冷蔵庫の冷やしシャンプー

夏の暑さを乗り切ろう!街ぐるみで暑さを楽しむ街・熊谷
熊谷(埼玉県)

2015/07/10 更新

気に入った記事はシェアしてください!

かつて暑さ日本一を記録した街、熊谷

埼玉県の北西に位置する街、熊谷。 熊谷といえば、かつて観測史上最高の気温40.9℃を記録した街です。 そんな夏がとても暑い街を担当する私が、夏を乗り切るヒントを見つけましたので、ぜひ皆さんも実行して夏を乗り切ってください!特に私のような外での活動が多い方必見です。

ミストシャワーがお出迎え

まずはJR熊谷駅を降りると、ミストシャワーがお出迎えしてくれます。
これから街に出ていくにあたって少し心が和みます。

天窓に設置されたミストシャワー

一瞬ですが、嬉しい心遣いですよね。
さあ、これから熊谷の涼を求めるスポットをご紹介です!

びっくりする清涼感が感じられる「ハイボールシャンプー」

ハイボールシャンプーといえばここ

皆さん、「冷やしシャンプー」って聞いたことありませんか?山形が発祥の、文字通りとても冷たいシャンプーです。メントール系のシャンプーを冷やして施術します。
今回ご紹介するのは山形県冷やしシャンプー推進協議会公認のハル理容院です。

協議会認定証とシャンプーボトル

山形県冷やしシャンプー推進協議会認定証

ハイボールシャンプーとは?

おすすめしたいのが、ハル理容院で施術してもらえる「ハイボールシャンプー」。
冷やしシャンプーと炭酸ガスを混ぜたもの。炭酸ガスは皮脂汚れを吸着する働きや、頭皮の血行を促進する効果があるため、冷たいシャンプーの清涼感と頭皮のすっきり感が同時に味わえます。
夏になると、冷やしシャンプーやハイボールシャンプーだけの為に来る人も多いそうです。

シャンプーを持つオーナー

オーナーの間室さんイチオシのハイボールシャンプー

早速、炭酸シェーカーという特製の容器に冷やしシャンプーと炭酸ガスを混ぜ合わせます!

シェーカーに繋がれた機械

特製の容器にセット完了!

頭皮に直接噴射!
脳ミソに炭酸のはじける感覚が伝わり、さらにその後冷やしシャンプーの冷たい感覚が体験で来て文字通り暑さが吹き飛びました!

シャンプーを頭に噴射!

頭皮に直接噴射するので炭酸泉効果がとてもわかりやすいです

「男性はもちろん、女性にも頭皮ケアでおすすめです」とオーナーが話してくれました。実際に女性のお客さんも増えてきているとのことです。女性専用個室があるのも嬉しいですね。
実際受けてみないと分からないこの感覚、ぜひ体験してみてください。

熊谷名物のうどんで涼をとる

熊谷産の小麦で作るうどんを味わえる「木村屋」

次にご紹介するのは、「熊谷うどん」。埼玉県内小麦生産量1位の熊谷は小麦文化が発達おり、街ぐるみでうどんを名物としてPRしています。

市内に数あるうどん屋の中で私のおすすめは「木村屋」。地元の小麦を使ったうどんが味わえます。

店内に入ると、元気で明るい声の女将さんが出迎えてくれます。

うどんを運んでくれる女将

創業以来約45年、店に立ち続ける看板女将

この季節に私が好んで注文するのが「山菜うどん(800円)」。
ゼンマイ、シイタケ、トマト、キュウリ、ワカメなど、見た目に涼しい具材がうどんを隠すくらいトッピングされています。

うどんは、しっかりとしたコシがあり、もちもちした食感とマッチして◎。ついついリピートして注文してしまいます。

山菜がたっぷり乗ったうどん

見た目涼しい山菜うどん(800円)

食べ終わった後は体の中から涼しくなって、暑くなる午後からも頑張れる気持ちになれる一品です。

※クルマの方は店舗近隣にタイムズの駐車場がございますのでご利用ください。

タイムズクラブカードの提示でおトクな特典がもらえる!

