クルマであれこれ

2017.2.22

ポルシェ911ターボ「996型」試乗レポート クルマのど素人がレビューしてみた第4回

○○してみた Vol.43


クルマのど素人が色々なクルマのレビューをするこの企画。

今回、Service Xのプロモーション動画を撮るということを聞きつけ、
「こんな機会でもないとポルシェなんて乗れん!」
と半ば強引に撮影を取材させてもらうことに。

前回、アベがポルシェ911ターボ「997型」の試乗レポをお届けしたが、
今回のプロモーション動画は、ポルシェ911ターボ「996型」と「997型」の
乗り比べを撮影するということで、なんと「996型」のほうにも乗れることに!
※ポルシェ911ターボ「997型」のレンタルは、現在終了しております。

アベのポルシェ911ターボ「997型」試乗レポはこちらから



■ポルシェ911ターボ「996型」お目見え

ポルシェを借りる

「・・・ではこんな流れでいきましょうか」

ポルシェを借りるタイムズカーレンタルタイムズステーション有楽町イトシア店
撮影前の簡単な確認をした後、クルマのレンタル手続きをするスタッフ一行。



ポルシェ_お目見え

手続きを済ませ待っていると、平面往復式立体駐車場(正式名称なんです)の
パレットからお目見えするポルシェ911ターボ 996型。

「おーきたきた!」

ポルシェ_前

ポルシェを間近でみて、興奮気味の私とアベ。

ポルシェ_後ろ

「996型は997型より凹凸がある印象ですね。
どちらも高級車の威厳があって、圧倒されます」
と、慣れないクルマレビューで適当なことを口走る私。

「そうですね...」
と、優しく流してくれるService X担当のシラトさん。

続けて、
「今見てもらっているポルシェは<911ターボ>ですが、<ターボ>ではない通常の<911>は、
ひとつ格下の<ポルシェ ボクスター>と前半分のパーツが共通なんです。
<ターボ>は車両価格が倍くらいということもあり、差別化のためヘッドライトとバンパーは、
ターボ専用のものになっているんですよ」

より専門的な見地で、見た目の違いを語ってくれるシラトさんに脱帽。
流石です...。

ポルシェ_出庫

ひとしきり、996型の外観を堪能し、いざ出発!



ポルシェ_銀座

ポルシェ_車内から撮影

行きは997型に乗ったため、 もう一人のスタッフ、ハヤシ氏が運転する996型を車内からパシャり。
たくさんのクルマが行き交う都内の道路でも、一際目立っている。



■撮影場所に到着!「996型」を詳しく見てみる

街を抜け、撮影場所の海の近くの公園に到着。

ポルシェ_トランクルーム

997型同様、クルマの前方を「パカッ」として、荷物を取り出す。
普通のクルマと違うなあと感じる瞬間である。



ポルシェ_エンジンルーム

996型の方も、エンジンルームを開けてくれるシラトさん。
997型と同様、前回アベが言っていた「扇風機みたいなの」、ちゃんとついていた。


「997型で、エンジンを冷やす仕組みは<水冷式>を 取り入れていると伝えましたが、
ポルシェで初めて<水冷式>を取り入れたのは、この996型なんです。
これ以前のポルシェは、ずっと<空冷式>を採用してきました」
「へえ~、初の試みを取り入れたポルシェなんですね」
豆知識を聞くと、そのクルマにがぜん興味がでてくるものである。


「あれ、ポルシェって給油口はどこになるんですかね?」
乗り慣れないクルマだと、給油の際アタフタしてしまう私。
気になって聞いてみた。

ポルシェ_給油口

「給油口はここ、車体の右前方にあります。997型も同様です。
普段の感覚でガソリンスタンドにとめると、面倒なことになります。
あとは、ガソリンの種類も注意ですね。ハイオクで入れてください」

「給油口の位置、普通のクルマとだいぶかわりますもんね。
ガソリンの種類も、ハイオクで入れることってなかなかないから、間違えがちです。
今後乗るときは気をつけます」

・・・果たして今後乗る機会はあるのか!?



