足を掻くカピバラ

「オービィ横浜」はカピバラやネコとふれあえる、最高の癒し空間だった!
みなとみらい(神奈川県)

2020/02/06 更新

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設や店舗が休業している場合がございます。最新の情報は各施設や各店舗の公式ホームページでご確認ください。

気に入った記事はシェアしてください!

オービィ横浜とは?

横浜のみなとみらいエリアにある「オービィ横浜」は、たくさんの動物たちとふれあえ、世界最高レベルの大自然映像を体感することができる屋内型のパークです。

都会にいながら、およそ50種類の動物たちとふれあえるということで、今回、実際に行ってきました!

さっそく、オービィ横浜の魅力や人気の動物たちをご紹介します!

\クルマなら子ども連れでも楽々♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう! 全国10,000ステーション以上!

カピバラと間近でふれあえる!「アニマルガーデン」

入場ゲートを入ってすぐ、左手に見えてくるガラス張りのエキシビションが「アニマルガーデン」です。

ここではカピバラやアルマジロなど普段出会うことのない動物たちと、間近でふれあうことができます!

広い通路とガラス張りの展示室

すでにワクワクが止まりません!

入り口ではカピバラとケヅメリクガメにあげるエサ(数量限定)を購入できます。
エサやり用のトングも付いてきますので、小さなお子さまでも安心して利用できますよ。

それではさっそく動物たちとふれあっていきましょう!

あちこちに設置された水槽を覗く客

雰囲気はまさにジャングル!

入り口付近では、フクロウやミミズクの仲間がお出迎えしてくれます。

ふわふわの羽毛と、小さなくちばしがキュートなモリフクロウ。こちらを観察するように、じっと様子をうかがっていました。

止まり木からこちらを見るフクロウ

不思議そうな顔でカメラを見つめています

こちらのユーラシアワシミミズクは、世界最大級のフクロウの一種です。凛々しい羽角(耳のように生えた羽)と、オレンジ色の瞳が特徴的です。

前方を凛々しく見つめるフクロウ

キリッとした顔がかっこいい!

体長は60cmほどですが、羽を広げたときの大きさは、なんと1.5m以上にも!

右横から見た羽を広げた姿

羽を広げた姿に思わず「デカイ!」

入って左手のケージには、ミーアキャットがいました。こちらは大人しいフクロウたちと違い、元気に走り回っていました!

立ってこちらを見るミーアキャット

突然止まったと思えばこのポーズ!

走り回って疲れたのか、さいごは2匹仲良く就寝(笑)。

木のくぼみで丸まって眠る2匹

重なって、丸まって…。はあ、かわいい

ミーアキャットの隣は、ムツオビアルマジロのケージです。こちらはケージに手を入れ、実際にふれあうことが可能です。

うずくまって眠るアルマジロ

うろこ状の硬い甲羅が特徴です

アルマジロらしく、丸まりながら寝ていました!

さて、次はお目当てのカピバラを探します! ケージはどこかな~と歩いていると、小さな子どもとぶつかりそうになりました。

子ども連れの方も多いので、移動する際はしっかり下を確認しなくてはいけませんね…。

走り去るカピバラの後ろ姿

おっと、ごめんね。ってあれ…?

えっと…。スタッフさん!脱走してますよ!!

とにかくこのカピバラのあとを追います。アルマジロのケージからぐるっと反対側に回ったあたりでしょうか、そこにはなんと…。

水槽の縁に顔を出すカピバラ

「待ちくたびれたよ」と言わんばかりのこの表情

もう1匹のカピバラが入浴中でした!気持ちいいのでしょうか、置物のように全く動きません。

なんと、このカピバラたちにはケージがありません。自由奔放にエリア内を歩き回ったり、こうして入浴を楽しんだりしています。

柵に顔を乗せ餌を食べるカピバラ

ケヅメリクガメの檻に勝手に入っています(笑)

もちろん、ふれあい自由!フラッシュ撮影でなければ、写真撮影も可能です。

大きさは大人の膝上ぐらいまであるので、小さなお子さまはビックリされていましたが、とても大人しく人懐こいので、すぐに仲良くなれますよ!

初めてカピバラとふれあいましたが、毛並みが硬く、歯ブラシのような感触でした。

4本の指に水かきがある前足

足に水かきを発見!泳ぎが得意なのでしょうか

さてケヅメリクガメはというと、出口付近の床で寝ていました。アニマルガーデン内の動物を探すのも楽しみのひとつですね!

