿泊料金は6名まで1棟39,720円〜※人数、時期により料金が異なります

コテージはすべて、冷暖房・TV・キッチン設備・冷蔵庫・洗濯機・ドライヤー・お風呂・トイレが完備。フリーWi-Fiもあり、設備が充実しています!

ログハウスコテージ内装

ロフトタイプなので、広々と使えます

コテージの天窓からは、星空を見ることも。部屋にいる時も、秋川渓谷の大自然を感じることができますよ。

なお、コテージは食材の持ち込みOK。クルマで約5分のところにスーパーがありますが、リバーティオの管理棟に飲み物やレトルト食品などが売っている売店もありますので、利用してみてくださいね。

※夏休みシーズンはすぐに埋まってしまいますので、早めの予約がおすすめです

■アメニティ
リンスインシャンプー、ボディソープ、スリッパ
※歯ブラシは50円、フェイスタオルは100円で販売。バスタオルは270円でレンタル可

◆日帰り施設利用料:
【河原】大人800円、子ども400円
【バーベキューハウス】大人1,200円、子ども600円※BBQ食材をこちらで注文する場合は、施設利用料金は掛かりません
◆当日受付可(繁忙期は予約がおすすめ)
◆飲食物・食材の持ち込み可、機材レンタルあり、河原のみ機材の持ち込み可、マキ・炭は売店で販売
◆営業時間:9:00〜16:00
※チェックインは14:00〜18:00の間
◆定休日:年中無休。冬も利用可
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約15分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(五日市高校で下車し徒歩10分)
◆駐車場:60台(1,100円)
◆犬の同伴可(室内は原則的に入室不可)

秋川渓谷 リバーティオ

リバーティオ全景

【4】古民家で素敵なランチ・ディナーを!「黒茶屋」

秋川渓谷には、イタリアンレストランやおそば屋さん、カフェなど飲食店が何軒か点在しています。

おすすめは、檜原街道から本郷通りに入った場所にある、「黒茶屋」。旬の食材を使用した山里料理が味わえる、秋川渓谷の人気店です。

黒茶屋外観

日本情緒を感じるお店です

建物は、江戸時代の庄屋造りの古民家を移築したもの。高級感がありながらも、どこか懐かしいほっとする雰囲気です。

黒茶屋のテーブル席

テーブル席と堀ごたつの席があります(個室もあり)

食事メニューはコースのみで、5,720円〜。川魚や季節の素材を生かした料理、朴葉焼きまたは炭火焼きでお肉などが楽しめます。※夏季は朴葉焼きのみ

カゴに盛られた前菜や川魚など

こちらは国産牛をメインにしたコース・あじさい6,930円※別途奉仕料10%が掛かります

なお、お店のドレスコードは特にありません。ハイキングの帰りに立ち寄っても大丈夫ですので、計画に入れてみてはいかがでしょうか?
※人気店なので、予約がおすすめです

茶房 糸屋、野外テラス 水の音

黒茶屋には、ちょっと休憩するのにピッタリなカフェもあります。

こちらの「茶房 糸屋」では落ち着いた雰囲気の中、コーヒーや紅茶、甘味などを味わえますよ。

茶房糸屋店内席

建物は大正時代の木造建築。大正浪漫を感じます

また、糸屋では茶房の他にテイクアウト用のお弁当などの販売も。テイクアウトしたものは糸屋から坂を下った川べりにある「野外テラス 水の音(みずのね)」など、黒茶屋の敷地内で食べられます。

テラス席から見る秋川渓谷

野外テラス 水の音。目の前には秋川渓谷の絶景が!

こちらでコーヒーなどのドリンクや甘味を楽しむこともできますので、川のせせらぎや外の風を感じながら、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、野外テラス 水の音から秋川が流れる河原におりることもできますので、ぜひ散策してみてくださいね。

秋川渓谷の川の流れ

秋川渓谷を存分に堪能できます!

