豪華な海鮮丼

一般人でもいつでも買えちゃう!川崎南部市場(幸市場)に行ってみよう!
川崎(神奈川県)

2016/12/01 更新

気に入った記事はシェアしてください!

川崎に一般の方でも入れる市場があります!

みなさんは川崎に市場があるのをご存じですか?実はあまり知られていないのですが、川崎駅からほど近い場所に、「川崎南部市場」という市場があるんです。

南部市場の入口

第二京浜沿いにあります。川崎駅からクルマで約10分、電車の場合は南武線尻手駅から徒歩5分です

こちらは幸区にあるので“幸(さいわい)市場”という愛称で呼ばれていて、地元の方を中心に一般の方にも人気の市場になっているんです!

南部市場の駐車場

無料の駐車場もあります。クルマの場合は正門、尻手駅から徒歩の場合は西門の利用が便利!

今回、川崎営業担当の私が、その人気の秘密を探るべく“幸市場”に実際に行ってきましたので、その様子を皆さまにお伝えしたいと思います!

幸市場ってどんなところ?

幸市場は、主に水産売場、青果卸売場、花奔卸売場、関連棟、食堂で構成されています。

南部市場のマップ

案内図。まずはマップをみて場所を確認!

青果、花卉卸売場は資格がないと入れないのですが、水産売場・関連棟・食堂は一般の方も普段から入ることができます。一般開放日にしか入れない市場も多い中、いつでも入れるのはうれしいですよね。

それではまず、水産売場から見て行きたいと思います!

新鮮な魚介が盛りだくさん!な“水産売場”

水産売場は、正門から見て右手にある棟にあります。中に入るとさまざまなお店があり、普段あまり見慣れない光景にテンションがあがります!

完全屋内の水産売場

水産会社などのお店が10軒あります

店頭には、新鮮な魚や貝、カニやエビなどが並んでいます。

魚介のケースが並ぶ店頭

旬の魚が所狭しと陳列されています!

なかには、丸々1匹の鮭や1メートル近くあるイカなど、スーパーではなかなか見られない魚介類もあり、見ていてとてもおもしろいです。

大きな鮭と巨大な赤いイカ

上:北海道の高級食材、ときしらず 下:巨大なイカ。手と比べてもこの大きさ!

また、マグロを扱っているお店が多く、切り身にする前のマグロの塊なども見ることも…!

赤いマグロの切り身

天草のマグロだそう。断面がとても美しいです!

尾肉などあまり手に入らない部位を買うこともできますので、チェックしてみてくださいね!

普通の家庭には量が多いのでは…?と思った方もご安心を!水産売場では、切り身など少量のものも販売されています。「スーパーより新鮮で安い!」と近所の奥さまにも好評なんだとか。また、お店によってはさばいて切り身にして売ってくれるところもありますよ。

切り身の商品たち

中落ちがいっぱい入って500円!穴子などもお買い得です!

うなぎのかば焼き

うなぎも一枚から買えます。土用の丑の日は大人気だそう

なお、何がおすすめかわからない場合や、調理法がわからない場合はお店の方に聞いてみましょう!幸市場は気さくな方が多く、親切に教えてくれますよ!

魚を持って微笑む店長

山定水産の名物イケメン店長。わかないことがあれば魚のプロに相談してみましょう!

水産売場のオープンは朝6時~11時頃まで。ちなみに、保冷バッグなどはありませんので、家から持参しましょう!

お肉から調味料、靴まで売っている!?“関連棟”

続いて、水産売場の近くの関連棟を訪れました。

店が並んでいる様子

オープンな雰囲気の関連棟。12軒のお店が入っています

関連棟にある「小和田屋ミート」では、A5ランクの国産肉を中心に、上質なお肉がズラリ!

ブロック肉など

とちぎ和牛“匠”のお肉など美味しそうなお肉がいっぱい!

こちらでは、会員になればおトクな価格で購入することができるそう。バーベキューの買い出しにも良さそうですね!会員カードは無料で発行できますので、登録してみては?

小和田屋ミートのお隣にある「高原商店」では、かつお節を中心に、煮干しや昆布など、出汁に関する商品が置いてありました。

かつお節などを見せる店長

店内にある工房で、毎日枕崎産の花かつおなどを製造しています

築地にも負けない、高品質の削り節が揃っています。お味噌汁の出汁などに、ご家庭でも使用してみてはいかがでしょうか!?

