気軽なドライブにおすすめ!気軽に別世界に来た気分になれる飯能市
飯能(埼玉県)

2015/08/27 更新

気に入った記事はシェアしてください!

ちょっとドライブに行くならココ

“いつもよりちょっと遠くにドライブでもしたいなぁ~”と思った時、ぜひ、埼玉県の飯能市に行ってみてください!
飯能市は、都心からクルマで2時間なのに、すごく遠くに旅行に来たような気分になれる場所なんです!

飯能市ってどんなとこ?

私が担当する営業エリアの飯能市は、埼玉県の南西部に位置する山間の街。
市の面積の約7割を森林が占めていて、この自然を生かしたエコツーリズムが盛んな地域です。
今回は、私が家族と行く飯能市のおすすめスポットをご紹介します!

入間川から臨む飯能の山々

童話の世界に迷い込む

ここは、「あけぼの子どもの森公園」。
圏央道狭山日高インターからクルマで20分ほどのところにあります。
まるで日本ではないようなメルヘンな風景ですよね。
でも間違いなく飯能市なんですよ。

一瞬ここはどこだ…と思ってしまいます

飯能市と同じく国土の7割が森林という北欧の童話をテーマにした公園です。
公園内にはメルヘンな建物や自然がたくさん!
自由に探検することができます。

ユニークな形!屋根には草が生えて芝生みたい

公園の中心部にあるこの建物は、童話の登場人物たちの家をイメージしたもの。
内装ももちろんメルヘンな造り!
木のぬくもりを感じる室内には、暖炉もありました。

おしゃれなカフェといってもおかしくない素敵な内装です

中は、上へ上へと登れるようになっていて、探検し放題。
キッチンやダイニングもある「家」なので、子ども同士でおままごともできますね。

子どもは探検、大人は座ってくつろいでいい気分♪

先ほどの家を出て目の前に見えるのは、コンサートなどの小規模な公演ができる「子ども劇場」です。
こちらも個性的なデザインです。
思わず中には何があるのかな…?とのぞきたくなります。
樹齢100年以上のヒノキの丸太が中を支えている木造のホールになっています。

帽子をかぶっているようなおしゃれなデザインです

他にも特徴ある建物がたくさん!
図書コーナーがあるこの施設は、飯能産のヒノキ丸太を縦に連ねて作られています。
ツリーハウスやトンネルなどもあり、子どもたち自身が自由に遊びを考えて楽しむことができる公園です。

さすが森林の街!木材をふんだんに使っています

建物内は飲食禁止ですが、園内はOKなので、少し涼しくなったらお弁当を持ってピクニックに来るのもいいですね。
いつもとちょっと違うメルヘンなピクニックになること間違いなしです♪
※2017年6月より公園名が「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と変更になりました

あけぼの子どもの森公園

くつろぎの空間は、深緑の中

公園で思いっきり体を動かした後は、やっぱり温泉ですよね!
あけぼの子どもの森公園からクルマで15分ほど走ったところにある宮沢湖のほとりに、ゆっくりと身も心も癒すことができる温泉があるんです。
それがこちら、「宮沢湖温泉 喜楽里別邸」です。

森の中にひっそりと佇む外観です

喜楽里別邸は、「ゆっくりとくつろげる大人の空間」がテーマの温浴施設。
小学生未満の子どもは入ることができません。
落ち着いた空間で、日々の忙しさを忘れさせてくれる雰囲気の良さが私のお気に入りです。

落ち着いた館内には、リラックススペースがたくさん

やっぱり真っ先に入りたいのが露天風呂。
こちらの温泉は、アルカリ性単純泉で少しとろみがある泉質です。
弱アルカリ性のお湯は、肌をきれいにする効果があるといわれており、宮沢湖温泉は"美人の湯"というわけです。

自然の中で浸かるお風呂は格別♪

露天風呂の他にも、5種類のお風呂と2種類のサウナがあり、全部楽しまなきゃ損!という気分になります。

寝湯や岩盤浴などに入れば、日々の疲れも吹き飛びます

たくさんのお風呂を楽しむには、時間がかかります。
のぼせないように、いったん浴衣に着替えて休憩しながら繰り返し楽しみましょう。
男女共通の作務衣もありますが、女性用のかわいい浴衣もありますよ♪

何色にしようか迷いますね

休憩がてら外の風に当たりにテラスへ。
テラスからはこんなふうに宮沢湖が見えます。
男湯の露天風呂からも見えるそうです。
こんな大自然を眺めていると、都心からたったクルマで2時間しか離れていないとは思えません。

今日はちょっと天気が悪かったのですが、とてもいい景色です!

お腹がすいたら、館内に併設しているレストラン「四季彩ビュッフェ 湖畔茶寮」で野菜をふんだんに使った健康派ビュッフェを食べてみてください。

ずらりと並ぶおいしい食事を選んだら、自然の風が気持ちいいテラスか広々とした明るい店内かの席を選んで楽しんで

繰り返しお風呂に入ってると、気が付けば2,3時間たってしまいます。
肌はつるつる、凝った体もほぐれました。

そろそろ帰ろうかなと思ったその前に、ぜひ物産コーナーにも寄ってみてください。
地元の農家が直接卸す新鮮野菜や卵、地元牧場のアイスクリームなど飯能産がいっぱい。

青果物から農産加工品、地酒など多彩

ちょっとした記念に買ってみたのがこちら。
飯能産の西川材の折り紙。
天然のスギの木を0.2mm以下まで薄く削ったもの。
家に帰って鶴を折ってみました。

スギの香りがいい感じ。少し厚めに感じる折り紙です

入館料は大人1,000円、小学生860円(土曜、休日、特定日は970円)。
私は岩盤浴も楽しみたいので、「ゆったりコース」にしています。
入館料+340円(土曜、休日、特定日は+510円)です。
心も体もリフレッシュするにはぴったりのスポットです。
※入館料の詳細や営業時間については、公式ホームページをご覧ください

宮沢湖温泉 喜楽里別邸

気軽に来れる"別世界"

日常のせわしなさをきれいすっきり忘れさせてくれる飯能市。
ぜひ気軽にクルマを走らせて、親子でリフレッシュしてみてください。

※この記事は2015/08/27時点の情報です
※表示価格は更新日時点の税込価格です
※金額・商品・サービス・展示内容等の最新情報は各公式ホームページ等をご確認ください

気に入った記事はシェアしてください!

周辺の会員優待サービス

周辺の駐車サービス

飯能エリアのその他の施設をご紹介!

関連記事

埼玉県の記事一覧へ

都道府県で探す