記事一覧

おもしろ消しゴムからポテトチップ、スイーツまで!八潮で工場見学・直売を満喫
八潮(埼玉県)

2016/02/18 更新

八潮ってどこにあるの?

今回ご紹介するのは、私の担当エリアである埼玉県八潮市の穴場スポットです。

クルマでのアクセスは、首都高速三郷線「八潮」もしくは「八潮南」で下車。高速向島線の「箱崎」から約15分で着くくらいの距離です。

また、つくばエクスプレスの開通後は、電車でのアクセスも抜群に良くなりました。

おもしろ消しゴムの工場見学!

まずやって来たのは、おもしろ消しゴムの「イワコー」さん!

テレビなどでもよく取り上げられているので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本社兼工場です

こちらでは、毎週土曜日に事前予約制・無料の工場見学を行っています。※小学生以上のお子さんから参加可

24時間フル稼働で動いているそう

説明してくれるのは、創業者の岩沢さん。御年82歳!

消しゴムを語りだすと止まりません!

まずは材料を見せてもらいました。

ゴムではなくプラスチックだそう

「熱加塑性(ねつかそせい)エラストマー樹脂」と、いろいろな色の顔料。

鮮やかな色ですね

これを専用の機械で15分ほど混ぜます。

ぐるん!ぐるん!と回っています

これを射出成型機(しゃしゅつせいけいき)という機械に入れて、消しゴムのパーツを作っていきます。

イワコーさんには、この機械が11台あります

高温に熱せられた材料が、ノズルの先端から射出されます。

ピュー!という感じで勢いよく流し込まれます

熱い粘土のようになった材料。工場見学では触れてみることもできますよ。

素手でさわると熱い!

ちなみに、これがパーツ作りに必要な金型。

1つ100~200kgもあるそうです。重い!

作られたパーツを組み立てて、おもしろ消しゴムが完成。工場見学では組立体験もできます。

上手に組み立ててください!

組立体験中には、創業者の岩沢さんのお話も聞けます。創業の苦労、会社を続ける大変さ、外国製の類似商品との戦いなど…お子さんには難しいかもしれませんが、大人にはとっても参考になるお話でした!

岩沢さんの格言…名言です

工場見学した方だけにお楽しみが…

そして工場見学の後は、見学者のみに嬉しい特典が!

たくさんの種類があります

おもしろ消しゴムを通常よりお得なお値段で購入できるんです。

大人買いされる方も多いとか

あれもこれも欲しくなってしまいます。

お寿司だけでも、こんなにバリエーションが!

いろんな種類を買って、こんな遊び方をしても楽しいですね。

どうぶつたちの街

私がお持ち帰りしたのはこちら!

動物に海の生き物、寿司に和洋菓子…

どれも本当に精巧に作られていて、その技術力に圧倒されました。

一つひとつ分解して、また組み立てると、そのすごさがよく分かります!

日本が誇る町工場の技術力。ぜひ見学してほしいスポットです!

株式会社イワコー

できたてポテトチップの工場直売!

続いてご紹介するのは、こだわりポテトチップを手がける「菊水堂」さんです。

昭和28年創業の老舗です

事務所の左手に売店があります。

営業日は平日のみ!

中に入ってみると、一角に商品が積まれていました。

ポテトチップ(しお、のり、コンソメ)60gが1袋100円、145g入りは1袋200円で販売しています。通常の販売価格より、お買い得価格で手に入れることができます。※お一人様5袋まで

できたて~2週間以内のものが売られています

最近では人気テレビ番組で紹介されたこともあり、ネットショップでの販売も1ヶ月待ちだとか。

こちらに来ればすぐに買えるとあって、お話を伺っている間にもお客さんがけっこう来ていました!

こだわりの味わいはこうして生まれます

この日は、特別に工場を案内していただきました。

材料のジャガイモたち!コンテナに大量に保管されています

菊水堂のポテトチップの特長は、季節ごとにベストなジャガイモを使っていること。熱烈なファンの方だと、季節ごとに味わいが異なるのが分かるとか?!

この日は北海道産のジャガイモでした

まずは大量のジャガイモを洗浄します。

ものすごい熱気でカメラのレンズが曇りました…

少し皮が残るくらいに皮をむいたら、特殊な機械でスライス。

もちろん薄いのですが、思っていたよりも厚めでした

ジャガイモのデンプンを取り除くため、水とお湯で丁寧に洗います。

ジャガイモの品種や気候に合わせた洗浄を行います

水切りされたジャガイモは、いよいよ揚げの工程へ!

