新丸子の古き良き昭和の雰囲気を味わえるコースをたどる
新丸子(神奈川県)

2015/05/28 更新

気に入った記事はシェアしてください!

再開発が進む街

近年、再開発が進んだ武蔵小杉駅から北に500mに位置する新丸子駅。そこは戦前、歓楽街として栄えた歴史ある街ですが、今ではマンションが建ち並ぶ人気のエリアです。今回はタイムズ営業で新丸子を歩く中で教えてもらった、古き良き昭和の時代の雰囲気を味わえるコースをたどります。

駅からは武蔵小杉のタワーマンションが見えます

かつては泥まみれの遊び場だった多摩川の河川敷

整備され綺麗になった河川敷

昔は誰もがここで泥んこになるまで遊んだそうです。しかし、2007年に策定された川崎市多摩川プランにより野球、サッカー、ラクロス、ラグビー、テニスなどのスポーツ広場に整備されました。姿形は違っても、現代の子供たちも夢中になれる場所には違いありません。

のどかな景色です

あのタマちゃんが出現した場所

駅の北東に位置する「丸子橋」は、かながわの橋100選にも選ばれ、映画やドラマのロケ地として利用される事が多い橋です。しかし、何といってもこの丸子橋、2002年8月にアザラシの「タマちゃん」が初めて出現した場所なのです。再開発が進み、もう来ないのでしょうか?そう思うと、少し寂しい感じがします。

中央上部の青い橋が「丸子橋」です

黒湯の丸子温泉でさっぱりする!

次に昭和の雰囲気が残るアットホームな温泉をご紹介。河川敷から駅に向かう途中の創業約70年「丸子温泉」で、汗を流してみてはどうですか?こちらの温泉は珍しく更衣室の中に番台がある造りです。

入浴料は大人470円(税込)です

お目当ては地下160mから湧き出している茶褐色の鉱泉「黒湯」です。黒湯は湯冷めしにくいのが特徴です。

成分でマットが真っ黒です

気さくな女将さんと談笑。週末には黒湯目当てに遠方から来るお客さんもいるそうです。

アットホームな雰囲気に癒されます

左が男湯、右は女湯でそれぞれ20円!まだまだ現役です

建物だけではなく、人情も昭和のまま残る名湯です。

三ちゃん食堂で満腹になる!

綺麗さっぱりした後は食事です。食べ盛りの子供から、大人まで、お腹を満たすのはこちらのお店「三ちゃん食堂」です。座席数約60席が12時の開店10分で埋まります。

開店と同時に入店。この後すぐ満席に!

約140種類のメニューから本日のランチ定食を注文。

コストパフォーマンス抜群のメニューがたくさん!!

アジフライ定食が500円

このアジは肉厚で1尾で満腹になりました。味も手作り感のある“おふくろの味”で美味しかったです。

有名人も御用達

ランチ時間が終わると、呑みに来るお客さんでまたもや満席に。ご主人は「うちは定食屋!」と言い切るのですが、古くから三ちゃん食堂は居酒屋としても愛されています。

記憶は変わらない!

昭和の雰囲気を味わうコースはいかがでしたか?再開発と共に街並みは変わり、時代が変わっても、みんなに変わらず愛され続けるものがあります。そんな街、新丸子に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

※この記事は2015/05/28時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の駐車サービス

新丸子エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

神奈川県の記事一覧へ

都道府県で探す