立派な甲羅に大きな足のカメ

手洗い場の下でぐっすり

他にもインコやイグアナなど、様々な種類の動物がいました!動物によっては、限定のふれあいイベント時でないとふれあえませんので、ご注意ください。
※限定のふれあいイベントは不定期で開催されます

カラフルなイグアナやヘビ等

グリーンイグアナ(写真上)、カーペットニシキヘビ(左下)、ヨウム(右下)

■ふれあいOKの動物たち
・カピバラ
・ムツオビアルマジロ
・ケヅメリクガメ

■限定のイベント時にふれあえる
・ミーアキャット
・カーペットニシキヘビ
・メンフクロウ
・モリフクロウ
・アフリカワシミミズク
・ユーラシアワシミミズク
・ルリコンゴウインコ
・ハルクインコンゴウインコ
・モモイロインコ
・ヨウム

■ふれあいNG(間近で観察できます)
・タランチュラ
・クランウェルツノガエル
・マルメタピオカガエル
・オニオオハシ
・グリーンイグアナ

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆エサ代:200円(数量限定)
◆年齢制限:小学生以下は保護者(16歳以上)同伴

行列のできるシマリス観察ツアー!「アニマルヴィレッジ」

アニマルガーデンのすぐ隣にあるのが、「アニマルヴィレッジ」です。ここでは、シマリスやウサギなどの小動物とふれあうことができます。

アニマルヴィレッジ受付

こちらもガラス張りのエキシビションです

アニマルヴィレッジは、シマリスの暮らすエリアに入って観察する「シマリス観察ツアー」と、小動物とふれあうことができる「一般観察体験」の2つのコースがあります。

待機列と待ち時間がそれぞれのコースで異なりますので、入り口の案内板で確認しましょう。

コースと待ち時間の案内板

どちらもオススメのツアーです!

「シマリス観察ツアー」はオービィ横浜の中でも人気のエキシビションです。

休日の混み合うときや繁忙期には、時間指定のチケット「シマリス観察ツアー券」が配布されます。ツアーの参加にはこちらのチケットが必要となりますのでご注意ください。
※チケットは先着順でなくなり次第、配布終了

シマリス観察ツアー

待機列に並ぶとまず、注意事項の書かれた案内を渡されます。「リスはさわらない」など、重要なことが書かれていますので、しっかり読んでおきましょう。

列が進むと、今度は映像と口頭で丁寧に解説してくれます。

注意事項の映像

説明はしっかり聞きましょう

ツアー体験中、リスが噛んだりひっかいたりする恐れがあるようです。もし心配であれば、耳あてやタオルを貸してくれるので、スタッフの方に伝えましょう。

両手に赤いミトン

入場時は大きめの手袋をします

準備ができたら観察ツアーのスタートです!

アニマルヴィレッジの中央に位置する、シマリス観察専用のエリアに案内されます。ここからはリスを踏みつけないよう、すり足で移動します。

アスレチックのようなエリア

この中でたくさんのシマリスが暮らしています

シマリスが驚かないよう、イスに座りじっと待ちます。

そして、いよいよシマリスとご対面!スタッフの方がシマリスをおびき寄せ、私たちのいるエリアに放ってくれます。

頭や肩に乗るリス達

無警戒で無邪気にのぼってきます!

シマリスたちも待ち遠しかったのか、私の肩や頭に勢いよくのぼってきました。中には頭の上で、エサを食べ始めるシマリスも!(笑)

とても動きが速く、ひたすら走り回っているので、エサを食べているときがシャッターチャンスです。

頭の上で立ち上がるリス

スタッフの方が持っているエサに夢中!

シマリスたちは、口に含んだエサの隠し場所を探そうと、フードやポケット、さらには服の中にまで潜り込んできます。

少しくすぐったいですが、慌てず騒がずスタッフの方に声をかけましょう。自分でリスを払ったり、掴んだりするのはNGですよ!

ポケットに入り込もうとするリス

ポケットにシマリスからのお土産が入っていました

直接シマリスたちにふれることはできませんでしたが、動き回る姿やエサを食べる仕草を間近で観察でき、かわいい動物好きにはたまらないツアー内容でした!

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆年齢制限:小学生以下は保護者(16歳以上)同伴
※未就学児は保護者1名につき2名まで
※0歳~3歳はご体験いただけません

一般観察体験

「一般観察体験」は、シマリスたちの暮らすエリアをガラス越しに観察できるほか、小動物たちとふれあうことができるコースです。

受付では小動物用のエサを販売しています。エサをあげると、すぐに仲良くなれるため、購入をおすすめします!