注文時、タイムズクラブカードを提示すると、ミニ料理がもらえます!詳しくは、下記からご確認ください。

特典内容を見る

会員登録する(無料)

辛いカレーを食べ、発汗作用で涼しく

「HOT」がキーワード「くま辛プロジェクト」

HOTをキーワードに街ぐるみで取り組んでいる「くま辛プロジェクト」。
HOTには暑い、熱い、辛いという意味があります。
暑い街熊谷で、熱い思いを込めて、辛いメニューで街を盛り上げようというプロジェクトです。
市内約40店舗が、鍋、麻婆豆腐、うどんやカレーなど、お店ごとに趣向を凝らしたメニューを提供してくれます。

辛い食べ物の代表格のカレー

今回おすすめするのが、熊谷産のものを使った辛いカレーが味わえる「青山カレー工房」。お店の前には「くま辛」の、のぼりが立っています。

青山カレー工房看板とのぼり

くま辛プロジェクトの参加店舗の目印がこちら

写真は「熊谷大和芋カレー(780円)」。
通常の他のカレーメニューは中辛が基本で、お好みで辛口、大辛まで選べるのですが、大和芋カレーは逆で大辛が基本で辛口、中辛も選べるシステムとなっています。
大辛でも大和芋と合わせるとマイルドになるという考え方で、中辛だと子供でも全然OKとのこと。

私は中辛をいつも注文します。
中央にトッピングされているのが熊谷産の大和芋です。大和芋はじっくり煮込んだこだわりのルーと相性抜群。一緒に食べると辛さがマイルドになります。

たっぷりのった大和芋

熊谷大和芋カレー(780円)

辛い物を食べると当然汗が出てきますが、実は体温は上がりません。数分すると汗が体温を奪ってくれるので体感温度が下がり涼しく感じるというわけです。

かき氷を食べて涼しくなる

地元の水で作ったかき氷、「雪くま」

さいごにご紹介するのは、理屈抜きに涼しくなれるかき氷。今も昔も夏の定番ですよね。
熊谷はかき氷にも力を入れています。
その名も「雪くま」。
ここで雪くまの定義をお伝えします。

  • 【1】熊谷の水を使った氷を使っていること
  • 【2】氷の削り方に気を遣い、雪のようにふんわりした食感であること
  • 【3】オリジナルのシロップや食材を使っていること

以上3つの条件を満たしたかき氷のことです。お店の前には「くま辛」同様のぼりが立っています。

雪くまのぼり

雪くま店舗の目印がこちら

大人の味のかき氷が味わえる、市場の食卓

私のお気に入りは、イタリアンダイニング「市場の食卓」。早速、かき氷を注文。 ふんわりとした食感を出すために慎重に氷を削ります。

器に削られた山盛りの氷

見るからに薄く削られている氷

山盛りになった氷の上にレモネードをたっぷりかけます。
雪くまの定義通りお店オリジナルのシロップですが、このレモネードが秀逸なんです。

鮮やかな黄色いシロップ

特製レモネードをたっぷりとかけます

トッピングはレモンとミントの葉。
食べる氷がふわっと溶けていく感覚。レモネードのさわやかな甘さとマッチして一見ボリュームたっぷりですがすぐに食べれてしまいます。

レモンの薄切りとミントを添えて

氷が口の中で溶ける感覚を楽しんでください

暑い午後の昼下がり、一休みするときにぴったりの一品です。

涼しくなりましたか?

熊谷市の取組み

そのほかにも、熊谷市はさまざまな暑さ対策に取り組んでいます。
http://www.city.kumagaya.lg.jp/atsusataisaku/index.html
今日紹介したお店はいずれも、暑い街の特徴をうまく生かして町おこしをしている印象でした。これから暑さが本番になるのですが、涼しさを感じられるさまざまなスポットが熊谷にはあります。

ぜひこの夏に一度足を運んでみてください。

※この記事は2015/07/10時点のものです
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

熊谷エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

埼玉の記事一覧へ

都道府県で探す