免許と一緒に、タイムズクラブ

クルマであれこれ

2013.9. 5

東京ドームの巻

タイムズレッスン ドライビングレッスン第2回

前回、おかげ様で好評を博したタイムズドライビングレッスン。
皆様のアツい要望にお応えして、帰ってきました!
猛暑の8月に。しかも今回の会場は東京ドームの駐車場!
これだけで、既に気分は盛り上がります。

ちなみに、今回のコースはこちらです。地下3階フロアをめいっぱいを使ってのレッスンです。

まずは、スタート地点から。

タイムズ看板の前から教習車に乗り込んでいただき、
既定のコースを2周していただきます(一瞬、レースのスタートシーンのように見えますが、もちろん違います。安全運転第一です。)。
今回も教官および教習車は、京成ドライビングスクールにご協力いただきました。
台数も前回の2倍!4台体制です!

まずは、車庫入れゾーンです。
こちらも前回同様、明治大学大学院先端数理科学研究科の協力の下、車庫入れ時の動きを録画しております。

続いて、精算機ゾーン。
幅寄せです。
構想2カ月、この日のために、プロジェクトリーダーの北川が夜なべをして制作したバルーン精算機です。

どどん!
これならぶつかっても安心です!
思わず、でんぐり返しをしたくなるような、精算機を置く土台(通常アイランドと呼ばれています)が
ものすごく不自然なのは目をつぶりましょう...。
さぁ、みなさんキュキュッと幅寄せです~。

自分がどの程度、幅寄せできたか、正面から写真を撮ってもらい確認します。

このコースを2周して、ゴール地点で車庫入れをしたら、実車教習は終了です。

そして、ここからは協賛企業のブースを回ったり、スタンプラリーになります。
最初にパイオニアのブースです。

最新のカーナビについて紹介しています。

続いては、アウディです。
今回は、A1スポーツバックとA4AV 2.0Tをご用意いただいて、紹介しています。

そして、「停めたい車室を見つけてから、停めるまでのポイントを同じ車両で順番に並べた」コーナー。

明治大学大学院先端数理科学研究科のブースは、錯覚についての体験ができます。

8年ぶり!に運転する方もいたそうです。

最後はタイムズクラブのお得なロードサービス、「タイムズレスキュー」のご案内です。

全てのブースを回り、スタンプが溜まったら、カードを持って、カウンターに。

チェックシートを受け取って、これで本日のレッスンは終了です!
お疲れ様でした!

おまけ
今回のレッスンは、なんとテレビ局の取材が入りました。
MXテレビです!

弊社プロジェクトリーダーの北川がインタビューを受けました。
当日の夜のニュースで流れたそうです。
(以来、今まで以上に街で声をかけられることが多くなり、サインの練習に本腰を入れています。:本人談)

そして、次回の開催予定も決まりました。
詳しくはドライビングレッスンのページをご覧ください!

※この記事は2013年9月05日現在の情報です

もっと見る