まずはウサギとモルモット(テンジクネズミ)の仲間たちとふれあっていきましょう。この日は、垂れ耳が特徴的なロップイヤーと、ふわふわ毛のテディモルモットが同じ檻に入っていました。

お尻を撫でられるウサギ

ずっと触っていたい柔らかさ!

手にエサを乗せて、檻の中に入れると、たくさんのモルモットが集まってきます。食べる姿も愛くるしい!

手からエサを食べるモルモット

我先にとエサに群がってきます

モルモットたちのお隣には、世界最大級のウサギ「フレミッシュジャイアント」がいました。大きいもので20キロにもなるそうです。

ハーネスをつけられたウサギ

ぴんと立った大きな耳がかわいいですね〜

はじめは大きさに戸惑いましたが、頭や背中を撫でられるのが好きなようで、ウサギのほうからすり寄ってきました。

このフレミッシュジャイアントは、開放的なスペースにいるので、思う存分ふれあいましょう!

他にも、フェレットがいましたが、ちょうどお昼寝中でした。

ハンモックで眠るフェレット

起こさないよう静かに観察しましょう

そしてさいごは、さきほど紹介したシマリスのエリアです。エサをほおばる姿や、仲間と戯れる様子がガラス越しに観察できます。

ここにはたくさんのシマリスが暮らしているので、見飽きるなんてことはありません!いろんな発見があるかもしれませんね。

エサ入れに掴まって食べるリス

頬がパンパンですがまだ入るようです

取材したときは待ち時間も少なく、比較的早く案内してもらえました。

観察ツアーは待てないけど、どうしてもシマリスがみたい!という方は、ぜひこちらのコースも検討してみてください。

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆年齢制限:小学生以下は保護者(16歳以上)同伴

ネコ好きにはたまらない!「キャットパラダイス」

フロア奥には、たくさんの種類のネコたちとふれあえる「キャットパラダイス」があります。

「シマリス観察ツアー」と同じく、こちらも人気のエキシビションで、休日の混雑時は1~2時間待ちもあるそうです。

窓が猫の目ドアノブが猫のしっぽ

オレンジ色の外壁が目印です

まずは受付で注意事項の説明を受けます。

その後、2つの扉を通り入場します。ネコが逃げ出さないよう、扉の開閉にはご注意ください。

入り口の通路の壁には、ネコの種類や名前、性別の書かれた額縁が写真付きで飾られていました。

壁に並べられた紹介パネル

名前を覚えて呼んであげると、喜んでくれるかも?

キャットパラダイス内は、ゆったりとした雰囲気で、キャットタワーや足場が設置されており、ネコたちが楽しめるような空間になっていました。

アースカラーが基調のエリア

ネコたちはいろんなところに隠れているので、探してみよう

室内にはネコじゃらしのおもちゃが置いてあります。

ねこじゃらしを見つめる猫

おもちゃが気になるニャ~

受付ではネコのおやつを販売していました。おやつを持っていると、ネコたちの人気者になれます(笑)。

おやつに夢中な3匹の猫

みんなおやつに夢中です!

かわいい〜と思い、じっくり観察していると、あっという間に全部食べられてしまうのでご注意を。

ここでは紹介しきれないほど、たくさんのネコたちに囲まれ、とても癒されました!

様々な種類の猫4匹

動物好きにはたまらない究極の癒し!

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆年齢制限:小学生以下は保護者(16歳以上)同伴
※一部のネコは体調や状況により、展示をお休みする場合があります

小さな動物たちが集まる「アニマルスタジオ」

「アニマルスタジオ」では、ヒヨコやハリネズミなど、手のひらサイズの小動物たちとふれあえるエキシビションです。

こちらのエキシビションは、入場ゲートを通ってすぐの右手にある階段をあがったフロアにあります。

階段の踊り場に大きな看板

大きな看板が目印です

中に入ってすぐ目に留まったのが、たくさんのヒヨコたち!水をすくうように、両手で優しく持ち上げてふれあいましょう。

抱っこされたり群れるひよこ達

このまま連れて帰りたい…

1羽が移動するとみんながついて動く姿に、思わずキュンとしてしまいました。

ヒヨコの隣にはヨツユビハリネズミのケージがあります。ハリネズミとふれあいたい場合は、スタッフの方に声をかけましょう。

大人しく手に乗るハリネズミ

恥ずかしがり屋なミシンちゃん

初めてハリネズミに触れましたが、手袋のうえからでも針の硬さが伝わりました。

部屋の中央には、数種類のフクロウやミミズクが展示されているエリアがあります。

眠るフクロウの後ろ姿

居心地がよいのか、寝ているフクロウの姿も

私が入場したときは、フクロウにエサをあげるイベントが行われていました。

スタッフさんの腕に乗っているフクロウに、ピンセットを使ってエサをあげます。

肉をついばむフクロウ

この日はお肉をパクリ!

