潜水艦を間近で見ることができる公園
呉(広島県)

2015/10/02 更新

気に入った記事はシェアしてください!

潜水艦を見に行こう

私がタイムズカーレンタルの営業を担当する広島県呉市は、明治時代に「呉鎮守府(艦隊の統括機関)」が置かれて以来、日本海軍や海上自衛隊の拠点となってきた都市です。

その呉市には、日本海軍の歴史を今も垣間見ることができる珍しい公園があるのをご存知ですか?
今回は、全国で唯一、潜水艦を間近に見ることができる公園「アレイからすこじま」をご紹介します!

アレイからすこじまって?

JR呉駅から3kmほど離れた場所にある「海上自衛隊第一潜水隊群司令部」の前から約300mの車道に沿って造られた公園です。

港に面した細長い敷地です

公園の裏手にあるれんが造りの建物(旧海軍工廠の施設で現在は民間企業の工場が入居)に合わせて、公園もれんが風の造りになっています。
とても雰囲気が良いスポットなんですよ。

では早速、ご案内しますね!

レトロな雰囲気の建物が周囲を華やかにしています

まずはクルマをとめて…

私が訪ねたこの日は、あいにくの雨天。でも霧に霞む街も、厳かな雰囲気があります。
呉市街地から国道487号線を走り、音戸の瀬戸方面に向かいます。
周辺は造船に関わる工場が多くあります。

しばらくすると「アレイからすこじま」の案内看板が見えてきます。

呉市外から少し離れます

公園内に駐車場はなく、少し離れた場所に駐車場が用意されています。

駐車場の案内看板です

こちらの駐車場は、旧日本海軍関連の工員養成所があった場所です。
敷地そばには記念碑が設置されているので、ぜひ見てみてください。

駐車場は無料です

坂を下ると、そこには…

クルマをとめ、坂道を下りていきます。
駐車場から公園までは徒歩3分ほどと近いので、利用しやすいです。

おっ!もううっすらと船の姿が見えてきましたよ!

写真右側の森の裏側から、何やら訓練しているような掛け声が聞こえました。自衛隊の施設でしょうか

坂を下り切って先ほど走ってきた道路に出て、通りを横断します。
すると、目の前は潜水艦桟橋です。

もう潜水艦が大きく見えてきました…!

歩行者用信号がありませんので横断に注意しましょう

桟橋への立ち入りは、当然のことながら厳重に規制されています。
しかし、目隠しなどはなく、艦船や桟橋の様子を見ることができます。

ここから荷物を積んだり海上自衛隊員が乗り降りしたりするんだろうなぁ…と思いを巡らせます。

鉄線で厳重に囲まれた桟橋施設

桟橋から向かって左側へ進むと、もうアレイからすこじまに到着です。

そして目の前には、大きな艦船が2隻!
手前には特徴的な形状の艦船もありました。
やはり実物は迫力があります。

特殊な形状の艦船です

桟橋の奥の方にも、たくさんの艦船が係留されています。
少し分かりにくいですが、潜水艦もいました。
あらためて見てみると、独特の黒光りした船体が生き物のように感じます。

晴れた時のイメージ写真です。潜水艦は何か試験でもしているのでしょうか?スクリュー付近から白いしぶきがでています

案内板も要チェック!

公園に設置された案内板には、さまざまな情報が掲示してあるので、ぜひチェックしてみてください。

近くには戦艦大和を建造した造船施設もあるようですよ。

案内看板には周辺の施設も紹介されています。当然ですが造船に関わる重工系企業の施設が中心です

よく見ると海上自衛隊が実施している艦船一般公開の案内もあります。
毎週日曜日に開催しているようなので、興味のある方は事前に見学申し込みを忘れずに。

艦船の一般公開は事前申請が必要とのこと

アレイからすこじま

呉の海と歴史に思いを馳せてみて

潜水艦を見るだけではなく、特殊な形の艦船など現代的な姿を見ることができるので、船が好きな人にはたまらない公園かもしれません!

こんな珍しい名前のバス停も!

ゆったりと散歩に来るのも良し、観光の合間に来るも良しの好アクセスで、おすすめですよ。
ベンチも多数設置されており、ゆっくりと見学できますので、ぜひ訪れてみてください。

※この記事は2015/10/02時点のものです

気に入った記事はシェアしてください!

駐車サービス&クーポン たのしい街

呉エリアのその他のお店をご紹介!

関連記事

広島県の記事一覧へ

都道府県で探す