キリンの正面アップ

柵の中に入れちゃう!?ドキドキのナイトズーも!埼玉県こども動物自然公園で動物に大接近!
東松山(埼玉県)

2016/08/04 更新

気に入った記事はシェアしてください!

動物と近すぎ!?

突然ですが、まずはこちらの写真を見てください。

ワラビーのいる小屋

………

ここ、どこだか分かりますか…?

人里に野生の動物が入ってきた…わけではなく、実はここは埼玉にある動物園の一角なんです!

そして、人のいるところに動物が入ってきたのではなく、動物たちのエリアに人間のほうがおじゃましている状態なんです…!

ワラビーのアップ

くつろいでいるところ、おじゃましました…

今回は“動物に接近でき過ぎる動物園”、「埼玉県こども動物自然公園」を皆さまにご紹介したいと思います!

「埼玉県こども動物自然公園」アクセス

「埼玉県こども動物自然公園」は、埼玉の東松山市にあります。都内からは関越自動車道利用で、約1時間15分くらいです。

動物のシルエットがあるゲート

動物園入口。駐車場は800台とめられます

電車の場合は、東武東上線高坂駅西口からバスを利用しましょう!

※入園料は大人510円、小人(小・中学生)210円、小学校就学前は無料です

動物との距離がとにかく近い!

冒頭でも触れましたが、こちらの動物園はとにかく動物との距離が近いんです。檻や柵はあまりなく、基本はロープ1本で区切られているだけ。また、すべての場所ではありませんが、動物の柵に入れるエリアも!

見どころは色々とあるのですが、まずは“動物との距離が近すぎるスポット”をお届けしたいと思います!

マーラ放し飼いの案内

マーラはなんと園内で放し飼い…!

【動物と近すぎスポット1】ペンギンがひしめく“ペンギンヒルズ!”

皆さん、ペンギンはお好きですか?

好きという方にも普通という方にもおすすめしたいのが、こちらの“ペンギンヒルズ”!

緑の丘に挟まれた道

ペンギンヒルズ。広い敷地には小高い丘があります

人が歩くエリアとペンギンを仕切るロープがありますが…そのロープを越えてペンギンが道路に出てくることもあり、ほとんど人と動物との境が無いんです!

ロープをくぐるペンギン

ひょっこり現れたりします

こちらには約33羽のフンボルトペンギンたちが暮らしており、ペンギンの生活圏に人間がおじゃましている感じです。ここまでペンギンを間近で見られるのは珍しいですよね!

ペンギンヒルズ内には大きなプールもあり、泳ぐ姿を観察することもできますよ。

プールでくつろぐペンギン達

ペンギン専用の大きなプール。遠浅になっています

プールに浮かぶペンギン

外からプールの中を見ることも

気持ち良さそうですね!

また、毎日10時15分と13時半にはペンギンのランチタイムがあり、ペンギンに直接ご飯(さかな)をあげることができるんです!1回300円で体験できるので、参加してみてくださいね。

集まるペンギン

ランチタイムになると飼育係さんのところに集まってきます

エサをもらうペンギン

木の囲みの中からご飯(さかな)をあげます。みんな食欲旺盛!

そして注目してほしいのが、飼育係さんが行う“本気”のランチタイム。どのペンギンがどれだけ食べたかをカウントしながらご飯(さかな)をあげていきます。

飼育員さんとペンギン

ペンペン、オーシャン…などとご飯(さかな)を食べたペンギンの名前を呼びあげていきます

パッと見ただけで個々のペンギンの名前がわかるのがすごいですよね!翼に個体識別のカラーがついていますが、お腹などの模様だけでもわかるそうです。

なお、ペンギンによって体の色が違うのは、羽の生え代わりの時期がそれぞれ違うからだそう。

3匹のペンギン

羽がモサモサだったり、茶色だったり、黒いコがいました

夏が近くなると順々に羽が抜けかわり、黒いペンギンが増えるみたいです。ぜひ、体の色にも着目してみてくださいね!

ペンギンの後ろ姿

たたずむペンギン。後ろ姿もキュートです

ちなみに、不定期で“ペンギンキャンプ”というペンギンヒルズの中に寝泊まりできるイベントも開催されているそう。ペンギン好きにはたまらないですね!次の開催はまだ未定ですので、こまめにホームページをチェックしてみてくださいね。

【動物と近すぎスポット2】小動物やヤギとふれあえる“なかよしコーナー”

続いての“動物と近すぎ”スポットは、ウサギやモルモット、ヤギなどとふれあえる“なかよしコーナー”。

ウサギとモルモットたち

もふもふ…。モルモットとウサギがいっぱい!