ポルシェ_サンルーフ

シラトさん「997型との違いは、サンルーフがついていることですかね。ここをポチッとすると...」

ポルシェ_サンルーフオープン

ゆっくりと開くサンルーフ。開放的!
「今日みたいな天気のいい日は、サンルーフを開けて走るのもいいですね」と私。



ポルシェ_車内

「997型と比べると、車内の雰囲気も少し変わるんですね」

「そうですね。996型のインテリアはオールブラック。
洗練されたストイックな雰囲気ですね」と、シラトさん。



■996型と997型、どっちが好み?

実際に乗ってみて、じっくりと見て、説明を受けると
クルマ素人のイケダとアベも、ポルシェの魅力がより理解できてきた。
(もちろんパッと見でかっこいいなあ~と思ったけど)

ここで撮影のため、996型と997型が並ぶことに。

ポルシェ_996型と997型

どっちもかっこいいクルマだなあ...。

イケダ「ちなみにどっちのクルマの方が好み?」

ポルシェ_996型

アベ「ん~、こっち(996型)かな! ライトの目の感じがかわいい!」

これにはスタッフ一同「へえ~」。
見るポイントは人それぞれなんだなあと、感心するおじさんたちなのであった。



ポルシェ_撮影

真剣に撮影するスタッフと見守るアベ。


滞りなく撮影が終わり、帰路へ。



■走り心地は?

帰りは、アベは997型に、イケダは996型に乗ることに。
シラトさんと私。おじさんふたりのポルシェ旅である。


高速道路を走っているとき、「ちょっと加速しますね」とシラトさん。

ポルシェ_加速

ブウン!

997型同様、加速の際の体の芯が揺さぶられるような
エンジン音は、普通のクルマでは体感できないもので、
ただの足としてではなく、スポーツカーとして魅力を感じることができた。


「997型と比べて、996型は運転していて足が固いというか、直線的に、
ゴツンゴツンと揺さぶられる感じがするかもしれませんね。
そこにスポーツカーらしさを感じて、新しいポルシェより好みだとおっしゃる方もいるくらいです」
と、熱く語ってくれるシラトさん。

「なるほど~。新しい型ばかりが好まれるってわけでもないんですね」



ポルシェ_スポーツカー

「シラトさん、普段はスポーツカーに乗っているんですか?」

「いえ、家で乗っているのは普通のクルマです。
ただ、たまにこういったスポーツカーを借りて
子どもとドライブします。子どもも喜んでくれますし、楽しいですよ~」
と笑顔で答えてくれるシラトさん。

スポーツカーを借りるなら、妻とデートのときかなあ、
なんて勝手に思っていたけど、なるほど、そんな使い方もいいな。

子どもが大きくなったらこのクルマ借りて、
一緒にドライブしたいな~。



ポルシェ_助手席_窓

おじさんふたりでも、心なしか優雅な気分を堪能できたような気がする。
そんなこんなで、あっという間に店舗へ。


ポルシェ_助手席_入庫

帰着。



■ポルシェ911ターボ「996型」に乗ってみて

ポルシェなんて乗ることないんだろうな、と思っていたけど、
思わぬ機会をいただき、今回乗れることに。

美麗な外観はもちろん、かっこいいインテリア、体の底を揺さぶるようなエンジン音など、
多くの人を魅了するその理由が、なんとなくわかった気がした。

貴重な体験ができたポルシェ取材だった。



ポルシェに乗りたいなあ~...あれ、ここなら借りられる!?ポルシェ911ターボ「996型」

レンタル、貸出店舗についてはこちらから

※この記事は2017年2月22日現在の情報です

  • 特典いっぱいのタイムズクラブは
    入会金・年会費無料!
    入会はこちらから!
    会員登録(無料)