免許と一緒に、タイムズクラブ

クルマであれこれ

2016.3.29

超小型電気自動車COMS(コムス)で、お台場まで行ってみた

○○してみた vol.33

■小型電気自動車COMSとは?

東京有楽町、イトシアビル地下2階にある、このクルマ。

NV-200

一体なんなのだろうとジロジロ見ていたら、
「COMSに興味があるんですか?」とM氏に声をかけられた。

M氏は、このCOMSという小型電気自動車の広報をしているのだという。

COMSはタイムズカープラス会員なら
誰でも借りることができ、けっこう人気があるのだとか。

ちなみにこのサービスの名称は「Times Car PLUS × Ha:mo(ハーモ)」。
対象ステーション間で自由に乗れてどこでも返せる、新しいワンウェイ(乗り捨て)サービス。
※「Times Car PLUS × Ha:mo」について詳しくはこちら


「へー、でも都内だったら電車があるからなぁ」と私。
「いやいや、都内こそCOMSですよ! 今、人気なんですから!」とM氏。

例えばお台場に行くときは、電車よりもCOMSを借りる方が効率的らしい。
しかも、このCOMSは、指定の駐車場であれば乗り捨てできるのだという。

「でも、やっぱり電車の方が普段使ってるしなぁ」と私がいうと、
「それじゃあ、一度乗って、試してみてください!」とM氏。

そんなわけで、私がCOMS、M氏が電車でお台場まで行ってみることになった。
果たして、どうなることやら!

■COMSの料金について

・利用料金206円/15分。
・充電費用無し
詳しくはこちら

■利用の手順

①タイムズカープラス会員登録
②Times Car PLUS × Ha:mo 利用規約のご確認・同意
③アプリダウンロード・利用登録
詳しくはこちら

■COMS、本当に人気だった

当日、イトシア地下2階に行ったら、
「あ、やべー、予約してなかった!」といきなりおっちょこちょいのM氏。

NV-200

しかも、すべてすでに予約済み!
なんでも、COMSを借りる時は事前に専用のアプリで予約する必要があるらしい。

NV-200

 

「じゃあ、この企画、終了ということで」と去ろうとしたら、
「いやいや、COMS、都内にたくさんあるんで、
別の場所に行きましょう!」と必死のM氏。

COMSは、都内30か所に設置されているのだ。

NV-200

というわけで、有楽町近くに設置されているCOMSを借りることに。

■COMSに乗ってみた

COMSのドアは、ビニールみたいな素材でできている。
ジッパーを開いて中に入る。

NV-200

小さなクルマだけど、1人で乗るので、まったく狭く感じない。

NV-200

エンジンをかける前に、タイムズカープラスカードを
フロントガラス上部リーダーにタッチ。

NV-200

後はブレーキを踏みながら、黄色いレバーをONにする。

NV-200
NV-200

「あれ、まったく音しないけど、これエンジンかかってるの?」と私。
「電気自動車なので当然です!」とM氏。

不安になりながらも、ハンドブレーキを下げ、アクセルを踏んでみる。
ウィィィーンと低い音を出し、COMSが動き出した。

NV-200

「やばい、ゴーカートみたいで楽しい!」

興奮した私は、無意味に地下駐車場を一周してみた。

NV-200

操作は簡単だし、ブレーキもしっかり効く。

今回の目的はお台場にあるCOMSを返却できる指定のタイムズ駐車場。
地図アプリで調べてみると21分で到着する予定。

一方、M氏は、有楽町駅からお台場に出発!
24分で到着する予定。
【ルート】有楽町→新橋→青海

■COMSで駐車場料金を精算してみた

まず地下駐車場から脱出!
駐車料金の精算は、COMS内、右上にある
カード入れの中にある『出口専用カード』と『駐車券』を使う。

NV-200

精算機に駐車券を入れ、次に出口専用カード。

NV-200
NV-200

駐車する時は、駐車券をこのケースの中に入れればOK。
駐車料金を支払う必要はない。

■COMSで公道を走ってみた

駐車場から大通りにでる。
当然のように、大きなクルマでいっぱい。

NV-200

COMSは小さいが、60キロは出る。
バイクよりも安定しているので、小回りのきくクルマ、といった感じ。

大きな十字路での右折、車線変更など試してみたが、まったく問題なかった。

また、COMSにはエアコンがついていないが、3月初旬でも全然寒くない。
むしろ、天気がいいと暖かい。

NV-200

ちなみに今回は、COMSを追いかける撮影車が同行していたのだけど、
「こりゃ、快適だぜぇ!!」とガンガンお台場に向かって走っていたら、
なんか撮影班のクルマが消えてた。

後で聞くと、側面からCOMSを撮ろうと夢中になるあまり、
いつの間にか右折専用レーンに入ってしまったらしい。

そんなことは露知らず、颯爽と去っていくCOMS。

NV-200

撮影車がいなくなったことに気づき、
一旦停車して、撮影班に電話したが出ない。

「......」となった私だが、まあなんとかなるだろ!
とポジティブに考え、とりあえずお台場方面へ向かうことに。

そして、ようやく目的のタイムズ駐車場に到着!

「やった!けっこう早くついた!」と思って
専用の駐車スペースに行ったら、
電車チーム、M氏、なんかもういた。

NV-200

待ち構えていたM氏に激写された私のCOMS

「ギリギリで電車が勝ちましたよ!」と大喜びのM氏。

M氏、もはや完全に自分がCOMSの広報だということを忘れている。
しかも青海駅から、全力ダッシュしたらしく、めっちゃゼエゼエいってた。

COMSは途中、何度か迷ったので、 普通に走っていれば若干COMSの方が早くついていたはず...!

■COMSの返却方法

予約した返却駐車場のCOMS専用スペースに駐車。

NV-200

電源をフロントに挿す。

NV-200
NV-200

最後にタイムズカープラス会員カードを
リーダーにかざすと返却完了!

NV-200

■COMSに乗ってみて

30分ほどCOMSに乗ってみて感じたのは、
「COMS、乗るの楽しい!」ということである。

目的が『早く着くこと』であれば、他にもよい手段があるのかもしれない。
しかし、COMSは、自分で自由に移動でき、
目的地まで運転を楽しむことができる。

また、電車やバスの路線がない場所へは、
さっと借りて、乗り捨てできるCOMSは力を発揮できるのだ!
――とか感想を書いてたら、

COMSの名前の意味が、
『Chotto(ちょっと)、Odekake(おでかけ)、Machimade(街まで)、Suisui(スイスイ)』
だと知り納得!

バスやタクシー、電車などの交通手段に加わった新しいジャンル『COMS』。
ぜひ、一度お試しあれ!

Times Car PLUS × Ha:moについて詳しくはこちら

※この記事は2016年3月29日現在の情報です

もっと見る