飼育係さんの指示に従い、さわったり抱っこしたりしてみましょう!

茶色い大きなウサギ

すごい美人のウサギがいました

連れて帰りたくなるくらいの可愛さです!なお、ウサギ&モルモットとふれあえるのは時間制なので、あらかじめ時間をチェックしておくのがおすすめです。

ヤギやヒツジ・ブタなどは、“なかよしコーナー”内の柵の中にいます。なんと、こちらは人間も柵の中に入ることができるんです!

押すと入れるゲート

ここからヤギなどがいるエリアに入ります

柵の中では、ヤギが寝ていたり、エサを食べたりしていました。とにかく距離が近いのが驚きです!人に慣れているヤギが多いようで、近づいても逃げません。

くつろぐヤギ

暑かったためか、じっとしていました

茶色いヤギのアップ

木陰で涼むヤギ。近づいても動じません!

エサを食べる白いヤギ

お食事中のコヤギを接写

ヤギだけでなく、ブタやトリなどの動物も同じエリアをうろうろしていました。

道を歩くブタ

なんだかベイブを思い出しました

ちなみに、動物が嫌がったり逃げたりしなければタッチしてもOKです!入り口にはヤギ用のブラシも置いていますので、ブラッシングにも挑戦してみてくださいね。

【動物と近すぎスポット3】カピバラとワラビーのワンダーランド“カピバラ&ワラビーひろば”

次にご紹介する近すぎスポットは、園内の奥にある“カピバラ&ワラビーひろば”。

厳重にロックされた扉

扉は二重扉。動物を逃がさないように気をつけましょう

こちらの広場では、カピバラとワラビーを観察することができます。

泳ぐカピバラ

冬はカピバラ温泉、夏はカピバラプールがあります

カピバラのアップ

気持ち良さそうです♪

なお、カピバラのエリアには柵がありますが、ワラビーがいる場所にはロープが1本あるだけ。ロープを越えて出てくることも多く、かなりの確率でワラビーと接近できます。

ロープをくぐるワラビー

くぐったり飛んだりして人のいる道まで出てきます

3匹のワラビー

日影でまったり中のワラビー

また、冒頭でもご紹介しましたが、観察小屋のようなところがあり、そこでワラビーがくつろいでいることも。

小屋の中のワラビー

ワラビーと一緒に休憩できます

珍しい光景ですよね…!ぜひ、こちらの動物園に来られた際には立ち寄ってみてくださいね。

【動物と近すぎスポット4】牛の乳搾り体験ができる“乳牛コーナー”

動物園では、展示搾乳場で乳牛の乳搾り体験も行っています。

乳搾り体験会場

小さなお子さまも興味津々!乳搾り体験ができるのは11時、13時、14時半~(30分間です)

牛を近くでみて見ると、本当に大きいですね…!どなたでも無料でできますので、気軽に参加してみてくださいね。

乳搾りの様子

リズミカルに搾りましょう

また、体験の時間に行けなかった…という方のために、牛の乳搾りが疑似体験できる展示が常設してあります。

エア乳搾りの機械

その名も“エアちちしぼり”!

気分だけでも味わってみてはいかがでしょうか!?なお、毎月第2日曜にはバター作り体験も開催していますので、そちらも体験してみてくださいね。

【関連情報】
▼そのほか埼玉のおすすめスポットを紹介▼

日帰りで楽しめる!埼玉おすすめ観光スポットまとめ

珍しい動物もいます!

“動物に近づける”というほかに、“珍しい動物がいる”というのもこちらの動物園のポイントです。中には、その動物だけを目当てに来られるお客様もいるんだとか!

こちらの“ハダカデバネズミ”も、熱烈なファンが多いそうです。

ハダカデバネズミ

“ハダカデバネズミ”。名前の通り、毛がなく出っ歯なネズミです
※2019年2月現在、小動物コーナーはリニューアル中です

うーん、なんとも言えない不思議な生き物です!アリや八チのように社会性を持っており、研究の対象にされている人も多いそう。

私が個人的におすすめなのは、“フェネック”というキツネの仲間!