お向かいの「さかえや」では、醤油やソースなど、さまざまな調味料の販売が!

一般のお客さんに今人気なのが、こちらの“台湾拉麺の素”だそうです。

台湾ラーメンのボトル

台湾拉麺の素600円。一本で10杯分使えるそう

この素を使えば、あの名古屋名物“味仙の台湾ラーメン”の味を自宅で気軽に味わえるそう!モツ鍋のスープとしても使えるそうですので、試してみてくださいね。

ほかにも関連棟では、料理道具や業務用の調味料、お茶や乾物など、多種多様なものが販売されています。

なかには靴を販売しているお店もありますので、ぜひ、色々とみてまわってみてください!

ルイボスティーや乾物など

宝探しみたいで楽しいです!

※店舗によって異なりますが、関連棟はだいたい朝6時~11時半頃までの営業です。

市場ならではのグルメを堪能しよう!

市場といえば…やっぱり食堂も気になりますよね!さいごに、正門近くにある幸市場の食堂を訪れました。

飲食店が並んでいる様子

食堂といっても、ひとつではなく数店舗あります!

どのお店も美味しそうで迷ったのですが、今回は海鮮が食べたかったので、「お魚やの市場寿司」に入りました。

木のカウンターがある店内

明るくキレイな店内。某さんぽ番組でも紹介された人気のお店です

お魚やの市場寿司は、水産売場にある石井水産の直営店で、お寿司や海鮮丼などで新鮮なお魚をいただくことができますよ!

海鮮丼は870円からあるのですが、ちょっと奮発して、1,680円の“贅沢丼”をオーダーしました。

ウニやイクラがのった海鮮丼

すごいボリュームです…!お味噌汁もついてきます

具でご飯が見えません…。まさに“海の宝石箱”ですね!ウニ・いくら・海老・カニなどがのった、豪華な海鮮丼です。

これひとつで色々な海の幸が味わえ、かなり満足な海鮮丼でした!
※お魚やの市場寿司は2018年8月で閉店しました

ねぎ塩チャーシュー丼やミックスフライ定食もおすすめ!

ほかの店舗にも、チャーシュー丼やフライ定食など人気のメニューがあります。気分やお好みに合わせて、選んでみてくださいね。

ボリューム満点のお料理

“ねぎ塩チャーシュー丼水喜”のチャーシュー丼セット680円と“水喜”のミックスフライ定食780円

基本は働いている方向けに考案されているメニューなので、どれもボリュームがあります。行くときはお腹を空かして行きましょう(笑)!

毎月第2土曜日はおトクな“いちばいち”があります!

幸市場では、毎月第2土曜日にいつもよりもおトクな“いちばいち”が開催されています。普段行っても楽しいのですが、おトクなイベントやお買い得品がたくさんありますので、この日はより市場を楽しむことができますよ!

人で賑わう市場

“いちばいち”の日は毎回多くのお客さんで賑わいます

また、この日は特別に普段一般の方が買えない青果と花卉の販売もあり、新鮮なお野菜やお花をお手頃価格で入手することができるんです!

大根を販売するスタッフ

青果の販売の様子。人気商品は早いもの勝ちです!

カラフルな花々

こんな素敵なアレンジ花も500円で買えたりします

子どもが喜ぶようなイベントも行われていますので、ぜひ、お子さまと一緒にお出かけしてみてくださいね!

魚をつかんでいるところ

魚とふれあえるイベントもあります※開催月によってイベントは変わります

“いちばいち”は、朝6時から開催されています(青果・花は朝7時から)。人気商品やお買い得商品は早い時間に売り切れてしまうこともありますので、早起きして朝一で行くのがおすすめです!
※開催されない月もありますので、最新のスケジュールはホームページをご確認ください

市場にお出かけしてみては?

市場は“プロの人の場所”というイメージがあるかもしれませんが、幸市場は一般の人でも気軽に入れる、たのしい市場でした。気さくなお人柄の方が多いのも、人気の秘密なのではないでしょうか。

近郊にお住まいの方はぜひ一度、足を運んでみてくださいね!

なお、日・祝日は市場はお休みですので、ご注意を。

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

川崎市幸区エリアのその他の施設をご紹介!

※この記事は2016/12/01時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

神奈川県の記事一覧へ

都道府県で探す