羽の部分をなでさせてもらいましたが、とてもふわふわで触り心地がよく、感触からでも羽毛の軽さが分かりました。

こちらのアニマルスタジオにもウサギとモルモットがいます。

ちょうどブラッシングのため、ケージの外に出ているウサギとふれあうことができました。

大人しく背中を撫でられるウサギ

ブラッシング中はとても大人しい!

ブラッシングが終わると、自らケージを飛び越えて戻っていきました(笑)。開店前の準備中にもよく脱走するそうですよ。

他にもプレーリードッグやインコ、トカゲといった小動物とふれあうことができます。

大きなトカゲや鮮やかな小鳥達

フトアゴヒゲトカゲ(写真上)、オグロプレーリードッグ(左下)、コザクラインコ(右下)

動物によっては、自由にふれあえるものと、スタッフの方に声をかけないとふれあえないものがあるので、近くの案内板を確認するか、スタッフの方に直接聞いてみましょう。

■ふれあいOKの動物たち
・ヒヨコ
・ウサギ
・モルモット
・ヘルマンリクガメ
・セキセイインコ
・コザクラインコ
・オカメインコ

■ふれあいたいときはスタッフまで!
・ハリネズミ
・ズグロシロハラインコ
・ヒョウモントカゲモドキ
・フトアゴヒゲトカゲ

■限定のイベント時にふれあえる
・プレーリードッグ
・アフリカオオコノハズク
・インドオオコノハズク
・コキンメフクロウ
・ナンベイヒナフクロウ
・ボールパイソン

■ふれあいNG(間近で観察できます)
・クレステッドゲッコー

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆年齢制限:9歳以下は保護者(16歳以上)同伴

映像で大自然を体感できる「シアター23.4」他

オービィ横浜では、世界最高レベルの大自然映像が見られるエキシビションも充実しています。

シアター23.4

「シアター23.4」は日本最大級のスクリーンで、自然をテーマとした大迫力の映像が楽しめる映画館です。

前方にステージもある広い場内

同時に342人が着席できる巨大ホール

上映プログラムはおよそ3カ月で入れ替わるそうです。また、毎日13時半からは、フクロウやインコが観客席の上を飛ぶ「フライトトレーニング」というイベントが行われます。

こちらも人気のイベントとなっていますので、時間に余裕を持って他のエキシビションを体験しましょう。

◆料金:500円(パスポート利用可)
◆所要時間:約20〜30分

マウンテンゴリラ

「マウンテンゴリラ」のエキシビションは、映像を五感で楽しめる4Dシアターとなっています。

臨場感あふれる映像と体験で、マウンテンゴリラの生態を学ぶことができます。

ゴリラが飛び出すイメージ画像

まるで目の前にいるかのような迫力!

◆料金:300円(パスポート利用可)
◆所要時間:約15分

メガバグズ

昆虫サイズの世界をテーマとしたキッズスペース「メガバグズ」でも、ちょっとした映像を楽しめます。

カマキリが飛び出す映像

カマキリに襲われる〜!

世界の各地から集めた珍しい昆虫の標本もあり、大人の方でも楽しめるのではないでしょうか。

色鮮やかな蝶の標本や楽しい遊具

昆虫の世界をイメージした遊具や珍しい昆虫の標本

◆料金:300円(パスポート利用可)
※混雑時は時間制限があります

オリジナル商品多数!カフェ、ランチ・ショップ情報

2階フロアには軽食やドリンクが楽しめるカフェカウンターがあり、カフェで購入したものは1階の休憩スペースで食べることができます。
※購入した以外の食べ物の持ち込みは不可(水筒・ペットボトルはOK)

展示物もある休憩室

1階の休憩スペース。シアター23.4の近くにあります

動物をイメージした、パンダまん(ごまあんこ)、ぶたまん(お肉)、ヒヨコまん(カスタード)が看板メニュー!

今回はパンダまん(290円)とぶたまん(290円)、そして「カピバラの○○○」(360円)というメニューを注文しました。もちろん、ちゃんとした食べ物ですので、ご安心ください!