犬みたいなフェネック

“フェネック”。この日は寝ていました

犬と猫の良さが合わさったような感じで、可愛いんです!臆病な性格なので、見る時はそっと音を立てないようにしましょう。

こんな変わった名前のネコもいます。

マヌルネコの看板

“マヌルネコ”。イラストがリアルです!

“マヌル”とは、モンゴルの言葉で“小さいヤマネコ” という意味で、最古のネコ科だそうです。

眠るマヌルネコ

ZZZZZ。お休み中でした

モフモフ&ずんぐりとしたルックスが愛らしいです!ネコ好きの方はお見逃しなく…!

また、変わったネコだけではなく、イヌもいます。

ヤブイヌの看板

“ヤブイヌ”。イヌ科の中でもっとも古いそう

残念ながら、この日はどこかに隠れてしまったのか、姿を見つけることはできませんでした…。次回来た時にリベンジしたいと思います。

みんなのアイドル☆コアラやレッサーパンダも!

珍しい動物をご紹介しましたが、埼玉県こども自然動物公園にはアイドル的存在のメジャーな動物もいます。

木でくつろぐコアラ

みんなのアイドル、コアラ。よく見ると赤ちゃんコアラを抱えています

舌を出すレッサーパンダ

てへぺろ!レッサーパンダのミンミンくん

キリンの親子

キュートな瞳の親子キリン

園内は広いですが、ぜひ、こちらの動物たちも見てみてくださいね!

夜の動物たちが見られる“ナイトズー”!

そして、こちらの動物公園では毎年、期間限定で“ナイトズー”が開催されています。

ナイトズー開催日は、開園時間が午後9時まで(入園は8時まで)延長になります。昼とは違う動物の一面が見られますよ!

夜の入園ゲート

ナイトズーの期間は入口もライトアップされます!

夜の動物園ってなんかワクワクしますよね。毎年8月の土日に開催しています。最新の開催日程はホームページをチェックしてみてくださいね。

ぶらさがるナマケモノ

活発に動く夜のナマケモノ

夜のコアラ

コアラの貴重な夜の姿も見られます

ナイトズー開催中はビンゴ大会や音楽ライブなどのイベントも行われます。詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。

動物以外にも見どころ盛りだくさん!

動物についてご紹介してきましたが、こちらの動物公園には、ほかにも見どころや遊べるスポットがいっぱいあるんです!

春~夏のおすすめは、こちらの“ジャブジャブ池”!こどもが水遊びをするのにぴったりのスポットです。

ジャブジャブ池で遊ぶ人たち

浅いので小さい子でも安心!

ジャブジャブ池の近くには屋根つきのベンチや売店もあるので、休憩しながらゆっくりと遊べますよ。

また、園内には“こどもの城”というこどもが楽しめる施設もあります。

西洋のお城のような建物

こどもの城。本当にお城のような外観です!

こどもの城の中には、ボールプールやすべり台など、こどもに人気の遊具が沢山あるんです。

カラフルなボールプール

みんな大好きボールプール!

プレイマットと遊具

裸足で遊べるエリアも

大きな木のオブジェ

こどもの城のシンボル、けやき大王。いつもは寝ていますが、時間になると…!?

入場料が別途100円(小学生以上)かかりますが、屋内なので快適に遊ぶことができますよ!雨天時や真夏日にいかがでしょうか?

また、園内にはほかにもアスレチックや恐竜コーナー、ビアトリクス・ポター資料館(ピーターラビットの原作者)などもあります。色々と散策してみてくださいね!

こどもだけじゃなく、大人にもおすすめです!

埼玉県こども動物自然公園、いかがでしたか?

動物とここまで接近できる動物園は都内近郊ではあまりないのではないでしょうか!?こどもだけじゃなく、大人も十分楽しめると思いますので、動物好きの方はぜひ一度、訪れてみてくださいね!

十万石まんじゅうの案内

こんなレアなお土産も(笑)。春と秋の土・日限定(入荷は要確認)

埼玉県こども動物自然公園

園内の階段

※この記事は2016/08/04時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

埼玉県の記事一覧へ

期間限定!入会金・年会費無料タイムズクラブ入会でタイムズチケット100円券+今ならさらに100タイムズポイントプレゼント

都道府県で探す