おみやげ処やおやき屋もあります

黒茶屋には他にも、地元の珍味や民芸品が並ぶ「おみやげ処 水車」、かき氷(夏季)や自家製やき芋にバニラアイスをトッピングした和スイーツ(冬季)などを販売する「楽庵」、おやきの専門店「おやき屋 竹庵」もあります。

おみやげ処やおやき専門店など

(左上)楽庵、(左下)水車、(右)竹庵

きなこと黒蜜のかかったアイスと芋

楽庵の「焼き蜜芋バニラアイスのせ」1,000円

ぜひ、こちらにも立ち寄ってみてくださいね。

◆営業時間:
「黒茶屋母屋」ランチ11:00〜15:00受付、ディナー17:00〜19:00受付 21:00閉店
「糸屋」11:00〜16:30(L.O.16:00)
「水の音」平日12:00〜16:00、土日祝11:00〜17:00(冬期休業)
「水車」平日11:00〜16:00まで、土日祝11:00〜20:00
「楽庵」平日11:00〜16:00、土日祝11:00〜18:00
「竹庵」平日11:00〜16:00、土日祝11:00〜20:00
◆定休日:火曜(祝日の場合はその翌日)
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約15分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(西小中野で下車し徒歩2分)
◆駐車場:約50台(無料)

【5】神秘的な洞窟の中を探検!「大岳鍾乳洞」

続いてご紹介する秋川渓谷のおすすめスポットは、大岳山麓にある「大岳鍾乳洞(おおたけしょうにゅうどう)」。

鍾乳洞とは石灰岩でできた洞窟のことで、こちらでは洞窟の中を冒険気分で散策できます!

併設された売店と休憩所

まずはこちらで受付をし、ヘルメットを借ります

鍾乳洞の中へは、ヘルメットをかぶって入ります。足がすべりやすい場所もありますので、靴はスニーカーなど歩きやすいもので行きましょう。(ヒールで来てしまった場合などは、受付で靴をレンタルできます)

ヘルメット装着で岩場を登る女性

屈んだりしながら、起伏に富んだ洞窟内を進みます!

洞窟内は1周約300mで、所用時間は約20分〜30分。洞窟内には様々な乳華や鍾乳石がありますので、見ながら進んで行きます。

鍾乳洞内マップ

鍾乳洞内のマップ。鍾乳石にはそれぞれ名前がつけられています

なかには、貴重なウミユリ(深海に棲むヒトデやウニの仲間)の化石もありますので、ぜひ探してみてください!

化石海百合の看板

昔、このあたりは海だったのかもしれないですね

なお、大岳鍾乳洞には通常コースよりハードな「チャレンジコース」もあります。全長26mで、所用時間は約5分。天井が低く狭い道になっていて、終盤には60cmの穴をくぐるという難関が待ち受けています!

より冒険気分を味わいたい方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

キャンプ場

大岳鍾乳洞にはキャンプ場もあり、キャンプを楽しむこともできます。

自然豊かでとても静かな場所で、ひとりキャンプにもおすすめですよ。

緑豊かなキャンプ場

夏場は川遊びも楽しめます!

キャンプ場はフリーサイトで、クルマの乗り入れもOK。テントや荷物の運搬もスムーズにできますよ。

ちなみに、テントや機材などのレンタルはありませんので、道具類はすべて事前に用意して持ち込むようにしましょう。

◆鍾乳洞見学料金:大人600円、小・中学生400円、幼児(3歳以上)200円
◆キャンプ料金:入場料500円、テント設営費1張1,500円、タープ設営費1張り1,000円
◆営業時間:9:00〜16:00(鍾乳洞、キャンプ場管理棟)※季節や天候により変更あり
◆定休日:毎週木曜(祝日の場合は営業)
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約40分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(大岳鍾乳洞入口バス停で下車し徒歩26分)
◆駐車場:30台(無料)※キャンプ場を利用の場合は1,000円掛かります
◆フリー Wi-Fiあり

大岳鍾乳洞・大岳キャンプ場

大岳鍾乳洞看板

【6】リピーターの多い人気温泉!「秋川渓谷 瀬音の湯」

さいごにご紹介するのは、秋川渓谷の温泉施設「瀬音の湯(せおとのゆ)」。

連日ハイキングやトレッキング帰りの方、観光の方などで賑わう、人気の日帰り温泉スポットです。

瀬音の湯外観

石舟橋のすぐ近くにあります

瀬音の湯があるのは、秋川と養沢川の合流点。露天風呂では川の音を聞きながら、緑に包まれた温泉に浸かれますよ。

緑が眼前に広がる露天風呂

都会の喧騒を忘れてリフレッシュできます!

