箱根の帰りに立ち寄りたい「鈴廣のかまぼこ博物館」
小田原(神奈川県)

2015/12/24 更新

気に入った記事はシェアしてください!

箱根の帰りに立ち寄りたい観光スポット

皆さんこんにちは!
先日、こちらのコーナーで箱根駅伝の楽しみ方を紹介しました。

駅伝気分を満喫した帰りに、ぜひおすすめしたい施設が小田原にあります。
鈴廣かまぼこが運営する「鈴廣かまぼこの里」です。

今回はその中にある「鈴廣のかまぼこ博物館」を紹介します。

顔出し看板で記念写真をぜひ!

こちらの特徴は、実際にかまぼこの手作り体験が出来る博物館です。

さっそく見学開始!

手づくり体験まで少し時間があるので、施設内を見学してみました。

こちらは、職人が一つ一つかまぼこを作る工程が見学できるところ。

国家資格を持った職人が、手際よくかつ繊細に作っている様子が良く分かります。

その道50年の大ベテランも在籍しています

続いて、かまぼこについて色々学べるコーナーを見学。

そもそもかまぼこは、平安時代に貴族に献上されていたことが記録に残っている、歴史ある食べ物。
高級品でもあったんですね。

何百年もの歴史があるとは驚きです

かまぼこの原料となる魚が日本全国でそれぞれ違うことも、初めて知りました。
その理由は、獲れる魚が各地域で違うからなんだそう。

鈴廣かまぼこでは「グチ(イシモチ)」という魚をメインに、製品に合わせて他の魚とブレンドして製造しています。

かまぼこの原料になる魚がこんなにあるなんて!

ところで皆さん、なぜ「かまぼこ」と呼ばれるようになったかご存知ですか?

すり潰した魚肉を鉾や棒に巻いて焼いたものがかまぼこの始まりと言われ、「ちくわ」に近いものでした。
この形が植物の蒲(がま)の穂に似ていたところから、「がまのほ」と呼ばれていました。
それがいつしか蒲と鉾がくっつき「がまほこ」になり、さらに現在の「かまぼこ」となったそうです。

へぇ~なるほど!とつぶやいてしまいました!

いよいよかまぼこ作り体験です

かまぼこについての予備知識が出来たら、いよいよかまぼこ作りです。

水曜日以外は毎日5回開催されていて、電話かインターネットで半年先まで予約ができます。参加料は一人1,620円。
作ったかまぼこはお土産として持ち帰れます。

この日も多くの方が参加していました

未就学の小さなお子さんでも、保護者の方と参加できるので嬉しいですね。

職人の説明を受けながら作業を進めていきます。
すり潰した身を専用の包丁を使ってかまぼこ板に…と、皆さん楽しみながらも表情は真剣そのもの!

自分で作ったかまぼこは、きっと美味しいでしょうね♪

熟練の職人から直接かまぼこ作りを教えてもらえる貴重な体験ができるこの施設、ぜひ予約して参加してみてください!

体験料が割引になる裏ワザ!

タイムズクラブ会員の皆様に、うれしいお知らせです!

受付時にタイムズクラブカードを提示すると、かまぼこ・ちくわ手づくり体験の体験料が100円OFFになるんです!(水曜はちくわのみの体験)

割引になったお金は、お土産を買うときに使えちゃいますよね。ぜひご利用ください!

【関連情報】
▼そのほかの工場見学レポートはこちら▼

関東版 子どもも大人も楽しめる! 人気工場見学まとめ

職人が作ったかまぼこをお土産に!

かまぼこ博物館に隣接している「鈴なり市場」では、かまぼこ、ちくわの販売はもちろん、その場でかまぼこの味比べが出来る「かまぼこバー」など多くの観光客で賑わっています。

子どもが喜ぶかまぼこや、オリジナルプリントができるかまぼこなども!

さいごに

いかがでしたか?かまぼこ作りの奥の深さを知り、歴史を知ることが出来る面白いスポット・鈴廣かまぼこの里。
箱根の帰りに親子で、カップルでかまぼこ作り体験をしてみてください。

※この記事は2015/12/24時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

小田原エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

神奈川県の記事一覧へ

都道府県で探す