トレイに乗ったメニュー

パンダまんのうしろにあるのが、「カピバラの○○○」

「カピバラの○○○」はナゲットのようにも見えますが、中身は秘密にしておきます。とってもジューシーで美味しかったので、気になった方はお試しあれ!

空いた小腹を満たしたら、近くのショップに立ち寄ってみましょう。

奥行きのある広い店内

ぬいぐるみや小物などたくさんのグッズがずらり!

ハンドタオルのセットやクリアファイルは、オービィ横浜オリジナル商品で、パーク内にいる動物たちのイラストがプリントされています。

普段使いしやすいかわいいデザインですね。自分用として購入してみてはいかがでしょうか。

ハンドタオルやクリアファイル

定番のクッキーやカピバラをイメージしたチョコ餅はお土産にピッタリ!

オービィ横浜 料金や混雑情報など

料金

オービィ横浜では、入館料だけで入場したのち、体験したいエキシビションごとに個別課金する形式ですが、フリーパス付きのチケットもあります。

複数のエキシビションを体験したい人は、フリーパス付きのチケットの購入をおすすめします。

◆料金
入館料:大人800円、中人500円、小人300円、幼児0円、シニア300円

パスポート(入館料+フリーパス):大人2,400円、中人1,800円、小人1,600円、幼児1,200円、シニア1,800円

年間パスポート:大人6,000円、中人4,500円、小人4,000円、幼児3,000円、シニア4,500円

※3歳以下は無料
※中人:中学〜高校生、小人:小学生、幼児:4〜5歳、シニア:60歳以上

◆個別課金
アニマルガーデン、アニマルヴィレッジ、アニマルスタジオ、キャットパラダイス: 各500円(1回)
メガバグス、マウントケニア、マウンテンゴリラ: 各300円
シアター23.4(フライトトレーニング): 500円

割引について

チケットはローソンチケットで購入すると、200円の割引が受けられます。当日購入も可能ですので、ぜひご利用ください。
■詳しくはこちら⇒http://orbiearth.jp/booking/

混雑情報

土日祝や繁忙期には、多くのお客さんで賑わうため、午前中から混雑する場合もあるようです。

混雑が予想される場合、人気の「シマリス観察ツアー」は、先着のチケット制になりますのでご注意ください。その他、行列のできやすい「キャットパラダイス」では、最長で2時間待ちになることも。

全てのエキシビションを堪能されたい方は、早い時間から余裕をもって来場することをおすすめします。

誕生日特典

オービィ横浜では、誕生日の前後5日間のどこかで来場すると、素敵な特典がもらえます。

特典その1:「バースデーサンバイザー」、「バースデーシール」と次回以降で利用できる無料招待券のプレゼント
※無料招待券は2カ月以内、ご本人様のみ利用可

サンバイザーとシール

記念品のプレゼントは嬉しいですね!

特典その2:「フォトダイアリー」シングル写真 50%OFF
特典その3:「ショップ」商品 20%OFF

来場時に、生年月日を確認できるもの(免許証、保険証など公的証明書)をご持参ください。

※誕生日特典は1日パスポートをご利用の方、または3歳以下の方が対象となります

オービィ横浜は毎日でも通いたくなるスポット!

いかがだったでしょうか。都会とは思えない動物の数々と、間近でふれあえる体験は何度でも訪れたくなりますね。

動物好きの方には必ずオススメしたいスポットでした!大人だけで行っても楽しめるので、ぜひデートでもご利用ください。

アクセス&駐車場情報

【クルマでお越しの場合】
首都高速横羽線・みなとみらいランプ出口より約1分です。横浜駅からの場合は高島町MM21地区入り口から約5分で到着します。

■駐車場:
「MARK IS みなとみらい駐車場」 900台
「ランドマーク駐車場」 1,400台
「クイーンズパーキング」 1,700台

オービィ横浜のご利用金額に応じて、駐車券サービスがあります。
2,500円以上の利用で1時間サービス
5,000円以上の利用で2時間サービス
6,000円以上の利用で3時間サービス

※最大3時間までのサービス
※他のテナントとの合算不可

\クルマなら子ども連れでも楽々♪/

タイムズのカーシェアリングで行ってみよう! 全国10,000ステーション以上!

【電車でお越しの場合】
みなとみらい線「みなとみらい駅」から直結です。JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」から、動く歩道を利用すると8分で到着します。

※この記事は2020/02/06時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設や店舗が休業している場合がございます。最新の情報は各施設や各店舗の公式ホームページでご確認ください。

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

みなとみらいエリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

神奈川県の記事一覧へ

都道府県で探す