内湯には大きな窓があり、内湯の浴槽からもスギやヒノキなど秋川渓谷の緑を眺めることができます。

壁一面の大きな窓

窓からの景色はまるで風景画のよう

源泉は地下1,500mから湧出している十里木・長岳温泉で、泉質はアルカリ性単純硫黄温泉。ほのかに硫黄の香りがする、滑らかな肌ざわりのお湯です。

岩場から湧き出る透明なお湯

効果・効能はリウマチ、冷え性、腰痛など

アルカリ度の高い温泉は「美肌の湯」とも言われていて、お風呂あがりはお肌がしっとりしますよ!

なお、瀬音の湯には貸切風呂もあり、こちらでも温泉を楽しむことができます。

大きな窓がある貸切風呂

1時間あたり1,000円+入浴料で利用可能※要予約

プライベートな空間でゆっくりしたい方は、利用してみてはいかがでしょうか?※東京都の条例により10歳以上の男女の混浴は不可

宿泊コテージ

瀬音の湯では温泉の日帰り利用だけでなく、別荘のようなコテージに宿泊することも!

立ち並ぶ宿泊コテージ

温泉棟より50mほど離れた場所に宿泊コテージがあります

コテージは、平屋建バリアフリーの「デラックスタイプ」と2階建「メゾネットタイプ」の2タイプ。

どちらも冷暖房・TV・キッチン設備・冷蔵庫・ドライヤー・お風呂・トイレが完備。ベッド・ソファもあり、快適に過ごせますよ。

大きなベッドやソファが置かれた部屋

落ち着きのある、モダンな内装です

平日は朝食付きで1泊8,000円〜と、リーズナブル!土日や休日前も1万前後で宿泊できますので、チェックしてみてくださいね。

物販販売所

瀬音の湯には物産直売所「朝露」も併設されていて、地元農家の直売野菜やあきる野の名産などを買うことができます。

野菜が沢山並んだ朝露店内

野菜はどれも新鮮で手ごろな価格!

お菓子などお土産にピッタリなものもたくさんありますので、ぜひこちらも立ち寄ってみてください!

※瀬音の湯について、さらに詳しいレポートは下記の詳細を見るボタンからご確認ください

◆入浴料金:大人(中学生以上)900円、子ども450円(小学生)※タイムズクラブ会員証の提示で割引あり。詳しくはこちら
◆タオルはレンタル無し。バスタオル500円、浴場タオル250円で販売
◆営業時間:10:00〜21:00(20:30受付終了)
◆アクセス:圏央道・あきる野ICより約30分、電車の場合は武蔵五日市駅より路線バス利用(秋川渓谷瀬音の湯もしくは十里木で下車※十里木から徒歩約10分)
◆駐車場:135台(無料)
◆サウナ・休憩処・和食レストランもあり

秋川渓谷は一年中楽しめます!

以上、秋川渓谷のおすすめスポットをご紹介しました。

秋川渓谷は、春はヤマザクラやシダレザクラ、夏は新緑や川遊び、秋は紅葉、冬は雪景色など、どの季節に行っても楽しめると思います。

また、秋川渓谷には今回ご紹介した以外にも、マス釣り場や払沢の滝、東京サマーランドなど見どころがまだまだあります。

観光やドライブの目的地として、訪れてみてはいかがでしょうか。

※この記事は2021/10/14時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

※お出かけの際は、新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため、3密を避け、手洗い・アルコール消毒・咳エチケットを心掛けましょう。また遠方へ行かれる場合は、移動手段の選択にもご配慮ください。
※お住いもしくはお出かけ先の地域で緊急事態宣言や移動自粛要請が出されている場合は、不要不急の外出、都道府県をまたぐ移動は控えましょう。

※情報は更新日時点のものです。施設や店舗の営業状況が変更されている場合があります。最新の情報は各施設や各店舗の公式ホームページでご確認ください。

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

あきる野エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

東京都の記事一覧へ

都道府県で探す