これがポテトチップを揚げる、直火炊き連続チップフライヤー。

揚げ油は米油とパーム油をブレンド

こまめなメンテナンスが必要なので、大手メーカーのように大量生産はできませんが、素材の味が活きたポテトチップが作れるんです。

揚げたてほやほや!

カラリと揚がったポテトチップが続々と出てきました!そして上へ運ばれていきます…どこへ行くんでしょう?

ポテトチップのエスカレーター…

焦げなどがないか、チェックを行っていました。

センサーとスタッフの方の目視でダブルチェック

選別されたポテトチップは、厳選されたこだわりの塩で味付け。
そして袋詰め、箱詰めされ、完成します。

割れないように丁寧に

代表取締役の岩井さんに、美味しさの秘密を伺いました。

「うちのポテトチップは、季節ごとの美味しいジャガイモを活かすように、シンプルに作っています。お客様にも『イモの味がする』と喜んでいただいています。ぜひ味わってみてください」

昔から変わらないシンプルなパッケージも魅力

確かにシンプルな菊水堂のポテトチップ。余計なものが入っていませんし、味付けも濃すぎないので、子どもにも安心してあげられますね。

素材が活きているので、我が家ではサラダやパスタなどのトッピングにも使っています。

安心で美味しい、できたてポテトチップ

埼玉近郊だけでなく、全国から来るお客さんも増えている菊水堂さん。

できたての美味しさをぜひ味わっていただきたいです!

人気スイーツが勢ぞろい!

最後は、スイーツ好きの方に人気の「モンテール」さんへ行ってみましょう。

シュークリームの看板…美味しそう!

モンテールでは、シュークリームやロールケーキ、プリンなど、スーパーやコンビニで展開しているスイーツを作っています。

つくばエクスプレス八潮駅からは徒歩3分です

かつて工場機能がありましたが、現在は事業所となっています。併設の直売店では、つくば工場で作られたスイーツが売られています。

さっそく店内におじゃましてみましょう!

週末は行列になるほどの盛況ぶりです

おお!美味しそうなスイーツがズラリ!どれにしようか迷ってしまうほど、たくさんの種類が並んでいます。

定番から季節ものまで、人気商品がこんなに!

シュークリームやロールケーキ、プリンなどの定番商品から、シーズンごとのスイーツまで幅広く展開しています。

ロールケーキの進化版、とろける生ロールは、本当に口の中でとろけます!

また、毎月19日(シュークリームの日)、毎月6日(手巻きロールケーキの日)、毎月9のつく日※9、19、29日(クレープの日)は、それぞれの商品がお買い得に!お目当ての日に合わせて行きたいですね。

最近話題の糖質に注目した「スイーツプラン」シリーズ

スタッフの方におすすめしていただいたのは、プチシューの食べ比べ!

同じような味?と思っていましたが…

バニラシード入りミルククリームが、ふわっとした生地に包まれた「生クリーム仕立てのプチシュー」(右)。

そして、もちもちの本格シュー生地にミルクカスタードクリームがたっぷり入った「ふっくらプチシュー」(左)。

帰宅後に食べ比べてみました。

右が「生クリーム仕立てのプチシュー」、左が「ふっくらプチシュー」

確かに、生地の食感やクリームの味わいが全然違います!「どっちが好きかなー。こっちかなー」なんて言いながら、交互にパクパク…とたくさん食べてしまいました。皆さんもぜひチャレンジしてみてください!

直売店限定のソフトクリーム&焼菓子

素材の美味しさにこだわるモンテールでは、自社工場で低温殺菌牛乳も作っています。

その美味しい牛乳を使った「低温殺菌牛乳の牛乳ソフト(216円、コーンorカップ)」は、直売店でしか味わえないとあって大人気!

牛乳嫌いな子どももペロリと食べちゃう美味しさです

その他にも、直売店限定の焼き菓子も人気です。

手土産にも喜ばれそう!

保冷バッグも売っているので、たくさん買っても安心ですよ。

一番右のキャラクターは「シュークリームくん」

子どもの集まりやパーティー、気軽な手土産に、直売店に行くとついつい沢山欲しくなってしまいます。

子どもの集まりやパーティーにぴったりですね!

みんなでワイワイしながら美味しいスイーツをいただく。そんな時にぜひ利用したい直売店です。

モンテール 八潮直売店

八潮の穴場スポットにぜひ!

いかがでしたか?知る人ぞ知る、八潮の穴場スポット。個性的で魅力的な商品が皆さんをお待ちしています。ぜひ遊びに来てください。

※この記事は2016/02/18時点のものです

気に入った記事はシェアしてください!

関連記事

埼玉県の記事一覧へ



都道府県で探す